松岡巌鉄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松岡 巌鉄(まつおか がんてつ、1938年11月25日 - )は、岡山県和気郡出身で間垣部屋所属の元大相撲力士、元プロレスラー。大相撲時代の四股名正剛山(せいござん)で、最高位は幕下33枚目。本名は、松岡 政雄(まつおか まさお)。

略歴[編集]

1958年、間垣部屋に入門して松岡山の四股名で1958年7月場所で初土俵、同年11月場所には四股名を正剛山と改め序二段優勝、1960年11月場所には三段目優勝して幕下昇進を果すが、1962年1月場所限りで廃業。

1962年日本プロレスに入門し、大相撲時代の四股名である正剛山をリングネームとしてデビュー、後に松岡巌鉄に改名。1969年には初渡米し、ミスター・オオタのリングネームで活動。グレート・イトー(上田馬之助)とのコンビで南部、東部地方で活躍し、コンビ解消後はカナダへ転戦。

1972年ジャイアント馬場の離脱でピンチに陥った日本プロレスに凱旋帰国。 リンゴ潰しのパフォーマンスで話題を呼び、ダニー・ホッジの保持するNWA世界ジュニアヘビー級選手権に挑戦するなど活躍した。

1973年グレート小鹿とのコンビでアジアタッグ王座を獲得するが、日本プロレス崩壊で全日本プロレスに移籍(正式には日本テレビとの3年契約の上、全日本プロレスへ派遣)。しかし馬場と意見が合わずに移籍からわずか3ヶ月後の10月9日に上田馬之助と共に脱退。日本テレビとの契約により契約期間中は日本テレビの許可なく国内他団体への出場を禁止されていたため、上田と共にアメリカに渡るが、程なくして上田とも決別、翌1974年2月にはNWAミッドアトランティック地区に登場し[1]、5月からはミスター林とコンビを組むが[2]、この年いっぱいで廃業し帰国、そのままプロレス界から姿を消した。

因みに、グレート東郷襲撃事件の実行犯の疑いがある。

リングネーム[編集]

松岡が名乗ったことがあるリングネーム、四股名

  • 正剛山
  • ミスター松岡
  • 松岡巌鉄

タイトル履歴[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

以下、リダイレクトページ「正剛山正夫」のカテゴリ