クレイグ・クラシック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
クレイグ・クラシック
プロフィール
リングネーム クラシック・キッド
クレイグ・クラシック
クレイグ
本名 Craig Cohn
身長 170cm
体重 85kg
誕生日 1983年5月1日
出身地 ニューヨーク州
マンハセット
所属 フリー
デビュー 2006年
テンプレートを表示

クレイグ・クラシックCraig Classic, 1983年5月1日 - )は、アメリカニューヨーク州マンハセット出身のプロレスラーである。本名はCraig Cohn。

経歴[編集]

2005年、フォスター・チャンピオンシップ・レスリング・フロリダ州ポカレート大会にてデビュー。 2006年、留学生として大日本プロレスクレイグとして来日。同年3月26日、大日本道場でのイベントで日本デビュー。アメリカ・インディー選手に多く見られる大技をあえて嫌い、基本に忠実なファイトスタイルを貫く。

帰国後の2010年11月6日、NWA世界ジュニアヘビー級チャンピオンとなる。

2011年、クレイグ・クラシックとしてNWAと提携したZERO1に参戦。奉納プロレスにて澤宗紀相手に防衛戦を行った。

2012年、ZERO1に正式入団[1]

2013年秋、ZERO1を退団し「クラシック・キッド」に改名、フリー初戦は11月5日の天龍プロジェクト

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ クレイグ・クラシック選手がZERO1入団 #zero1”. ZERO1オフィシャルブログ. 2012年11月26日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]