ウルティモ・ドラゴン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウルティモ・ドラゴン
280
プロフィール
リングネーム ウルティモ・ドラゴン
ザ・タイガー(2代目)
浅井 嘉浩
本名 浅井 嘉浩
ニックネーム 究極龍
身長 170cm
体重 85kg
誕生日 1966年12月12日(49歳)
出身地 愛知県名古屋市港区
所属 フリー
トレーナー 山本小鉄
グラン浜田
デビュー 1987年5月13日
テンプレートを表示

ウルティモ・ドラゴン(Ultimo Dragon、1966年12月12日[1] - )[2]は、日本男性プロレスラー。本名は浅井 嘉浩(あさい よしひろ)[1]愛知県名古屋市[1]港区出身。特に覆面レスラーとして、日本国内だけでなくアメリカメキシコでも著名な存在。得意技の「ラ・ケブラーダ」は、アメリカマット界ではアサイ・ムーンサルトと呼ばれているが、その名は本名の「浅井」から取られている。

来歴[編集]

小学校3年生時にテレビ中継番組でアントニオ猪木を見たことと、その頃猪木の側にいた佐山サトルに憧れプロレスに興味を持つ[3]

名古屋市立工業高等学校卒業後、新日本プロレスの入門テストを受け、体力テストはクリアするも履歴書に178cmと身長を記入していたことが、ばれて(実際は170cmしかない[3])体が小さいことを理由に不合格となるが、その熱意は認められていた[3]。その後は日本ボディービルセンターの会長のもとで手伝いをしながら会長から山本小鉄に紹介してもらい、道場で練習してもよいと許可をもらい、半年ほど道場に通い続ける[3]。「小鉄の内弟子」というポジションで山本と関わったことからジャパン女子プロレス旗揚げ戦を観戦しにメキシコから来日したUWAのカルロス・マイネスと遭遇し、その際に山本にメキシコ行きを直訴[3]、山本がUWA側とコンタクトを取り、浅井はメキシコに渡ることとなる[3]

1987年メキシコに渡り、5月13日、イルタゴ州バチューカのUWAのアレナ・アフォシオンにてデビュー[1]。対戦相手はロス・ミッショネロス・デ・ラ・ムエルテ。パートナーは畑浩和佐野直喜[3]。1988年7月29日には、当時の最年少記録でUWA世界ウェルター級王座を獲得[1]

1990年ユニバーサル・プロレスリング旗揚げに参加し[1]、エースとして団体を引っ張る。1991年にオファーを受けて同年9月にEMLL(現:CMLL)に移籍し[1]、10月18日、覆面レスラー「ウルティモ・ドラゴン」に変身しアレナ・メヒコに登場した[1]。当時EMLLがWWF(現:WWE)と提携関係にあったことから、日本国内でもWWFと業務提携していたSWSに主戦場を移し12月にSWSの東京ドーム大会に参戦、これがウルティモ・ドラゴンに転身後において日本初試合となった[1]

1992年のSWS崩壊後はWARに入団し[1]、11月22日、新日本プロレスのIWGPジュニアヘビー級王座を獲得[1]、翌1993年の年明け1992年度プロレス大賞「技能賞」を受賞[1]。1994年11月にはNWA世界ミドル級王座を獲得[1]

その後1996年よりWCWに進出[1]、10月11日、WAR大阪大会にてIWGPジュニア王座を含むジュニア8冠王者となり、10月28日には天龍源一郎と荒谷信孝をパートナーにWAR認定世界6人タッグ王座も獲得している[1]。この頃はメキシコ・アメリカ・日本と国内外で活動、1997年2月1日、WCWと正式契約を結び[1]、4月にWCW・TV王座を12月にはWCW世界クルーザー級王座を獲得。一方で5月には後述のプロレス学校設立。1998年7月ごろ、WCWでの試合にて負傷した左肘関節のため7月22日にアメリカで手術を受ける[1]が失敗してしまい神経を損傷、レスラー生命の危機となる(現在でも後遺症で握力が小学生並しかなく、左手首を引きつける動きができない)。8月の闘龍門自主興行で無期限欠場を発表[1]

1997年にメキシコ・ナウカルパン市にルチャドール養成学校「ウルティモ・ドラゴン・ジム」を設立、闘龍門の旗揚げ戦を行った。1999年兵庫県神戸市中央区に闘龍門JAPANを設立。その後、2002年11月12日にメキシコ・イルダゴ州パチューカにて現役復帰し、同年12月20日の闘龍門後楽園大会で日本復帰戦を行った[1]。2003年5月に闘龍門にてCIMAとの師弟対決を終えると、6月24日、WWE正式デビュー[1]、翌2004年にはレッスルマニア20に出場[1]、その後4月13日にWWEを退団し[1]、7月以降は、みちのくプロレスに参戦[1]、18日、新崎人生をパートナーに初代東北タッグ王者となる[1]

2004年に闘龍門JAPANがDRAGON GATEとなって独立すると、個人で2度の自主興行を後楽園ホールで行う。10月14日にはウルティモ・ドラゴンのキャラクターを封印すると宣言[1]2005年より2代目ザ・タイガーに変身して活動した[1]。しかし2006年にはウルティモ・ドラゴンを復活させる[1]。2008年11月、ドラディションに参戦しNWAインターナショナルジュニアヘビー級王座を獲得[1]。またこの頃ヨーロッパのNWEに参戦しイタリアやフランスで試合を行っていた[1]

2010年、封印扱いにしていたNWAインターナショナルジュニアヘビー級王座を復活させこれを獲得[1]、同王座は2012年にも3度目の王座を獲得[1]。同年12月にはみちのくプロレスにて気仙・沼ジローラモをパートナーに東北タッグ王座を獲得[1]

2013年12月15日、全日本プロレスにて世界中ジュニアヘビー級王座を獲得[1]。2015年には金丸義信をパートナーにアジアタッグ王座を獲得[1](金丸の全日本退団により王座返上)。

獲得タイトル[編集]

新日本プロレス
全日本プロレス
UWA
CMLL
  • NWA世界ミドル級王座
WCW
WAR
みちのくプロレス
その他
  • 連邦区トリオ王座
  • NWA世界インターナショナル・ジュニアヘビー級王座[4]

得意技[編集]

メキシコ仕込みのルチャ殺法を数多く日本に紹介し、自身も得意とする傍ら日本式のスープレックスやカンフーをモチーフとした蹴りも多用する。ここでは代表的な技のみ列挙する[5]

アサイDDT
エースクラッシャーのように相手を背にして首を腕で捕らえ、後方に回転して落とすリバースDDT。復帰後のフィニッシュ・ホールド。
ドラゴンシュタイナー
相手の背後から捻りを加えて極める雪崩式フランケンシュタイナー
アサイ・ムーンサルト
ロープの反動を利用したムーンサルトアタック。素顔の浅井時代からのフェイバリットムーブで海外では「アサイ・ムーンサルト」と呼称される。バリエーションは以下の通り。
ラ・ブファドーラ
ラ・ケブラーダ
ドラゴン・スリーパー
一時期、決め技としても使用していた。
マヤ式ジャーマン・スープレックス
ジャーマンで投げた後、後転してレッグロールクラッチでホールドする。
アステカ・スープレックス
クロスアーム・スープレックス・ホールドと同型。
ラ・マヒストラル
カウンターで見舞うカニ挟みから入る独特の連携を見せることもある。
コンビネーションキック
右ロー→左ミドル→ローリングソバットからなるコンビネーションキック。
ヘッドシザース・ホイップ
頭点倒立の状態から相手の首を脚で捕まえひねって投げる。

入場テーマ曲[編集]

  • Separados (LUIS MIGUEL)
  • Dragon's Fire
    • WWE在籍時に使用

タイガーマスクへのこだわり[編集]

週刊ゴング』2004年9月15日号に掲載された「マスクコレクション特集」でウルティモ・ドラゴンが取り上げられた際、このキャラクターの誕生秘話を、ドラゴン=浅井自身とオファーを出したアントニオ・ペーニャ(当時のEMLL企画部長)が証言している。EMLLからのオファーは浅井をマスクマンとして使うというものであり、少年時代から初代タイガーマスク佐山聡に憧れていた浅井は、ここで夢を実現すべく「タイガーマスクになりたい」(当時2代目の三沢光晴がマスクを脱いでおり、3代目はまだいなかった)と希望を出していた。結局メキシコ人の日本人に対するイメージは虎ではなく龍であることを重視して、新キャラクターである「ウルティモ・ドラゴン」となった。しかし、その後も浅井はメキシコではドラゴン、日本(SWS)ではタイガーマスクと言うプランを考えていたが、ザ・グレート・カブキのアドバイスでドラゴン一本にしたとのこと。それから14年後、リアルジャパンプロレスのマットで念願のタイガーマスク(2代目ザ・タイガー)となっている。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah 週刊プロレス』No.1843 p56 - 57
  2. ^ 名前のUltimo(ウルティモ)はスペイン語で「究極」(英語のUltimateと同意語)のこと。
  3. ^ a b c d e f g 『週刊プロレス』No.1843 p58 - 61
  4. ^ CMLLがNWA加盟時に創設されCMLLがNWA離脱後も管理をしていた王座。かつて全日本プロレスが管理していた『NWAインターナショナル・ジュニアヘビー級王座』とは別王座。
  5. ^ 『週刊プロレス』No.1843 pp76

参考文献[編集]

  • 週刊プロレス』2016年4月13日号 (No.1843号) (ベースボール・マガジン社、雑誌コード 29682 -4/13)pp55 - 78 掲載「週刊プロレス アルバムシリーズ」第64回 ウルティモ・ドラゴン

関連項目[編集]

外部リンク[編集]