アレナ・メヒコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

座標: 北緯19度25分29秒 西経99度9分7秒

アレナ・メヒコ
ArenaMexicoDF.JPG
施設情報
所在地 メキシコの旗 メキシコ
メキシコシティ
開場 1956年4月27日
所有者 CMLL
使用チーム、大会
メキシコシティオリンピックボクシング競技
CMLL
収容能力
16,500人

アレナ・メヒコArena Mexico)は、メキシコメキシコシティに所在する屋内競技場。

概要[編集]

開場[編集]

1956年4月27日、それまで使用されたアレナ・モデロに代わる競技場として開場。メキシコプロレス団体CMLLが所有しており、アレナ・コリセオと並ぶ「ルチャリブレ2大聖地」とされている[1]。メキシコに修業に訪れた日本人選手も多数、この会場のリングに上がっている。

1968年に開催されたメキシコシティオリンピックでは、ボクシング競技の試合会場になった。その後、プロボクシングでもビッグマッチが多く開催されている。

現在[編集]

CMLLの本拠地として毎週火曜、金曜に定期的にルチャ・リブレ大会が行われている[2]

1985年9月に発生したメキシコ地震で施設の一部が被害を受けたが[1]、その後、修復されて現在もメキシコを代表するルチャリブレ会場として使用されており、CMLL以外にもリーガ・エリーテ、闘龍門MEXICOの興行にも使用されている[1]

2013年9月、ルチャ・リブレ80周年を記念して玄関ホールの上にルチャ・リブレをモチーフにした大壁画を設置[3]

2017年5月に客席が一部改装され、大型ビジョン向正面にスポーツバー&グリル・Freedomがオープンした[4]

アクセス[編集]

メキシコシティ地下鉄1号線クワウテモック(Cuauhtémoc)駅またはメキシコシティ地下鉄3号線バルデラス(Balderas)駅下車。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『想い出のプロレス会場物語』 ベースボール・マガジン社、2016年ISBN 9784583624372

脚注[編集]

  1. ^ a b c 想い出のプロレス会場物語 P64 - P65
  2. ^ 究極の大衆文化!メキシカンプロレス、ルチャリブレ”. allabout (2013年12月27日). 2018年1月14日閲覧。
  3. ^ [水ドクトル・ルチャの19○○ぼやき旅 [5.17]大聖堂の新壁画]”. 辰巳出版 (2017年5月17日). 2018年1月14日閲覧。
  4. ^ [水ドクトル・ルチャの19○○ぼやき旅 [9.06]アレナ・メヒコ歴代30傑]”. 辰巳出版 (2017年9月6日). 2018年1月14日閲覧。
  5. ^ 「CMLL」が日本で見られる!新日本プロレスワールドで、アレナ・メヒコ金曜大会を定期LIVE配信決定!初回は7月9日(土)午前10時30分頃〜!新日本選手も参戦!”. 新日本プロレス公式ウェブサイト (2016年7月4日). 2018年1月14日閲覧。

外部リンク[編集]