アレナ・メヒコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

座標: 北緯19度25分29秒 西経99度9分7秒

アレナ・メヒコ
ArenaMexicoDF.JPG
施設情報
所在地 メキシコの旗 メキシコ
メキシコシティ
開場 1956年4月27日
所有者 CMLL
使用チーム、大会
メキシコシティオリンピックボクシング競技
CMLL
収容能力
16,500人

アレナ・メヒコArena Mexico)は、メキシコメキシコシティに所在する屋内競技場。

概要[編集]

開場[編集]

1956年4月27日、それまで使用されたアレナ・モデロに代わる競技場として開場。メキシコプロレス団体CMLLが所有しており、アレナ・コリセオと並ぶ「ルチャリブレ2大聖地」とされている[1]。メキシコに修業に訪れた日本人選手も多数、この会場のリングに上がっている。

1968年に開催されたメキシコシティオリンピックでは、ボクシング競技の試合会場になった。その後、プロボクシングでもビッグマッチが多く開催されている。

現在[編集]

1985年9月に発生したメキシコ地震で施設の一部が被害を受けたが[1]、その後、修復されて現在もメキシコを代表するルチャリブレ会場として使用されており、CMLL以外にもリーガ・エリーテ、闘龍門MEXICOの興行にも使用されている[1]

アクセス[編集]

メキシコシティ地下鉄1号線クワウテモック(Cuauhtémoc)駅またはメキシコシティ地下鉄3号線バルデラス(Balderas)駅下車。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『想い出のプロレス会場物語』 ベースボール・マガジン社、2016年ISBN 9784583624372

脚注[編集]

  1. ^ a b c 想い出のプロレス会場物語 P64 - P65

外部リンク[編集]