ペロ・アグアヨ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ペロ・アグアヨ
プロフィール
リングネーム ペロ・アグアヨ
本名 ペドロ・アグアヨ・ダミアン
ニックネーム 山犬
身長 176cm
体重 95kg(全盛時)
誕生日 (1946-01-18) 1946年1月18日
死亡日 (2019-07-03) 2019年7月3日(73歳没)[1]
出身地 メキシコの旗 メキシコ
サカテカス州
トレーナー アポロ・ロマノ
ディアブロ・ベラスコ
デビュー 1970年5月10日
引退 2001年
テンプレートを表示

ペロ・アグアヨPerro Aguayo、本名:Pedro Aguayo Damián1946年1月18日 - 2019年7月3日[1])は、メキシコプロレスラーサカテカス州出身。

リングネームの "Perro" とは「犬」を意味し、日本では『山犬』の異名で呼ばれた[2]ルチャリブレでは異色のラフファイターであり、主に素顔のルードとして活躍した[2]

来日するまでは、ペーロ・アグアイヨの表記で紹介されていた。実子のペロ・アグアヨ・ジュニア(エル・イホ・デ・ペロ・アグアヨ)もプロレスラー。

来歴[編集]

少年時代から喧嘩に明け暮れ、レスリングではメキシコで4度のチャンピオンになっている[2]ディアブロ・ベラスコのジムで修行を積み、1970年5月にプロレスラーとしてデビュー。1975年7月、トーナメントの決勝でリンゴ・メンドーサを破りNWA世界ミドル級王座を獲得[3]

1978年LLIに移籍して、1979年2月に新日本プロレスへ初来日。シリーズ最終戦の4月5日、東京都体育館大会のセミファイナルにおいて、藤波辰巳WWFジュニアヘビー級王座に挑戦した[4]。同年4月にメキシコシティでUWA世界ジュニア・ライトヘビー級王座、1980年5月にナウカルパンでUWA世界ライトヘビー級王座を、それぞれグラン浜田から奪取している[5][6]

日本では新日本プロレスの常連外国人選手として活躍し、1981年3月にはWWFライトヘビー級王座決定リーグ戦の決勝で浜田を破り、同王座の初代チャンピオンとなった[7]1982年11月の第3回MSGタッグリーグ戦にはカネックとのメキシコ代表コンビで出場、アンドレ・ザ・ジャイアントディック・マードックマスクド・スーパースターキラー・カーンなど、遥かに体格差のあるスーパーヘビー級の大型選手とタッグマッチで対戦した[8]

1982年12月12日にはエル・トレオにおいて、メキシコに遠征してきたタイガーマスクWWFジュニアヘビー級王座に3本勝負で挑戦。日本国内ではピンフォール負けを喫したことのなかったタイガーから、得意技のセントーンで1フォールを奪っている(2本目にトペ・スイシーダをかわされて膝を負傷、そのままドクターストップがかかってTKO負けとなったが、タイガーにはフォールを取られなかった)[9]

カルロス・コロンが主宰するプエルトリコWWCにも遠征しており、1983年1月にジェリー・ブリスコからWWC世界ジュニアヘビー級王座を奪取[10]。その後、日本へは1984年4月にUWFの旗揚げシリーズに参戦[11]1985年1月には全日本プロレスに来日している[12]。本国メキシコでは1988年3月4日にカネックを破りUWA世界ヘビー級王座を獲得[13]、UWA3階級制覇を果たした。

1991年EMLLに移籍してシエン・カラスと抗争[2]1992年5月15日にはAAAの旗揚げにリンピオとして参加[2]。以降もAAAのエースとなって活躍し、1994年11月6日にコナンからIWC世界ヘビー級王座を奪取した[14]

2000年3月から引退ツアーを行い、新日本プロレスにもアグアヨ・ジュニアと共に来日[15]。翌2001年に引退した。

2019年7月3日、73歳で死去[1]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

EMLL
  • NWA世界ミドル級王座 : 3回[3]
LLI
WWC
  • WWC世界ジュニアヘビー級王座 : 1回[10]
WWA
  • WWA世界ヘビー級王座 : 3回
  • WWA世界ライトヘビー級王座 : 3回
AAA
  • AAA / IWC世界ヘビー級王座 : 1回[14]
  • ナショナル・ヘビー級王座 : 1回
  • ナショナル・ミドル級王座 : 1回
  • ナショナル・タッグ王座(w / ペロ・アグアヨ・ジュニア) : 2回

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c ペロ・アグアヨさんが死去、73歳 ルチャリブレのレジェンド、グラン浜田と抗争”. Wrestling-Titles.com (2019年7月4日). 2019年7月4日閲覧。
  2. ^ a b c d e 『THE WRESTLER BEST 1000』P113(1996年、日本スポーツ出版社
  3. ^ a b NWA World Middleweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2012年11月14日閲覧。
  4. ^ NJPW 1979 Big Fight Series”. Puroresu.com. 2019年7月5日閲覧。
  5. ^ a b UWA World Junior Light Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2012年11月14日閲覧。
  6. ^ a b UWA World Light Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2012年11月14日閲覧。
  7. ^ a b WWF World Light Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2012年11月14日閲覧。
  8. ^ NJPW 1982 The 3rd Madison Square Garden Tag Team League”. Puroresu.com. 2015年4月19日閲覧。
  9. ^ 『Gスピリッツ Vol.15』P49(2010年、辰巳出版ISBN 477780772X
  10. ^ a b WWC World Junior Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2012年11月14日閲覧。
  11. ^ The UWFi matches fought by Perro Aguayo in 1984”. Wrestlingdata.com. 2015年4月19日閲覧。
  12. ^ The AJPW matches fought by Perro Aguayo in 1985”. Wrestlingdata.com. 2015年4月19日閲覧。
  13. ^ a b UWA World Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2012年11月14日閲覧。
  14. ^ a b IWC World Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2016年12月16日閲覧。
  15. ^ The NJPW matches fought by Perro Aguayo in 2000”. Wrestlingdata.com. 2019年8月5日閲覧。

外部リンク[編集]