茂木正淑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
茂木 正淑
茂木 正淑の画像
プロフィール
リングネーム 茂木 正淑
本名 茂木 正淑
ニックネーム ちゃぶ台オヤジ
身長 176cm
体重 97kg
誕生日 (1962-11-24) 1962年11月24日(55歳)
出身地 群馬県館林市
所属 上州プロレス
スポーツ歴 レスリング
デビュー 1991年9月20日
テンプレートを表示

茂木 正淑(もてぎ まさよし、1962年11月24日- )は、日本の元プロレスラー

デビューから[編集]

  • 1991年9月20日、伊勢崎市第2体育館にてvs島田宏戦にてデビュー。
  • その後フリーとして活躍しW☆INGに入団。
  • W☆ING脱退後、SPWFに入団。
  • SPWF脱退後、レッスル夢ファクトリーに入団。
  • レッスル夢ファクトリー脱退後は、再びフリーとなり大日本プロレスなどに参加
  • プロレスリングナイトメアに入団、その後ガロガとなりガロガ騎士’sと団体が名前を変えるが2007年末をもって同団体が活動を停止、フリーとなる。
  • 2009年1月19日、上州プロレスを旗揚げ。
  • 2018年8月7日、上州プロレス館林大会にて引退。

人物[編集]

  • かつて三洋電機に勤めており、茂木が退社した後三洋電機は業績を上げたと言われている(しかしこれはネタである)
  • ジュニアヘビー級でありながらヘビー級のレスラーと対等に戦う
  • スーパーJカップ参加時には獣神サンダー・ライガーに「ヘタするとウチの新弟子以下」と罵られた
  • NWA世界ジュニアヘビー級王者として新日本リングで開催のジュニア8冠王座トーナメントに出場した。
  • 茂木正淑の他にチャビンガーというリングネームをもっており、その時は覆面を着用している
  • 凶器として「ちゃぶ台」を使用している。しかし凶器攻撃のため反則とみなされ、ちゃぶ台攻撃後のフォールは認められない。
  • 2004年に格闘技生活25周年記念興行を館林市民体育館で行い、タッグではあるがかつて自分を罵ったライガーとの対戦が実現した。その試合では、茂木組が勝利し「次回館林大会はライガーとシングルをやります」と豪語したが2018年6月現在、ライガーとのシングル対決は実現していない。

主なタイトル[編集]

  • レッスルブレインヘビー・WWCジュニアヘビー・NWAジュニアヘビー
  • 大日本認定ジュニア・IWA世界ミドル・IWAジュニアヘビー・七夕祭りベルト

得意技[編集]

その他[編集]

  • 北関東のプロレス興行(メジャー・インディーズ問わず)の会場によく現れる
  • テレビ朝日系列ロンドンハーツに娘の父親として出演した事がある。
  • 1997年に三洋電機東京工場(群馬県大泉町)の三洋電機祭りでの特別興行の際、サイン会の時は何故か蝶野正洋のタオルを首にかけていた。