TAKAみちのく

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
TAKAみちのく
Taka Michinoku 2017.jpg
プロフィール
リングネーム TAKAみちのく
MASAみちのく
PIZAみちのく
ペペ・みちのく
ブルーK(初代)
本名 吉田 貴男
ニックネーム 青の司令塔
疾風のテクニシャン
世界一ズル賢い男
鈴木軍のマイクロフォンNo.1
身長 175cm
体重 80kg
誕生日 1973年10月26日 (46歳)
出身地 千葉県四街道市
所属 プロフェッショナルレスリングJUST TAP OUT
スポーツ歴 レスリング
バスケットボール
トレーナー グラン浜田
ザ・グレート・サスケ
デビュー 1992年9月4日
テンプレートを表示

TAKAみちのく(タカみちのく、1973年10月26日 - )は、日本プロレスラー。本名:吉田 貴男(よしだ たかお)。

2002年4月に有限会社かいえんたいどうじょうを設立して2019年1月まで代表取締役社長を務めていた[1]

来歴[編集]

父が雪印に務めていたため、千葉県四街道市、石川県金沢市、岩手県盛岡市と転勤を繰り返していた。

岩手県立盛岡工業高等学校卒業後、ユニバーサル・プロレスリングに入門。

1992年9月4日、ユニバーサル・プロレスリング後楽園ホール大会の対スペル・ティグリート戦でデビュー。リングネームはユニバーサル・プロレスリングの先輩であり、同郷でもあるザ・グレート・サスケの若手時代のリングネーム「MASAみちのく」を引き継いだものである。また、三度笠の旅烏スタイルでファイトをしていた。9月、シリーズ終了後にサスケから、みちのくプロレスの旗揚げ構想を聞かされて、みちのくプロレスへの入団を誘われて、みちのくプロレスに入団。以後、サスケと共に、みちのくプロレスの設立準備を続けていた。

1994年4月16日、新日本プロレス主催で開催された「SUPER J-CUP」に出場。6月、新日本プロレスで開催された「BEST OF THE SUPER Jr.」に出場。同年、ルード軍「デルフィン軍団」に加入したことで愚乱・浪花との抗争が勃発。9月29日、浪花とのデルフィン軍団遺恨清算マッチ後に浪花と和解。

1995年12月13日、船木勝一とタッグチーム「夢狩人」を結成。

1996年6月14日、船木と共にルード軍「海援隊☆DX」に加入。

1997年5月、メキシコ遠征に行く。7月、WWFでサスケのトライアウトの対戦相手に指名されてカナダで2連戦が行われて逆にTAKAがトライアウトに合格。理由はサスケの体調がよくないことと黒装束がアメリカでは悪役にしか見られなかったことが影響している。このことでサスケは横取りされたと激怒して2人の仲に亀裂が生じた。10月にWWFと契約。10月10日、みちのくプロレス両国国技館大会に参戦。サスケとのシングルマッチが行われて敗れた。試合終了後にサスケと握手を交わした。12月7日、王座決定トーナメントで優勝して初代WWFライトヘビー級王者(復活版)になった。

1998年3月29日、WWFで年間最大の祭典であるレッスルマニアXIVに日本人レスラーとして初出場。アギラとのWWFライトヘビー級選手権試合に勝利して初防衛に成功。また、フナキとのタッグチーム「カイエンタイ」では、英語でマイクアピールが出来ないという欠点を逆手に取り、映画の吹き替えのように「口と声が合っていない」マイクアピールを行い、不思議な人気を獲得。この頃、カイエンタイのTシャツが売り上げNo.1になったこともある。

1999年3月13日、みちのくプロレス矢巾町民総合体育館大会に参戦。

WWEに参戦した当時は「メジャーリーガー」と、その立場を野球に例えられたが、本人はメキシコ遠征の延長で、そこにつながっただけと思っている。しかし、24歳から28歳の1番体が動く時期にプロレス界最大手の表も裏も見えたのは本人にとって良い経験であり、毎週身長2m級の大男にやられたことで耐久力もついたと振り返っている[2]

2000年10月、プエルトリコに日本人プロレスラー養成道場「KAIENTAI DOJO」を設立。

2001年、怪我で欠場。

2002年3月1日、横浜アリーナで開催されたWWFの日本公演でフナキの試合にセコンドとして登場したのを最後にWWFを退団。3月、KAIENTAI DOJOがプエルトリコから撤退してTAKAの地元千葉県に拠点を移した。4月20日、ディファ有明でKAIENTAI DOJOの旗揚げ戦「CLUB-K SUPER ev.」を開催。

2003年、全日本プロレス武藤敬司体制になって以降、請われて全日本に参戦するようになり、外国人レスラー軍「RO&D」を団体内の一大勢力として纏め上げた。また、巧みな話術を生かし、興行スタート時の前説(RO&Dタイム)も務めていた。

2004年10月24日、プロレスリング・ノアに参戦し、金丸義信GHCジュニアヘビー級王座に挑戦。

2005年1月5日、全日本プロレスの世界ジュニアヘビー級王座を獲得。1月10日、KAIENTAI DOJOのCHAMPION OF STRONGEST-K王座を獲得。全日本プロレスの世界ジュニアヘビー級王座、KAIENTAI DOJOのCHAMPION OF STRONGEST-K王座、みちのくプロレスの東北ジュニアヘビー級王座の三冠王となった。7月3日、DRAGON GATEに参戦、望月成晃オープン・ザ・ドリームゲート王座に挑戦。12月9日に開催されたインディーサミットにも出場。

2006年、RO&Dの活動はVOODOO-MURDERSとの解散マッチに敗れたため終了。6月4日、TOMOみちのくとのタッグでWEWハードコアタッグ王座を獲得。12月31日に開催されたインディーサミットの選手兼マッチメイカーとして出場。

2007年2月、カズ・ハヤシらとメキシコに遠征するはずだったが、車上荒らしによりパスポートを紛失したため、日本に残った。全日本プロレスの3月シリーズより、贋メキシカン・トリオ「メキシコ・アミーゴス」のリーダー、ペペみちのくとして登場(他のメンバーはカズが扮するミゲル・ハヤシJrとNOSAWA論外が扮するエル・ノサワ・メンドーサ)。偽物感溢れるメキシカンテイストで人気を博した。一方、プロレスリング・ノアの4月シリーズにおいて、一度袂を別ったブキャナンディーロ・ブラウンと再度組んでRO&Dを復活させた。2007年5月2日、新日本プロレス後楽園ホール大会で、東郷とのタッグでIWGPジュニアタッグ王座を奪取した。8月12日、KAIENTAI DOJO後楽園ホール大会でSTRONGEST-Kトーナメント初優勝。

2007年12月、ブログで結婚したことを発表。

2011年1月30日、新日本プロレスの後楽園ホール大会にNOSAWAと共に突如姿を現した。そこで、IWGPジュニアヘビー級王座とIWGPジュニアタッグ王座へ挑戦表明をした。小島聡、MVP、タイチ、NOSAWAらと共に小島軍(仮)を結成。

2011年2月20日、仙台サンプラザホールにてプリンス・デヴィットの持つIWGPジュニアヘビー級王座に挑戦。ラ・ケブラーダなどを放ちデヴィットを追い込んだが、最後はデヴィットのブラディサンデーによって敗れた。

5月3日の福岡国際センターでの小島対真壁刀義戦の試合後、真壁に敗れた小島をタイチと共に襲撃し、小島軍(仮)が解体された。この後突如現れた鈴木みのると結託し、鈴木軍を結成。この試合を機にタッグを結成した小島、真壁と抗争を展開。

2011年11月12日、同年2度目のIWGPジュニアヘビー級王座に挑戦、しかしデヴィットのブラディサンデーで敗れた。

2013年5月11日、南条隼人に勝利してインディペンデント・ワールド・ジュニアヘビー級王座を奪取。TEPPEIに敗れるまで16度の防衛を果たしている。

2013年から2014年頃はKAIENTAI DOJOの経営危機であり、Blue Fieldの家賃も支払えなかったという。しかし、十枝利樹(現在の会長)に出会い、会社の立て直しをしてもらった[2]

2017年8月、全日本プロレス45周年記念両国大会〜新たなる決意〜でブラックタイガーVIIと組みアジアタッグ王座に挑戦[3]

2017年9月4日の「TAKAみちのく25周年記念大会~SIMPLE IS BEST~」では飯伏幸太とタッグを組むことが明かされた。当初吉田綾斗をオカダ・カズチカと対戦させたかったが吉田が怪我をしてしまったため、ならばここは自分のやりたいことをやろうと思って飯伏とのタッグを組んだ。メイン以外ではKAIENTAI DOJOの若手にチャンスを与えている。グレート・サスケ、スペル・デルフィン、ディック東郷の3人タッグなどのこれまでにないカードも見られている。この興業を計画した背景には、バンビやERINAという所属している2人の女子レスラーがどこまで他団体のメジャーどころに通じるかという狙いもある[2]

2015年よりKAIENTAI DOJOイズム継承マッチを行っていて本田アユム洞口義浩吉野コータローなどの若手選手やヒロ・トウナイバンビと対戦を行う。TAKA曰く無駄な技を減らし、頭から落とすような危険な技をせず、ロープワークや無駄なフォール、打撃すらも極力削りとった、一点集中で試合を構築し、自らの必殺技一発で勝利する試合がKAIENTAI DOJOイズムであるという[4]

2018年11月6日、FLASHで不倫が報道された。

2019年1月19日、記者会見を行って1月30日付でKAIENTAI DOJOの取締役解任及び退団することを発表。退団に関しては本人の責任を取りたいという希望による[5]。退団に際して週刊プロレスは「後輩の手本となるべき存在であるにもかかわらず、実際は反面教師になってしまった」、「S-K王座を持っていたのは10年も前になり、ここ数年は前線に立ってなかったので、いなくなってもリングに大きな変化はない」と不倫報道の責任を仄めかし、KAIENTAI DOJOでの重要性が低くなっていたことも指摘している[6]。4月11日、プロフェッショナルレスリングJUST TAP OUTを設立することを発表[7]。7月8日、後楽園ホールでプロフェッショナルレスリングJUST TAP OUTの旗揚げ戦を開催。

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
1 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
0 0 0 0 0 0 0
1 0 1 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 山宮恵一郎 7:36 V1アームロック PANCRASE 1997 ALIVE TOUR 1997年4月27日

得意技[編集]

みちのくドライバー
みちのくドライバーI
国内では「みちのくドライバー」が正式名称だが、IIとの混同を避けるため「みちのくドライバーI」と一般的には呼ばれている。
相手の両腕をクロスさせて、シットダウン式ジャンピング・パワーボムの型で落とす技。堀田祐美子ピラミッド・ドライバーと同型だったので、人と同じものは使いたくないということで現在は封印している。ちなみにどちらが元祖かは本人ですら不明。最初に、この技を受けたのは当時みちのくの練習生だったK-ness.
元々「みちのくドライバー」といえば先に開発された、この技であるが封印されたため、現在は後に生まれたみちのくドライバーIIのことを指してみちのくドライバーと呼ぶ場合も多い。ただし、海外ではみちのくドライバーIIの正式名称を「みちのくドライバー」としている。
みちのくドライバーII
相手をボディスラムの体勢に抱え上げた状態から、ジャンプすると同時に前方に両足を開脚し、頭部からマットに叩き落とす技。WWE参戦時から落とし方を少し変え、垂直に脳天から落とすのではなく、やや斜めに落とし後頭部や背面から叩きつけるようになった(技を受ける側の首への負担を減らすため)。しかし、それでも技の威力が損なわれることはなく、現在でも十分必殺技として通用している。現在では似た形式の技も含め非常に多くのレスラーが使用している。
ちなみにみちのくドライバーIの後継技として開発されたが、技の系統としてはIの派生技ではなく別系統の技となる。また、海外では「みちのくドライバー」が正式名称として使用されており、国内でも近年はIIのことを「みちのくドライバー」と呼ぶ場合も多い。
みちのくドライバーβ
技名のβは「ベロ」と読ませる。リバースブレーンバスターのクラッチで相手を抱え上げてみちのくドライバーIIのように相手を脳天からおとす。TAKAは自らの掲示板でファンからの「βを使わないのはなぜか?」との質問に対し、「出すに値する相手がいない」と答えている。これと同型の技をDRAGON GATEYAMATOがギャラリアの名で使用している。
ジャスト・フェイスロック
いわゆるリバース・フェイスロックだが、TAKAの場合は背を思いっきり反らして相手を絞り上げるため強烈。あまりの反り具合に、観客からは悲鳴が上がるほど。KAIENTAI DOJO設立後みちのくドライバーIIに並ぶフィニッシュ・ホールドとして使用されている。なお技名はフェイスロックだが、実際のクラッチは相手の顎の辺りが多い。
ディック・キラー
ジャスト・フェイスロックの形から相手の腕をとりさらにきつく締め上げる技。対ディック東郷戦にむけて開発した。
ジャスト・フェイスロック2006
TAKAが右手の負傷中に開発した新必殺技。復帰戦ではこの技で勝利した。クラッチの仕方がスリーパー・ホールドの様になっており、指を負傷していても技をきめられる。
サミング
だまし討ちで行う相手の両目を狙った目潰し攻撃。この技が決まった直後に目潰しした方の手で観客にピースサインを行う。
スクールボーイ
主にタッグで使用。タッグパートナーやセコンドの支援を受けて行う。
宇宙人プランチャ
リング上で加速をつけてトップロープに両足で飛び乗り、場外の相手に向かって体を預けていく飛び技。普通の選手が両手でロープを掴んで飛び乗るのに対し、TAKAは両足のみで踏み切り飛び乗るのが特徴的。近年はTAKAが膝に爆弾を抱えていることもあり、タイトルマッチ以外での使用はほとんどない。
宇宙人ケブラーダ
リングの中から体を半捻りさせながらトップロープに飛び乗りリングの内側を向いた状態になり、そのまま場外の相手にムーンサルト・アタックを仕掛ける技。普通の選手がケブラーダを仕掛ける際はエプロンサイドからロープに飛び乗るのに対し、TAKAはリング内から飛び乗るのが特徴的。TAKAの膝の爆弾のためか、近年は封印されている。
ヘビーキラー1号
仰向け状態の相手に、両腕をロックしながらウラカン・ラナの体勢で丸め込むクラッチ技。対ヘビー級用に開発した技。
みちのくメフィスト
タイチとの合体技。タイチのブラックメフィストにTAKAが体重をかける。
スーパーK
スーパーK-1
後頭部へのトラースキック
スーパーK-2
グラウンド状態からの不意うちジャンプキック。
スーパーK-3
コーナーの相手へのジャンプキック。
スーパーK-4
顔面への低空ドロップキック
スーパーKスペシャル
顔面へのミドルキック。

タイトル歴[編集]

IWW
  • IWWジュニアヘビー級王座 : 1回
WWF
WEW
KAIENTAI DOJO
全日本プロレス
みちのくプロレス
新日本プロレス
DDTプロレスリング
プロレスリング・ノア
プロレス大賞
  • 技能賞(2005年)
PWI Top 500 Wrestlers
  • 2003年 : 191位

入場曲[編集]

  • 初代 : みちのくひとり旅(山本譲二
  • 2代目 : YAMATO PART4(MUSASHI) ※キングレコード「KAIENTAI DOJO」に収録
  • 3代目 : Dojo
  • 4代目 : YAMATO PART4(MUSASHI) ※キングレコード「KAIENTAI DOJO」に収録

エピソード[編集]

  • 「宇宙人」というニックネームは、かつて新日本プロレスで開催された「SUPER J-CUP」1stステージにおいて、トップロープ上にノータッチで立ってからのプランチャを見た長州力がつぶやいた言葉(「アイツは宇宙人か」)に由来する。
  • WWEも実力を高く評価しており、在籍中に怪我で欠場していた際にも解雇されず、きちんとギャラが支払われていたと、週刊プロレスに連載していたコラムで発言している。KAIENTAI DOJOを旗揚げする際にも同時期にWWEからの契約更新のオファーがあったが断ったと語っている。現在でもWWEから小切手が送られてくるそうだが出場する気はないため返送している。(しかし、2011年1月29日にUSTREAMで「まだ小切手を返送しているのか」という質問に対して「返送せずしっかりもらってる」と返答している)
  • 多くのプロフィールでは岩手県盛岡市出身となっているが、KAIENTAI DOJO公式サイトでは千葉県四街道市出身と表記している(前述のように、小学校低学年までは四街道市在住)。
  • プロ格ヒーローズ第4弾にフィギュアとして収録された。
  • 全日本プロレスDDTプロレスリングにも参戦していたが、現在は撤退している。DDTプロレスリングのみには稀に参戦している。
  • イタリアの親戚筋にあたるPIZAみちのくがDDTプロレスリングに参戦していたが、家業のピザ屋を継ぐために現在は帰国している。
  • 古巣の、みちのくプロレスやライバルのDRAGON GATEにも参戦している。
  • みちのくドライバーIIは自身が考案した技であり世界でもその名前で通じる技である(ただし、海外では「II」を付けない)。
  • 世界ジュニアヘビー級王座渕正信の最多防衛回数14回に迫る12回防衛。
  • 入籍前にペットショップにて購入した猫にナナミと名付け、幾度もブログに登場させるほど。とうとうナナミ用ブログを立ち上げた。
  • 筑前りょう太が退団後、筑前が所属していた千葉商工会議所青年部メンバーになり引き継いだ。
  • 本名で呼ばれる事を何よりも嫌がっている。
  • 2017年時点では飯伏とは表向き上そこまで接点は深くないが、プライベートでは飯伏幸太に悪戯されている。酔った勢いでキッチンバサミで前髪を切られたり、酒の席で全裸を取らされてTwitterにさらされたりと、下らないエピソードがたくさんある[2]
  • 鈴木みのるに関しては2017年のインタビューで「自分が25年対戦してきた中でも『2度とやりたくない』ってくらい強いし凶暴。ただレスラーとしてはそれは絶対必要な経験」と答えている[2]

著書[編集]

メディア出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 会社概要
  2. ^ a b c d e 週刊プロレス2017年9月13日号pp.63-66.
  3. ^ 【2017 SUMMER EXPLOSION [最終戦 全日本プロレス45周年記念両国大会 ~新たなる決意~】 東京・両国国技館 ≪15:00開始≫]”. 全日本プロレス. オールジャパンプロレスリング. 2017年8月19日閲覧。
  4. ^ TAKAみちのく戦
  5. ^ TAKAみちのくK-DOJO退団 昨年不倫が発覚”. 日刊スポーツ (2019年1月19日). 2019年1月19日閲覧。
  6. ^ 『週刊プロレス』NO.1996 2019年2月13日号 p.127
  7. ^ [1] TAKAみちのく公式Twitterより

関連項目[編集]

外部リンク[編集]