LOCK UP (新日本プロレス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

LOCK UP(ロック・アップ)は、リキプロ主催のプロレス興行ブランド名。コンセプトは「組合い(LOCK UP)から始まって」、「鍛え上げた体と体をぶつけ合い」、「体力の限界まで戦い続ける魂のリング」。

概要[編集]

長州力のプロデュースによる「力と力のぶつけ合い」がテーマの興行。開始当初は新日本プロレスの興行として開催したが2008年5月18日よりリキプロの単独興行に移行(ただし新日本プロレスは選手派遣やプロモーションなどの面で協力している)。正式な終止宣言は、ないが第11回を最後に開催されていない。

のちに新日本プロレス入りする石井智宏や、中堅でくすぶっていた真壁刀義のブレイクなど、新日本プロレス・本線にも影響を与えた。

主要参戦選手[編集]

所属は参戦当時

開催大会[編集]

第1回[編集]

2006年5月21日新木場1stRINGで旗揚げ戦を開催。

第2回[編集]

2006年6月25日、新木場1stRINGで開催。

  • メインイベント : ○石井智宏、矢野通、長州力(12分25秒、垂直落下式ブレーンバスター→片エビ固め)×黒田哲広GENTARO、金村キンタロー

第3回[編集]

2006年7月29日、新木場1stRINGで開催。

  • メインイベント : ○矢野通、石井智宏(15分38秒、スピアー→エビ固め)×越中詩郎真壁刀義

第4回[編集]

2006年11月18日、新木場1stRINGで開催。

  • メインイベント(WEWヘビー級選手権試合) : ○真壁刀義(11分00秒、ニードロップ→片エビ固め)×金村キンタロー

第5回[編集]

2007年2月4日後楽園ホールで開催。

  • メインイベント(WEWヘビー級選手権試合) : ○真壁刀義(16分14秒、KO)×マンモス佐々木※真壁が防衛に成功。

第6回[編集]

2007年5月6日、新木場1stRINGで開催。

  • メインイベント : 真壁刀義、越中詩郎、矢野通、石井智宏 vs 金村キンタロー、黒田哲広、マンモス佐々木、GENTARO
  • 1本目 ○矢野通(6分53秒 鬼殺し+ラリアット→片エビ固め)×金村キンタロー
  • 2本目 ×矢野通(9分52秒 爆YAMAスペシャル→片エビ固め)○金村キンタロー
  • 3本目 ○真壁刀義(4分15秒 トップロープからのキングコングニードロップ→片エビ固め)×GENTARO
  • (2-1で真壁組の勝利)

第7回[編集]

2007年7月1日狭山市焼肉レストラン大阪屋駐車場で開催。

  • メインイベント(バトルロイヤル) : ○矢野通(11分23秒 鬼殺し→片エビ固め)×金村キンタロー

第8回[編集]

2007年7月20日栃木県総合文化センター サブホールで開催。

  • メインイベント : 長州力、飯塚高史、×宇和野貴史(11分35秒 パワーボム→エビ固め)○越中詩郎、石井智宏、矢野通

第9回[編集]

2007年7月29日、後楽園ホールで開催。

  • メインイベント : ○中西学(11分29秒 ヘラクレスカッター→片エビ固め)×関本大介

第10回[編集]

2007年8月19日、新木場1stRINGで開催。

  • メインイベント : 長州力、越中詩郎、○飯塚高史(10分50秒 腕ひしぎ逆十字固め)天山広吉、真壁刀義、×本間朋晃

第11回[編集]

2007年9月1日幕張メッセ国際展示場11ホールで開催。

  • メインイベント : 長州力、蝶野正洋、越中詩郎 VS 天山広吉、真壁刀義、本間朋晃

第12回[編集]

2007年10月10日、三重・四日市オーストラリア記念館

  • メインイベント : 金村キンタロー、マンモス佐々木、Hi69 VS 真壁刀義、邪道、外道[1]

第13回[編集]

2007年10月11日、愛知・豊橋市総合体育館第二競技場

  • メインイベント : 長州力、越中詩郎、スーパーストロング・マシン VS 中西学、飯塚高史、山本尚文[2]

第14回[編集]

2007年11月24日、後楽園ホール

  • メインイベント : 石井智宏 VS 関本大介[3]

第15回[編集]

2008年1月13日、後楽園ホール

  • メインイベント : 金網8人タッグマッチ・真壁刀義、石井智宏、邪道、外道 VS 金村キンタロー、折原昌夫、シャドウWX、佐々木貴[4]

第16回[編集]

2008年2月24日、後楽園ホール

第16回[編集]

2007年2月29日、大阪・IMPホール

  • メインイベント : 真壁刀義、矢野通、TARU VS 黒田哲広、マンモス佐々木、佐々木貴[6]

脚注[編集]

  1. ^ ベースボールマガジン社「週刊プロレスモバイル」2007年10月10日、熱戦譜
  2. ^ ベースボールマガジン社「週刊プロレスモバイル」2007年10月11日、熱戦譜
  3. ^ ベースボールマガジン社「週刊プロレスモバイル」2007年11月24日、熱戦譜
  4. ^ ベースボールマガジン社「週刊プロレスモバイル」2008年1月13日、熱戦譜
  5. ^ ベースボールマガジン社「週刊プロレスモバイル」2008年2月24日、熱戦譜
  6. ^ ベースボールマガジン社「週刊プロレスモバイル」2007年2月29日、熱戦譜