GENTARO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
GENTARO
GENTAROの画像
プロフィール
リングネーム GENTARO
"ナスティ"ブラック・パンサー
F.M-TARO
本名 高橋 元太郎
ニックネーム レスリングマイスター
身長 177cm
体重 90kg
誕生日 (1974-10-28) 1974年10月28日(43歳)
出身地 東京都小金井市
所属 プロレスリングFREEDOMS
スポーツ歴 学生プロレス
デビュー 1999年5月8日
テンプレートを表示

GENTARO(ゲンタロウ、1974年10月28日 - )は、日本プロレスラー。本名:高橋 元太郎(たかはし げんたろう)。

経歴[編集]

城西大学在学中にヤブサメとして学生プロレスを始める[1]

1999年5月8日レッスル夢ファクトリー埼玉県所沢サンアビリティーズ大会でF.M-TAROとして三浦博文覆面太郎とタッグを組んで対加藤茂郎&死神&怨霊組戦でデビュー。

2001年KAIENTAI DOJOに移籍してリングネームをGENTAROに改名。同年、K-DOJOを退団。

2002年DDTプロレスリングに入団。後に佐々木貴とタッグチーム「アカレンジャーズ」を結成。

2003年、DDTを退団

2004年アパッチプロレス軍に入団。

2009年8月8日、アパッチが解散。8月、佐々木らと共にプロレスリングFREEDOMSを設立。

2012年8月5日、FREEDOMS札幌テイセンホール昼大会で試合終了後に体調不良を訴えて緊急搬送されて入院。検査の結果、脳梗塞と診断されて以降、予定された試合はすべて欠場となる。8月27日以降、FREEDOMSの興行で募金箱が設置された。9月17日、FREEDOMS新木場1stRING大会は「GENTARO AID」と題した大会に変更されて収益すべてが治療費に当てられた。また、アイスリボンが「GENTARO AID」と同日同時間帯に予定されていた道場マッチの時間帯を変更してFREEDOMSで提供試合が行われた。

2013年1月、病院を退院してからは復帰を目指してリハビリを行う。5月2日、FREEDOMS後楽園ホール大会で行われたKING of FREEDOM WORLD選手権試合にチャンピオンベルトのプレゼンターとして来場して退院後初めて観客の前に姿を見せて補助無しではリングに上がれない状態ながらも自ら佐々木にチャンピオンベルトを手渡して「いつか、いつか、このベルトに絶対、挑戦するからな、それまで守れよ」とスピーチを行った[2]。その後、リハビリを兼ねながら復帰に向けてトレーニングを積んだ。

2014年5月2日、FREEDOMS後楽園ホール大会で復帰戦が行われて休場前と変わらぬビルドアップした肉体を披露。8月25日新宿FACEで自主興行「〜GENTARO AIDに出てくれたみんな大集合!〜」を開催。

得意技[編集]

かつては跳躍力を生かした美しいフォームの空中殺法を得意としてショーン・マイケルズブレット・ハートを強く意識したファイトスタイルだったが近年ではグラウンド重視の試合展開や一点集中攻撃などの試合組み立てを重視したプロレスを得意にしており、試合運びの上手さには定評がある。

シューティングスタープレス
スワンダイブプレス
エプロンに移動してトップロープを掴み、ジャンプしてトップロープの上に両足で跳び乗って背中を反らせながらリングへとジャンプして仰向けになった相手の上に腹部から落下する。
バックドロップ
GENTAROカッター
雪崩式ブレーンバスターを仕掛けようとする相手の首を逆にフロントネックロックで捕獲して相手の体を跳び越えるに自身の体を前方回転させてリングへと背中から落下してコーナーから引きずり落とした相手の後頭部を痛打させる。
シャープシューター
フライングヘッドシザーズホールド
足決め首固め
スウィート・チン・ミュージック

入場曲[編集]

  • 初代 : I'd die for you(ボン・ジョヴィ
  • 2代目 : Another side of(D.B.M.N ドーベルマン)

タイトル歴[編集]

メディア出演[編集]

映画[編集]

  • 平成トンパチ野郎〜男はツラだよ〜(マジカル / グラッソ)(2009年)山下源太役

ラジオ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ただし、城西大学では1年留年した後に中退している。
  2. ^ 『豊本のプロレス回覧板』2013年5月3日「帰ってきたGENTARO選手」より。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]