プロレスリングFREEDOMS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社プロレスリングFREEDOMS
Pro-Wrestling Freedoms Co., Ltd.
種類 株式会社
略称 FREEDOMS
本社所在地 日本の旗 日本
253-0054
神奈川県茅ヶ崎市東海岸南2-11-6
シバガーデンビル201
設立 2009年8月
業種 サービス業
事業内容 プロレス興行
関連企画の運営
代表者 代表取締役 佐々木貴
関係する人物 佐々木貴(創業者)
外部リンク プロレスリングFREEDOMS公式サイト
特記事項:2016年4月1日、株式会社化。
テンプレートを表示

プロレスリングFREEDOMS(プロレスリング・フリーダムズ)は、日本プロレス団体

団体名の由来[編集]

選手兼代表の佐々木貴が「自由FREEDOM(フリーダム))を、その手に」をキーワードとして自由奔放なデスマッチ性に加えて1つの興行で様々なスタイルの試合が見られること。また立場に関係なく各自が自由にアピールしたいことに責任を持ってやってほしいという思いが込められている[1]

概要[編集]

2009年8月、第1次アパッチプロレス軍の解散により佐々木貴が設立。

その一方で設立の経緯が2008年2月18日金村キンタローが起こした強制猥褻事件に遡ることから、設立当初から「団体名を変えただけの(事件に対する)責任逃れ」など、事件を理由にした批判の声が一部で上がった。対策として設立段階から金村及び金村が設立したXWF(後の第2次アパッチ)とは一切招聘しない方針を固めており、第1次アパッチから黒田哲広を除外した他、実際にXWF所属選手が姿を見せたことはこれまで1度もない[2]

運営はFREEDOMSを含むプロレス関連商品の販売を手がけるハート・ラインが協力して同社内にFREEDOMSの事務所を構えていたが、2016年4月10日タワーレコード渋谷店で行われたトークライブと記者会見で4月1日に法人化して株式会社プロレスリングFREEDOMSになったことを発表。事務所も東京都葛飾区から、佐々木が居住する神奈川県茅ヶ崎市に移転。

歴史[編集]

2009年[編集]

2010年[編集]

2011年[編集]

2012年[編集]

  • 5月20日、初の沖縄大会をデルフィンアリーナ国際通りで開催。
  • 5月23日杉浦透が入団。
  • 7月7日、初の鳥取大会を、てんまやホールで開催。
  • 8月5日、札幌テイセンホールで昼(通常興行)と夜(「葛西純プロデュース興行〜PAIN IN LIMIT 2012〜」。デスマッチトーナメント1回戦が行われた)の興行を開催。
  • 8月19日東成区民センターで「葛西純プロデュース興行〜PAIN IN LIMIT 2012〜」を開催。デスマッチトーナメント2回戦が行われた。
  • 8月27日、後楽園ホールで「葛西純プロデュース興行〜PAIN IN LIMIT 2012〜」のを開催。デスマッチトーナメント準決勝戦と優勝決定戦が行われて葛西が優勝。
  • 12月25日、後楽園ホールで「葛西純プロデュース興行〜Blood X'mas 2012〜」を開催。

2013年[編集]

  • 1月5日と6日、横浜赤レンガ倉庫1号館で大日本、DDT、K-DOJO、アイスリボンとの5部興行「横浜プロレスフェスタ」を開催。
  • 5月2日SUSUMU(現:進祐哉)が入団。
  • 8月21日、新木場1stRINGで「葛西純プロデュース興行〜PAIN LIMIT 2013〜」を開催。デスマッチトーナメント1回戦が行われた。
  • 8月24日城東区民ホールで「葛西純プロデュース興行〜PAIN LIMIT 2013〜」を開催。デスマッチトーナメント2回戦が行われた。
  • 8月29日、後楽園ホールで「葛西純プロデュース興行〜PAIN LIMIT 2013〜」を開催。デスマッチトーナメント準決勝戦と優勝決定戦が行われて竹田誠志が優勝。吹本賢児が入団。
  • 10月5日、新木場1stRINGで「葛西純+パンクドランカーズ+KEEP on SMILING 15周年Aniversary」を開催。
  • 12月25日、後楽園ホールで「葛西純プロデュース興行〜Blood X'mas 2013〜」を開催。

2014年[編集]

  • 1月8日正岡大介が入団。
  • 2月9日カデナアリーナで予定されていた沖縄大会が関東地方の記録的大雪の影響で空港アクセスが閉ざされたため中止。葛西のみ事前に沖縄入りしていたため払い戻し対応とお詫び挨拶が行われて琉球ドラゴンプロレスリングの計らいでエキストラマッチも組ませてもらった。また琉球ドラゴンの昼興行にも飛び入り参戦。
  • 4月29日、初の新潟大会を朱鷺メッセ伊達皇輝が代表を務めるキックボクシングジム「KAGAYAKI」との合同チャリティー興行「プロレス&キックボクシング〜格闘技の祭典〜」を開催。
  • 5月6日ラジアントホールプロレスリングZERO1WNC、アイスリボンとの4部興行「横浜GWプロレス祭り」を開催。
  • 6月8日嘉手納町スポーツドームで琉球ドラゴンとの合同興行「かでなプロレス祭り」を開催(2月9日の中止になった沖縄大会の代替興行)。
  • 8月3日、広島県立産業会館西館2号館で「葛西純プロデュース興行〜Crazy monkey presents 広島デスマッチカーニバル2014〜」を開催。
  • 8月10日、城東区民ホールで「葛西純プロデュース興行〜PAIN LIMIT 2014〜」を開催。デスマッチトーナメント1回戦が行われた。
  • 9月4日、後楽園ホールで「葛西純プロデュース興行〜PAIN LIMIT 2014〜」を開催。デスマッチトーナメント準決勝戦と優勝決定戦が行われてウィンガーが優勝。
  • 12月25日、後楽園ホールで「葛西純プロデュース興行〜Blood X'mas 2014〜」を開催。

2015年[編集]

2016年[編集]

2017年[編集]

  • 7月9日、中村スポーツセンターで「葛西純プロデュース興行 名古屋デスマッチカーニバル2017」を開催。
  • 7月17日、広島県立広島産業会館東館で「葛西純プロデュース興行 広島デスマッチカーニバル2017」を開催。
  • 7月30日花博記念公園鶴見緑地水の館ホール附属展示場で「葛西純プロデュース興行 大阪デスマッチカーニバル2017」を開催。

タイトルホルダー[編集]

プロレスリングFREEDOMSが管理する王座
タイトル 保持者 歴代 防衛回数 次期挑戦者
KING of FREEDOM WORLD王座 ビオレント・ジャック 第9代
KING of FREEDOM WORLD TAG王座 マンモス佐々木
杉浦透
第13代 7
UWA世界ジュニアヘビー級王座 進祐哉 第31代 3

所属選手[編集]

スタッフ[編集]

レフェリー[編集]

リングアナウンサー[編集]

過去の所属選手[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ YAMADA動画LIVE「【バトルトピック闘道館】第十四回後半戦 / 佐々木貴選手登場!」での佐々木貴のインタビューより 2016年1月29日更新
  2. ^ 例外として、2014年12月8日木村浩一郎追悼興行では第1次アパッチプロレス軍旗揚げ前からの経緯により第2次アパッチと共に開催へ協力して選手が同じリングに上がり、2016年12月27日金村キンタロー引退興行ではFREEDOMS所属選手のみ6人の試合提供で参加した。また、プロレスリングFREEDOMS及びアパッチプロレス軍の所属以外で、両団体へ参戦していたレスラーも存在する。

外部リンク[編集]