花博記念公園鶴見緑地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鶴見緑地
Tsurumi-ryokuchi1-R.jpg
咲くやこの花館と鶴見緑地展望塔(いのちの塔
分類 都市公園(広域公園)
所在地
大阪市鶴見区緑地公園、緑3丁目、浜1丁目、横堤4丁目、5丁目
守口市高瀬旧馬場、高瀬旧世木、高瀬旧大枝、寺方旧南寺方、南寺方東通1丁目、4丁目
面積 1,225,651 m2
開園 1972年(昭和47年)4月1日
運営者 大阪市(指定管理者:鶴見緑地スマイル5)
公式サイト 指定管理者のサイト
中央通
鶴見緑地展望塔(いのちの塔

花博記念公園鶴見緑地(はなはくきねんこうえんつるみりょくち)は、大阪府大阪市鶴見区守口市にまたがって位置している大阪市立の都市公園(広域公園)である[1]

概要[編集]

1941年防空緑地計画に由来する大阪四大緑地(服部・鶴見・久宝寺大泉)のひとつ。面積は約121.7ha

1972年4月、鶴見緑地として開園。1990年4月1日から9月30日まで開催された国際花と緑の博覧会(通称・花の万博、花博)のメイン会場となった。開催終了後、記念施設の咲くやこの花館いのちの塔(展望塔)、陳列館ホール(大阪市立環境学習センター=通称・生き生き地球館)、水の館ホール(2010年に花の万博20周年を機に愛称をハナミズキホールと命名)、体育館である鶴見スポーツセンター、風車を残し、都市公園として再整備された。この時、公園名を正式名称の「鶴見緑地」から「花博記念公園鶴見緑地」と通称で呼ぶようになった。なお、風車は博覧会開催以前から存在したものである。

現在は乗馬コース(遊園地、「マジカルクロス」の敷地の一部を転用)、球技場運動場温水プール駐車場の敷地を転用)、パークゴルフ場といったスポーツ施設も整備されている。このうちパークゴルフ場は、マスターズ・トーナメントの会場「オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブ」の12番ホールを再現したパビリオン(ゴールデンベルパビリオン)のコースを転用したものである。

建物以外では国際庭園や日本庭園、花桟敷、花の谷などの庭園が保存されているが、国際庭園に付属する建物は老朽化が激しく、ネパール庭園にある寺院風の建物などは付近に入ることも禁止されている。国際庭園そのものも樹木が伸び、かつての面影は少なくなっている。公園の最高地点である鶴見新山山頂も、かつては良好な展望が得られたが、今は樹木の成長により展望はほとんどなくなっている。かつてパビリオンが並んでいた「街のエリア」は、現在はほとんどが大芝生広場となっている。

公園内には主に高齢者や障害者を対象とした、チューリップ号・サルビア号と呼ばれる電気自動車バスが運行されている(毎週月曜日・年末年始は運休)。それらの利用者は無料で乗車できるが、空席があれば一般利用者も有料で利用できる。

一部の有料施設を除き入場は無料である。

施設[編集]

  • 花博記念公園事務所
  • 咲くやこの花館
  • キャンプ場、バーベキュー場
  • 展望塔(いのちの塔)(閉館)
  • 陳列館ホール、水の館ホール(ハナミズキホール)
  • 鶴見スポーツセンター(ハナミズキホールの正面玄関の右側に接合している)
  • 生き生き地球館(大阪市立環境学習センター)
  • 国際庭園、ばら園、日本庭園
  • 風車
  • 茶室(むらさき亭)
  • 自然体験観察園
  • なにわっこらんど(こどもの森)
  • テニスコート、パークゴルフ場
  • オリエンテーリングパーマネントコース
  • 鶴見緑地プール
  • 鶴見緑地運動場、鶴見緑地第二運動場
  • 鶴見緑地球技場
  • 鶴見緑地乗馬苑
  • 鶴見新山 - 大阪市最高峰、標高39mの築山(山頂のプレートには標高45mと記されるが、地盤沈下により標高が低くなった)

交通[編集]

大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線鶴見緑地駅下車すぐ。同線横堤駅下車徒歩10分程度。

  • 公園南側に位置する鶴見緑地駅には京阪バスの「鶴見緑地」停留所(19号経路京阪守口市駅行き)が設置されている。1時間に1便の運行頻度である。
  • 北側には大阪市営バス「花博記念公園北口」停留所(31号45号83号)も設置されている。

なお、鶴見緑地北西口は大阪市営地下鉄今里筋線新森古市駅が最寄り駅とアナウンスされている(500mほどの距離)。

大阪四大緑地[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 都市公園一覧表(大阪市)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

花博記念公園鶴見緑地

座標: 北緯34度42分48.2秒 東経135度34分29秒