延命寺 (河内長野市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
延命寺
Center
延命寺本堂
所在地 大阪府河内長野市神ガ丘492
位置 北緯34度25分35.4秒 東経135度35分38.5秒 / 北緯34.426500度 東経135.594028度 / 34.426500; 135.594028座標: 北緯34度25分35.4秒 東経135度35分38.5秒 / 北緯34.426500度 東経135.594028度 / 34.426500; 135.594028
山号 薬樹山
宗派 真言宗御室派
本尊 如意輪観音
創建年 伝・弘仁年間(810年 - 824年
開基 伝・空海
文化財 木造釈迦如来立像(重要文化財)
法人番号 2120105005426
テンプレートを表示

延命寺(えんめいじ)とは大阪府河内長野市真言宗御室派の寺院。山号は薬樹山。

概要[編集]

弘仁年間(810年824年)、空海地蔵の石仏を刻んで本尊としたのが当寺の始まりとされる。寛永16年(1639年)に、この地に生まれた浄厳が伽羅山延命寺に寺号を改め中興する。延宝5年(1677年)、薬樹山延命寺に寺号を改め、本尊も如意輪観音に改められた。

紅葉の名刹として有名で大阪みどりの百選に選ばれている[1]。樹齢1000年とも言われている巨大なカエデ(もみじ)の老木は「夕照もみじ」といい大阪府天然記念物に指定されている。また、すぐ近くには長野公園・延命寺地区がある。

文化財[編集]

  • 木造釈迦如来立像(重要文化財 S25.8.29指定)
  • 延命寺の夕照もみじ(大阪府指定天然記念物、S45.2.20指定)
  • 石造地蔵菩薩立像(河内長野市指定文化財、S43.1.9指定)
  • 僧浄厳の墓(河内長野市指定文化財、S45.11.26指定)
  • 絹本著色伝地蔵曼荼羅図(河内長野市指定文化財、H18.3.13指定)
  • 木造薬師如来坐像(河内長野市指定文化財、H23.9.1指定)

アクセス[編集]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 大阪みどりの百選”. 大阪府. 2016年12月23日閲覧。

外部リンク[編集]