美具久留御魂神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
美具久留御魂神社
Migukurumitama-jinja, shimo-haiden.jpg
下拝殿
所在地 大阪府富田林市宮町3丁目2053
位置 北緯34度31分4.72秒
東経135度36分5.13秒
座標: 北緯34度31分4.72秒 東経135度36分5.13秒
主祭神 美具久留御魂大神
大国主命
社格 式内社(小)
郷社
創建 (伝)崇神天皇10年
別名 下水分社
例祭 10月第3金曜日
地図
美具久留御魂神社の位置(大阪府内)
美具久留御魂神社
美具久留御魂神社
テンプレートを表示
鳥居

美具久留御魂神社(みぐくるみたまじんじゃ)は、大阪府富田林市にある神社。式内社で、旧社格郷社大阪みどりの百選に選定されている[1]

祭神[編集]

美具久留御魂大神(大国主命)を主祭神とし、左殿に天水分神(あめのみくまりのかみ)、弥都波迺売命(みずはのめのみこと)、右殿に国水分神(くにのみくまりのかみ)、須勢理比売命(すせりひめのみこと)を配祀する。

左右殿に同じ神を祀る建水分神社を上水分社と呼ぶのに対し、当社は下水分社(しものすいぶんのやしろ)とも称された。

歴史[編集]

創建[編集]

社伝によれば、崇神天皇10年(紀元前88年)、この地にしばしば大蛇が出没したので、天皇自ら視察して「これは大国主命の荒御魂によるものである」と言い、出雲振根杵築大社から生大刀生弓矢を勘請させ大国主命の神体として祀らせたのに始まるという。崇神天皇62年、丹波国氷上郡の氷香戸辺が神懸かりして「玉萎鎮石(たまものしずし)。出雲人祭(いずもひとのいのりまつる)真種之甘美鏡(またねのうましかがみ)。押羽振甘美御神(おしはふるうましみかみ)底宝御宝主(そこたからみたからぬし)。山河之水泳御魂(やまがわのみくくるみたま)静挂甘美御神(しずかかるうましみかみ)。底宝御宝主也(そこたからみたからぬしなり)」と宣託した。天皇は直ちに皇太子の活目入彦命(後の垂仁天皇)を当社に遣わして祀り、「美具久留御魂(みくくるみたま)」の名を贈り、相殿に四神を配祀したという。

概史[編集]

国史では、嘉祥3年(850年)にみえる「河内国和爾神」の神階が従五位上に進んだと見えるが、これを当社に比定する説がある[2]

延長5年(927年)成立の『延喜式神名帳では、河内国石川郡に「美具久留御玉神社」と記載され、式内社に列している[2]。河内国二宮、石川郡総社と称されたともいう。

楠木正成は、建水分神社(上水分社)とともに当社(下水分社)を楠木氏氏神として崇敬し、社領の寄進や社殿造営を行った。天正13年(1585年)、豊臣秀吉の根来寺攻めの兵火により社殿を焼失し、万治3年(1660年)に社殿を再建した。

明治維新後、明治5年(1872年)に近代社格制度において郷社に列している。

境内[編集]

本殿は丘陵の山腹に建てられ、その前に上拝殿が、山麓に下拝殿が建てられている。

また本殿後背の丘陵上には、宮神社裏山古墳群(美具久留御魂神社裏山古墳群)が分布する。古墳時代前期の前方後円墳1基(1号墳)・後期の円墳3基(2-4号墳)の計4基から構成される古墳群である。そのうち前方後円墳(1号墳)は墳丘長約58メートルを測り、墳丘上では円筒埴輪(朝顔形埴輪含む)が検出されているほか、1930年(昭和5年)頃に墳丘付近で銅鏡1面が出土したと伝わる[3][4]

摂末社[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大阪みどりの百選”. 大阪府. 2016年12月23日閲覧。
  2. ^ a b 美具久留御魂神社(平凡社) 1986.
  3. ^ 美具久留御魂神社裏山古墳群第1号墳 史跡説明板。
  4. ^ 「宮神社裏山古墳群の分布調査」『平成27年度 富田林市内遺跡群発掘調査報告書』富田林市教育委員会、2016年、p. 6(リンクは奈良文化財研究所「全国遺跡報告総覧」)。

参考文献[編集]

  • 「美具久留御魂神社」『日本歴史地名大系 28 大阪府の地名』平凡社、1986年。ISBN 458249028X

関連項目[編集]

外部リンク[編集]