叡福寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
叡福寺
Eifukuji02s3200.jpg
金堂
所在地 大阪府南河内郡太子町太子2146
位置 北緯34度31分7.05秒 東経135度38分23.14秒 / 北緯34.5186250度 東経135.6397611度 / 34.5186250; 135.6397611 (叡福寺)座標: 北緯34度31分7.05秒 東経135度38分23.14秒 / 北緯34.5186250度 東経135.6397611度 / 34.5186250; 135.6397611 (叡福寺)
山号 磯長山(しながさん)
宗旨 真言宗系単立
本尊 聖如意輪観世音菩薩
創建年 神亀元年(724年
開基 聖武天皇
別称 上の太子
石川寺・磯長寺・太子寺・御廟寺・聖霊院
札所等 新西国三十三箇所客番
仏塔古寺十八尊 第2番
聖徳太子霊跡6番
河内西国三十三箇所21番
神仏霊場巡拝の道 第57番
文化財 聖霊殿・多宝塔(重要文化財)
聖徳太子墓
テンプレートを表示

叡福寺(えいふくじ)は、大阪府南河内郡太子町にある仏教寺院聖徳太子の墓所とされる叡福寺北古墳(磯長墓〈しながぼ〉)があることで知られる。山号は磯長山(しながさん)、本尊如意輪観音である。開基(創立者)は、聖徳太子または推古天皇とも、聖武天皇ともいわれる。宗派は真言宗系の単立寺院で、太子宗を名乗る。また「上之太子」と呼ばれ、「中之太子」野中寺羽曳野市)、「下之太子」大聖勝軍寺八尾市)とともに三太子の一つに数えられている。

歴史[編集]

この寺にある叡福寺北古墳(磯長墓)には、聖徳太子、太子の母・穴穂部間人皇女、太子の妃・膳部菩岐々美郎女が埋葬されているとされ、「三骨一廟」と呼ばれる[1][2]。叡福寺の所在する磯長(しなが)は蘇我氏ゆかりの地であり、聖徳太子の父(用明天皇)と母はともに蘇我氏の血を引いているが、この古墳の被葬者を聖徳太子とすることについては異説もある。なお、叡福寺近辺には敏達天皇用明天皇、推古天皇、孝徳天皇の陵もある。

寺伝によれば、聖徳太子は生前、推古天皇28年(620年)にこの地を墓所と定めたという。推古天皇29年(621年)、穴穂部間人皇女が没するとここに葬られる。翌年の推古天皇30年(622年)には、相次いで没した聖徳太子と妃の膳部菩岐々美郎女が追葬されたといわれる。太子の没後、伯母にあたる推古天皇が土地建物を寄進し、墓守りの住む堂を建てたのが叡福寺の始まりとされている。約1世紀後の神亀元年(724年)、聖武天皇の発願で東院・西院の2つの伽藍を整備し、西院を叡福寺と称したというが、このことは正史には見えず、史実かどうか定かではない。叡福寺の創建年代については諸説あり、実際の創建は平安時代以降に下るとする見かたもある。

叡福寺は聖徳太子ゆかりの寺として、歴代の天皇や権力者に重んぜられた。平安時代には嵯峨天皇をはじめ多くの天皇が参拝しており、平清盛は子息の平重盛に命じて堂塔の修理をさせている。また聖徳太子は、仏教の興隆に尽力したため、日本仏教の開祖として賛仰された。空海良忍親鸞日蓮一遍など新仏教の開祖となった僧たちが、墓所があるこの寺に参籠したことが知られている。

当寺は、天正2年(1574年)の織田信長による兵火で大きな被害を受け、古代の建物は残っていない。その後、慶長年間(1596年 - 1615年)、後陽成天皇の勅願により豊臣秀頼が伽藍を再興した。

伽藍[編集]

豊臣秀頼により慶長8年(1603年)に再建された聖霊殿(せいりょうでん)と[2]承応元年(1652年)再建[3]の多宝塔が重要文化財に指定されている[4]。南大門をくぐって左側に多宝塔・金堂・聖霊殿があり、正面奥が聖徳太子墓となる。ほかに浄土堂、上の御堂、念仏堂などがある[2]

文化財[編集]

重要文化財(国指定)[編集]

  • 聖霊殿 - 慶長8年(1603年)再建。昭和52年(1977年)1月28日指定。
別名・太子堂(聖徳太子16歳像を祀る)[3]
単層の入母屋造で、桁行3間(7.8メートル)、梁間5間(12.7メートル)、本瓦葺。1間の向拝を備え、南面に桁行3間(7.5メートル)、梁間2間(5.3メートル)の突出部がある(「間」は長さの単位ではなく柱間の数を指す)[5][6]
  • 多宝塔 - 承応元年(1652年)再建。昭和52年(1977年)1月28日指定。
三間多宝塔、本瓦葺[4][7]

府指定文化財[編集]

  • 金堂(附 棟札) - 享保17年(1732年)再建[3]平成13年(2001年)2月2日指定[10]
  • 鐘楼 - 年代不詳(慶長年間〈1596年 - 1615年〉と推定される)[3]。平成13年(2001年)2月2日指定[10]
  • 石造五輪燈 - 年代不詳(鎌倉時代後期[10]と推定される)。昭和52年(1977年)3月31日指定。
高さ2.97メートル、源頼朝の墓といわれる。明治初期に本寺域西側(石塔律院跡)より移建[11]
  • 石造阿弥陀如来坐像 - 平安時代末期。昭和45年(1970年)指定。
門前に位置する隔夜堂の本尊[3]

府指定史跡[編集]

  • 境内 - 平成9年(1997年)2月3日指定[12]

叡福寺北古墳[編集]

叡福寺北古墳(国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成)

叡福寺が聖徳太子磯長廟として祀り、聖徳太子らの墓所とされる叡福寺北古墳は、宮内庁により皇族の陵墓(磯長墓)に指定されている。明治12年(1889年)、学術調査がなされた。聖徳太子の墓所とするのは後世の仮託だとする説もある。古墳は約直径55メートルの円墳で、横穴式石室をもち、内部には3基の棺が安置されているという。中央の石棺に穴穂部間人皇女(母)が葬られ、東と西の乾漆棺(麻布を漆で貼り固めた棺)には東に聖徳太子、西に膳部菩岐々美郎女(妻)が葬られているとされる。

江戸時代までは、参拝のために石室内に入れたというが、明治になり入場が規制され、明治12年(1889年)の修復調査が実施された際に、横穴入口をコンクリートで埋めてしまったため、中を調査することは困難である。また調査の際に、棺は確認できたが、遺骸は風化して残っていなかったとされている。

墳丘の周囲は「結界石」と呼ばれる石の列によって二重に囲まれている。平成14年(2002年)に結界石の保存のため、宮内庁書陵部によって整備され、墳丘すそ部が3か所発掘された。同年11月14日、考古学、歴史学の学会代表らに調査状況が初めて公開された。墳丘の直径が55メートルを下回る可能性が指摘されている。

札所[編集]

太子廟の七不思議[編集]

  1. 樹木が生い茂った御廟内には、松や笹が生えない。
  2. 鳥が巣を造らない。
  3. 大雨が降っても御廟の土が崩れない。
  4. 御廟を取り巻く結界石は何度数えても数が合わない。
  5. メノウ石に太子の御記文が彫られたものが、太子の予言どおりに死後430年後の天喜2年(1054年)に発見された。
  6. 御廟も西にあるクスノキは、母后を葬送したときに、太子自らがかついだ棺の轅(ながえ)を挿したものが芽をふき茂った。
  7. 寛平6年(894年)、法隆寺の康仁大徳が御廟内を拝見した時、太子の着衣は朽ちていたが、その遺骸は生きているように温かくやわらかだった。

韓国人窃盗団による盗難事件[編集]

平成10年(1998年)に高麗仏画「楊柳観音像」を含む仏画32点が盗まれた。平成16年(2004年)10月にソウルで韓国人窃盗団が逮捕され、平成17年(2005年)1月には懲役判決を受けた。韓国では、日本にある高麗仏画は文禄・慶長の役日本統治時代に略奪されたと認識されており、窃盗団は「神が『日本が略奪した我が国の文化財を取り戻せ』と言った」と主張したが、盗品をすぐ売却して金に替えており、金銭目的の犯行だと判明している。「楊柳観音像」は韓国に持ち込まれたといわれているが、行方不明である。[13]

その他[編集]

南大門の南側には聖徳太子の3人の乳母を祀る日本最初の尼寺とされる西方院がある。また聖徳廟と南大門の延長線上の南側にある南林寺は叡福寺の四季講堂であったといわれている(南林寺パンフレットより)。

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 聖徳太子墓”. 太子町. 2015年9月27日閲覧。
  2. ^ a b c 客番札所 磯長山 叡福寺”. 新西国霊場. 新西国霊場会 (2005年). 2015年9月27日閲覧。
  3. ^ a b c d e 叡福寺【府指定史跡】”. 太子町. 2015年9月27日閲覧。
  4. ^ a b 日本の文化遺産 建造物編(下) (2008)、104頁
  5. ^ 叡福寺: 聖霊殿”. 国指定文化財等データベース. 文化庁. 2015年9月27日閲覧。
  6. ^ 建物の実長は『国宝・重要文化財大全 11 建造物上』(毎日新聞社、1998)p.677所収の平面図による。
  7. ^ 叡福寺: 多宝塔”. 国指定文化財等データベース. 文化庁. 2015年9月27日閲覧。
  8. ^ 高屋連枚人墓誌〈蓋共/〉”. 国指定文化財等データベース. 文化庁. 2015年9月27日閲覧。
  9. ^ 大阪府内指定文化財一覧表 - 太子町[Excelファイル/27KB]”. 大阪府. 2015年9月27日閲覧。
  10. ^ a b c 府指定の文化財一覧(建造物)”. 大阪府 (2012年8月17日). 2015年9月27日閲覧。
  11. ^ 日本の文化遺産 建造物編(下) (2008)、114頁
  12. ^ 大阪府ホームページ(府指定の文化財一覧・史跡)
  13. ^ 菅野朋子 【特別リポート】消えた「重要文化財を追え!」壱岐・安国寺の寺宝は「韓国の国宝」になっていた! (『週刊新潮平成17年10月13日号)

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]