神道用語一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

神道用語一覧は、神道専門用語、および、神道と関連する一般用語の一覧である。

  • 五十音順で記載する。
  • 読み方が複数ある場合は、主と思われる読み(少なくとも、ウィキペディアがそのように見なして筆頭に記している読み)を主体とし、それ以外の読みには丸括弧を添えて「主な読み」があることを示す。
    • 用例:「てみずや」の読みで記載の「手水舎」には、(→ちょうずや)を添える。
  • 神道の神神社については、「日本の神の一覧」「神社一覧」を参照のこと。

あ行[編集]

[編集]

相殿 - 葵祭 - 葦原中国 - 梓巫女 - アニミズム - 海部氏系図 - 天津神 - 天津罪 - 天津社 - 現人神 - 荒魂 - 行宮

[編集]

伊勢神道 - 一宮 - 一霊四魂 - 忌火 - 入母屋造 - 磐座 - 磐境-一級

[編集]

うけい - 宇佐鳥居 - 氏神 - 現世 - 産土神

[編集]

英霊 - 絵馬 - 絵馬殿 - 延喜式 - 延喜式神名帳

[編集]

大嘗祭 - 大麻 - 大祓 - 大祓詞 - 奥宮 - 奥都城 - 御師 - 御田植祭 - 御旅所 - 御守 - おみくじ - 御嶽 - 陰陽師

か行[編集]

[編集]

神楽 - 神楽歌 - 神楽殿 - 賢所 - 拍手 - 春日造 - 数霊 - 神 (神道) - 神棚 - 粥占 - 官社 - 元旦祭 - 官幣社 - 神封戸 - 神奈備 - 勧請 - 神嘗祭 - 神主

[編集]

紀元祭 - 紀元節 - 祈年祭 - 旧辞 - 宮中三殿 - 教派神道 - 禁足

[編集]

宮司 - 公事根源 - 群書類従 - 国津神 - 国津罪 - 国津社 - 国造

[編集]

境内 - 境内社 - 穢れ - 兼務神社 - 外宮神道 - 外陣 - 元始祭 - 江家次第 - 賢所 - 眷属

[編集]

合祀 - 郷社 - 皇大神宮儀式帳 - 皇學館大学 - 皇霊殿 - 護国神社 - 国意考 - 国学 - 國學院大學 - 国史大系 - 国造 - 国内神名帳 - 国幣社 - 古事記 - 古語拾遺 - 古事記伝 - 古史通 - 御神体 - 古神道 - 御神宝 - 国家神道 - 言霊 - 言挙げ - 向拝 - 狛犬 - 御霊信仰 - 権現 - 権宮司 - 権正階 - 権禰宜 - 御幣

さ行[編集]

[編集]

斎宮 - 祭祀 - 祭神論争 - 祭政一致 - 賽銭 - 歳旦祭 - 祭文 - - 里宮 - 三種の神器 - 参道 - 三方-三級

[編集]

式外社 - 式内社 - 式年祭 - 式年遷宮 - 地鎮祭 - 紙垂 - 四方拝 - 注連縄 - シャーマン - 社格 - 社務所 - 釈日本紀 - 儒家神道 - 修験道 - 出仕 - 修祓 - 貞観儀式 - 招魂 - 昇神 - 昇神祭 - 掌典職 - 上棟式 - 浄階 - 神域 - 神階 - 神祇 - 神祇官 - 神祇省 - 神祇伯 - 神宮 - 神宮暦 - 神宮大麻 - 神幸祭 - 神座 - 神札 - 神社 - 神社建築 - 神社合祀 - 神社覈録 - 神社庁 - 神社本庁 - 神儒一致 - 新抄格勅符抄 - 新嘗祭 - 神嘗祭 - 神書 - 神職 - 神使 - 神事 - 神人 - 神饌 - 神饌所 - 新撰姓氏録 - 神像 - 神葬祭 - 神体 - 神代巻口訣 - 神体山 - 神代文字 - 神託 - 神典 - 神殿 - 神道 - 神道考古学 - 神道五部書 - 神道集 - 神道集成 - 神道大意 - 神道大系 - 神皇正統記 - 神廟 - 神仏習合(神仏混交) - 神仏分離 - 神宝 - 神本仏迹説 - 神木 - 神名帳 - 神名帳考証 - 神名帳考証土代 - 神明鳥居 - 神輿 - 神紋

[編集]

随身門 - 崇敬 - 崇敬奉賛会 - 垂加神道 - 主基 - 住吉大社神代記 - 住吉鳥居

[編集]

正階 - 遷宮 - 遷座祭 - 先代旧事本紀

[編集]

惣社 - 総社 - 祖霊舎 - 祖霊信仰 - 続神道大系 - 続日本紀 - 続日本後紀

た行[編集]

[編集]

大祭 - 大社 - 大嘗祭 - 高橋氏文 - 高天原 - 託宣 - 祟り - 玉垣 - 玉串

[編集]

千木・鰹木 - 地久祭 - 地久節 - 千早 - 中祭 - 手水舎 - 勅祭 - 直階 - 鎮魂 - 鎮座祭 - 鎮守神 - 鎮守の森

[編集]

月次祭 -

[編集]

手水舎(→ちょうずや) - 帝紀 - 天神 - 天長祭 - 天長節 - 天皇

[編集]

祈年祭(→きねんさい) - 十種神宝-特級 - 特選神名牒 - 常世 - 豊受皇太神御鎮座本紀 - 鳥居 - 採物

な行[編集]

[編集]

内陣 - 直会 - 直会殿 - なぎ

[編集]

新嘗祭 - 和魂 -二級 -二十二社 - 日本書紀 - 日本逸史 - 日本紀略 - 日本後紀 - 日本三代実録 - 日本書紀纂疏 - 日本文徳天皇実録

[編集]

[編集]

禰宜 - 年中行事秘抄

[編集]

- 祝詞

は行[編集]

[編集]

拝殿 - 拝揖 - 八幡愚童訓 - 八幡鳥居 - 八神殿 - 初穂 - 破魔矢 - 破魔弓 - - 祓所 - 蕃神

[編集]

神籬

[編集]

富士講 - 富士信仰 - 富士塚 - 復古神道 - 風土記 - 太占

[編集]

幣殿 - 幣帛 - 別格官幣社

[編集]

奉幣 - 鳳輦 - - 本宮 - 本地垂迹説 - 本朝月令 - 本朝神社考 - 本殿

ま行[編集]

[編集]

真榊 - 禁厭 -

[編集]

神酒 - 三種の神器 - 御饌 - 巫女 - 神輿 - 瑞垣 - - 御手洗 - 明神 - 明神鳥居 - 宮座 - 民間信仰 - 民社

[編集]

村山修験

[編集]

明階

[編集]

詣で - 元宮 - 本宮

や行[編集]

[編集]

- 山宮

[編集]

唯一神道名法要集 - 悠紀 - 湯立神楽

[編集]

黄泉 - 吉田神道 - 依代 - 寄絃

ら行[編集]

[編集]

[編集]

六国史 - 両部神道

[編集]

類聚国史

[編集]

例祭 - 霊璽 - 伶人

[編集]

わ行[編集]

[編集]

度会神道 - 渡り巫女 - 若宮 - 分霊 - 術師