美多彌神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
美多彌神社
Mitami-jinja2.jpg
所在地 大阪府堺市南区鴨谷台一丁49番1号
位置 北緯34度28分30秒
東経135度29分08秒
座標: 北緯34度28分30秒 東経135度29分08秒
主祭神 天兒屋根命
須佐之男命
社格 式内社(小)・村社
本殿の様式 入母屋造
例祭 10月第1日曜日
テンプレートを表示

美多彌神社(みたみじんじゃ)は、大阪府堺市南区にある神社である。式内社で、旧社格村社

天兒屋根命須佐之男命を主祭神とし、明治神社合祀により菅原道真天水分大神大国主命・熊野大神を合せ祀る。

歴史[編集]

南北朝時代以前の歴史は不詳であるが、延喜式神名帳に「美多彌神社」の名が記載されている。社名は民直(みたみのあたい)の祖神を祀ったことによるものである。

南北朝時代楠木正成の守護神とされた。戦国時代天正5年(1577年)、織田信長雑賀衆制圧の際に近くの放光寺とともに焼かれた。文禄元年(1592年)、楠木一族の和田道讃により再建された。

江戸時代には「牛頭天王社」と称され、得泉寺を神宮寺とし、神官と社僧が社務を行っていた。明治神仏分離の際に得泉寺を廃し、八坂神社に改称した。1907年、近隣の村社5社・無格社3社を合祀し、延喜式神名帳に記載される美多彌神社に改称した。

施設[編集]

本殿は明治時代に新しく建てられたもので、拝殿などは1972年に改築されたものである。

境内の鎮守の森は8,250m2あり、シリブカガシ(尻深樫)、アラカシ(粗樫)、サカキ(榊)、クス(樟)などの照葉樹が繁る。特にシリブカガシは樹林を形成するのは稀であり、樹林の東限に近いことから、1973年に大阪府の天然記念物に指定された。またシブカガシの森は大阪みどりの百選に選定されている。[1]

脚注[編集]

  1. ^ 大阪みどりの百選”. 大阪府. 2016年12月23日閲覧。