辛国神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
辛国神社
Karakuni shurine 20180131.jpg
社殿正面
所在地 大阪府藤井寺市藤井寺1-19-14
位置 北緯34度34分9秒
東経135度35分37秒
座標: 北緯34度34分9秒 東経135度35分37秒
主祭神 饒速日命
天児屋根命
素盞鳴命
社格 式内社(小)
村社
創建 不詳(雄略天皇の時代か)
本殿の様式 三間社流造
例祭 夏祭り(7月17日
秋祭り(10月17日
地図
辛国神社の位置(大阪府内)
辛国神社
辛国神社
テンプレートを表示

辛国神社(からくにじんじゃ)は、大阪府藤井寺市藤井寺にある神社式内社で、旧社格村社

祭神[編集]

主殿
相殿

歴史[編集]

「幸国」という名称は、かつてこの地を収めていた物部氏の一支族であり、役小角の弟子であり呪術者の韓国広足を輩出した幸国連に由来している。創建は不詳であるが、日本書紀雄略天皇13年3月条に「餌香長野邑を物部大連に賜う」とあることから、その頃に領地を賜った物部氏が祖先である饒速日命を祀ったことから始まり、後に幸国連が祭祀を司ったものと考えられる[1]日本三代実録には貞観9年(867年)9月26日に官社に列せられたという記述があり、延喜式神名帳では小社に列している[1]

中世に入り、河内守護である畠山基国が社領200石を寄進し、現在の地へ社殿を造営すると同時に奈良春日大社から天児屋根命を合祀したことから、近世にかけて「春日社」と称すようになった[注釈 1][3]大乗院寺社雑事記1458年(長禄2年)7月1日条には神主職は岡村入道及びその先祖が代々興福寺から補任されており、神主が岡村庄の検断権を持っていたという記述がある[1]

明治に入ると現在の「辛国神社」に改称され、1872年(明治5年)に村社に列せられる。1907年(明治40年)に野中村にあった村社野中神社、翌年には葛井寺内にあった藤井寺村字長野の村社長野神社を合祀する[1]。これによって長野神社の祭神であった素盞鳴命も合祀された[3]。その後、野中神社は1950年昭和25年)に野中宮山古墳の後円部頂上に復社されている。

境内[編集]

境内から入って深い緑に覆われた長い参道は1989年平成元年)に「大阪みどりの百選」に選ばれている[2]。また、参道には合祀された「長野神社」と彫られた鳥居があり、これは長野神社より移設されたものである[4]

境内社[編集]

現地情報[編集]

所在地
交通アクセス

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 神社近くの「春日丘」という地名は、そこから由来するものである[2]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 「藤井寺市史」第一巻通史編一638頁(1997年)
  2. ^ a b 辛國神社(からくにじんじゃ) - 藤井寺市観光協会2018年1月30日 閲覧
  3. ^ a b 南河内屈指の長さと美しさを持つ参道 辛国神社のご紹介 〜藤井寺市〜2018年1月30日 閲覧
  4. ^ 「藤井寺市史」第一巻通史編一635頁(1997年)

関連項目[編集]

  • 高屋神社 - 羽曳野市にある式内社。辛国神社と同じく饒速日命を祀っており、物部氏の一支族である高屋連の本貫地であった。

外部リンク[編集]