岩湧寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
岩湧寺
Iwawakiji1.jpg
本堂
所在地 大阪府河内長野市加賀田3824番地
位置 北緯34度22分50.2秒 東経135度33分25.2秒 / 北緯34.380611度 東経135.557000度 / 34.380611; 135.557000座標: 北緯34度22分50.2秒 東経135度33分25.2秒 / 北緯34.380611度 東経135.557000度 / 34.380611; 135.557000
山号 湧出山
宗派 融通念仏宗
創建年 大宝年間(701年~703年)
開基 (伝)役小角
正式名 湧出山岩湧寺
文化財 多宝塔、大日如来像(以上は国の重要文化財)
法人番号 4120105005424
テンプレートを表示
多宝塔(重文)

岩湧寺(いわわきじ)は大阪府河内長野市加賀田にある寺院。標高898メートルの岩湧山の中腹に位置する。山号は湧出山

概要[編集]

伝承によれば、開基は役小角で、創建は大宝年間(701年~704年)とされる。後に文武天皇勅願寺に定められ、桃山時代豊臣氏の庇護を受けた。現在は融通念仏宗の寺院であるが、元は天台宗である。本堂は江戸時代初期に建てられたと考えられている。多宝塔は天文年間頃に建てられ国の重要文化財で、内部には本尊大日如来像(国の重要文化財)と愛染明王像を安置する。また老杉は大阪みどりの百選に選定されている[1]

文化財[編集]

重要文化財(国指定)
市指定文化財

脚注[編集]

  1. ^ 大阪みどりの百選”. 大阪府. 2016年12月23日閲覧。

外部リンク[編集]