伽羅橋駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
伽羅橋駅
伽羅橋駅舎
伽羅橋駅舎
きゃらばし
KYARABASHI
NK16 羽衣 (1.0km)
(0.5km) 高師浜 NK16-2
所在地 大阪府高石市羽衣五丁目15番18号
駅番号 NK16-1
所属事業者 Nankai group logo.svg南海電気鉄道
所属路線 Nankai mainline symbol.svg高師浜線
キロ程 1.0km(羽衣起点)
駅構造 高架駅
ホーム 単式 1面1線
乗降人員
-統計年度-
1,593人/日
-2014年-
開業年月日 1918年大正7年)10月2日
備考 無人駅
テンプレートを表示

伽羅橋駅(きゃらばしえき)は、大阪府高石市にある、南海電気鉄道高師浜線駅番号NK16-1

駅構造[編集]

単式1面1線のホームを持つ高架駅である。ホームは2階、線路から見て西側にあり、高師浜方面と羽衣方面の双方が発着する。ホーム長は3両分程度あるが、現在は2両編成なので途中で塞がれている。1階のコンコースは高架の柱がむき出しとなっている。無人駅のため窓口は封鎖されている。トイレは設置されている。

ホームの様子

利用状況[編集]

2014年(平成26年)度の1日平均乗降人員1,593人である。

年度 1日平均
乗降人員
1日平均
乗車人員
順位 出典
2000年 2,242 1,168 [1]
2001年 2,188 1,140 [2]
2002年 2,126 1,103 [3]
2003年 2,015 1,041 [4]
2004年 1,952 1,006 [5]
2005年 1,978 1,020 [6]
2006年 2,003 1,023 [7]
2007年 1,958 996 [8]
2008年 1,924 971 [9]
2009年 1,803 907 [10]
2010年 1,763 882 [11]
2011年 1,698 848 [12]
2012年 1,640 816 70位 [13]
2013年 1,653 818 [14]
2014年 1,593 786 [15]

駅周辺[編集]

駅の東側には小さいながらも駅前広場がある。周囲には邸宅が多くあり、戦前には「キヤラバシ園」と呼ばれる一角もあった。

歴史[編集]

  • 1918年大正7年)10月2日 - 南海鉄道の駅として、高師浜線と同時に開業。開業後1年間は終着駅でもあった。
  • 1919年(大正8年)10月25日 - 高師浜線が高師浜まで延伸。途中駅となる。
  • 1944年昭和19年)6月1日 - 会社合併により近畿日本鉄道の駅となる。
  • 1947年(昭和22年)6月1日 - 路線譲渡により南海電気鉄道の駅となる。
  • 1970年(昭和45年)2月1日 - 高架化。

隣の駅[編集]

南海電気鉄道
Nankai mainline symbol.svg高師浜線
羽衣駅 (NK16) - 伽羅橋駅 (NK16-1) - 高師浜駅 (NK16-2)
  • ()内は駅番号を示す。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]