天児屋命

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

天児屋命(あめのこやねのみこと)は、日本神話に登場する

概要[編集]

神社の祭神としては天児屋根命とも表記される。春日権現(かすがごんげん)、春日大明神とも呼ぶ。居々登魂命(こごとむすび)の子で、妻は天美津玉照比売命(あめのみつたまてるひめのみこと)。天押雲命の父。

岩戸隠れの際、岩戸の前で祝詞を唱え、天照大神が岩戸を少し開いたときに太玉命とともに鏡を差し出した。天孫降臨の際瓊瓊杵尊に随伴し、古事記には中臣連の祖となったとある。

系譜[編集]

津速産霊命の御子神興台産霊命の御子神で、天美津玉照比売命を娶って、天押雲命天御桙命天表春命天下春命をもうける。

信仰[編集]

中臣連の祖神であることから、中臣鎌足を祖とする藤原氏氏神として信仰された。

中臣神社京都市山科区)、枚岡神社大阪府東大阪市)、春日大社奈良県奈良市)、吉田神社京都市左京区)などに祀られている。

関連項目[編集]