ミヅハノメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イザナミの病と死によって生まれた神々(『古事記』に基づく) SVGで表示(対応ブラウザのみ)

ミヅハノメは、日本神話に登場するである。

概要[編集]

古事記』では弥都波能売神(みづはのめのかみ)、『日本書紀』では罔象女神(みつはのめのかみ)と表記する。神社の祭神としては水波能売命などとも表記される。淤加美神とともに、日本における代表的な水の神(水神)である。

『古事記』の神産みの段において、カグツチを生んで陰部を火傷し苦しんでいたイザナミがした尿から、和久産巣日神(ワクムスビ)とともに生まれたとしている。『日本書紀』の第二の一書では、イザナミが死ぬ間際に埴山媛神(ハニヤマヒメ)と罔象女神を生んだとし、埴山媛神と軻遇突智(カグツチ)の間に稚産霊(ワクムスビ)が生まれたとしている。

解説[編集]

神名の「ミヅハ」は「水走」と解して灌漑のための引き水のことを指したものとも、「水つ早」と解して水の出始め(泉、井戸など)のことともされる。『古事記』には他に闇御津羽神(クラミツハ)があり、これも同じ語源と考えられる。「ミツハ」に「罔象」の字が宛てられているが、罔象は『准南子』などの中国の文献で、小児などの姿をした水の精であると説明されている。

灌漑用水の神、井戸の神として信仰され、祈雨、止雨の神得があるとされる。丹生川上神社奈良県吉野郡)などで淤加美神とともに祀られているほか、各地の神社で配祀神として祀られている。大滝神社(福井県越前市)摂社・岡田神社では、ミヅハノメが村人に紙漉を教えたという伝説が伝わっている。

『上記』(うえつふみ)の記述[編集]

江戸時代の偽書とされる『上記』(うえつふみ)によると、ミヅハノメは、夫ミヅハノオとともに、地下水の治水を司る神である。イザナギ・イザナミは、このニ人の夫婦神に、「山野に含まれる水=地下水は、天の安河原の水なので、汝らがこれを治めて、外に溢れ出さないように、植物の生育の助けとなるように管理せよ」と命じたが、記紀ではこの部分が省略されている。

しかし、『上記』(うえつふみ)は江戸時代に創作された偽書とされており、信憑性に大きく欠ける(詳細は豊国文字#資料)。

関連項目[編集]