天之麻迦古弓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

天之麻迦古弓(あめのまかこゆみ)は、日本神話に登場する弓。天若日子(あめのわかひこ)が持っていた弓矢(弓)で、天之波士弓(あめのはじゆみ)、天鹿児弓(あめのかごゆみ)、とも表記される[1]

天羽々矢(あめのははや)と共に、葦原中国に遣わされる天若日子に与えられた。

神話[編集]

葦原中国平定において、高天原の命を受けて葦原中国を訪れた天若日子は、8年たっても高天原に戻らず、逆に高天原から派遣された雉を射殺してしまう。この時に使われたのが、天之麻迦古弓と天羽々矢である。

雉を殺した天羽々矢は高天原まで届き、高木神が矢を投げ返すと、その矢にあたり天若日子は死んでしまった。

表記の比較[編集]

出典や場面によって、出てくる弓の名前が異なる場合がある。

古事記には、天之麻迦古弓、天之波士弓
日本書紀には、天鹿児弓、天梔弓(あまのはじゆみ)
古事記には、天之波波矢、天之加久矢
日本書紀には、天羽々矢、天真鹿児矢

脚注[編集]

  1. ^ 竹田恒泰『現代語古事記 ポケット版』学研プラス、2016年。ISBN 978-4-05-406454-6