天羽々斬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

天羽々斬(あめのはばきり、あめのははきり)とは日本神話に登場する刀剣[1]。「天羽々斬剣」(あめのはばきりのつるぎ) 、石上神宮では「布都斯魂剣」として祀られる。 別名「天十握剣」(あめのとつかのつるぎ)[2]、 「蛇之麁正」(おろちのあらまさ)[3][4]、 「蛇之韓鋤」(をろちのからさひ/おろちのからさび)[5][6][7]、 「天蠅斫剣」(あめのははきりのつるぎ/あめのはえきりのつるぎ)[8][9][10]

概要[編集]

スサノオ出雲国ヤマタノオロチを退治した時に用いた神剣[11][12]。大蛇を斬った時、体内にあった天叢雲剣(草薙剣)にあたって切先が欠けてしまった[13][14]。 当初は十掌剣/十握剣/天十握剣としか言及されず、古事記日本書紀本文では固有名詞を与えていない[15]。十掌剣とは「一握り十個分の長さの剣(約75.8㎝~78.8㎝)」という普通名詞である[16][17][18]。 スサノオの十握剣には、八岐大蛇退治の時に天羽々斬剣と名称がつけられた[19][20]日本書紀では複数の別名がある(上述)[10][7]。伝承によれば、現在は石上神宮で祀られている[21][22]

神話[編集]

三貴子の一柱、須佐之男命(素戔嗚尊)が最初にもっていた十掌剣は、天照大御神(アマテラス)宇気比(誓約)した際、姉神によって三つに折られて口に含まれ[23][24]宗像三女神多紀理毘売命市寸島比売命多岐都比売命)となった(古事記、日本書紀本文)[25][26][27]

天岩戸隠れを経て高天原を追放されたスサノオは、新たな剣を持っていた。まずオオゲツヒメ(大気都比売神)を斬り殺すが[28][29]、剣の名称について古事記は言及していない[30]。日本書紀で穀物神の保食命(ウケモチノ神)を斬り殺したのはツクヨミ(月読尊)である[31][32]

つづいて出雲国に来たスサノオは、アシナヅチとテナヅチおよび愛娘クシナダヒメ(櫛名田比売)と出会う[33][34]。スサノオはクシナダヒメを救って妻とするため、ヤマタノオロチ(八俣遠呂智)を倒す[35][36]。 スサノオは酒に酔って寝た八岐大蛇を、身につけていた十掌剣(天十握剣)で斬り刻む[37][38]。 この大蛇の尾を斬ったとき、十掌剣の刃が欠けたので、尾を裂いてみると都牟羽の大刀/都牟刈の剣(非常に鋭い剣)が出てきた[39][40]。これが天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)であり、その別称が草薙剣(くさなぎのつるぎ)とされる[41][42]。スサノオは天叢雲剣を天照大神に献上した[43]。伝承によれば、三種の神器となった天叢雲剣(本体)は、現在も熱田神宮で祀られている[44]

八岐大蛇を斬った十拳剣と、八岐大蛇から取り出した天叢雲剣(草薙剣)とも、古事記・日本書記・他説話で、名称や行方に若干の差異がある[45]。ただし十握剣の名称は、いずれも「」に関連する名前を持つ[9]。 まず『古語拾遺』では「天羽々斬」(あめのはばぎり)と呼ぶ[46]。「羽々(はは)」とは大蛇の意[47]

日本書紀では複数の異称を伝える[9][48]。 神代紀上・第八段第二の一書では「蛇の麁正」(おろちのあらまさ)と呼称し[15]、「其の蛇を断りし劒をば、號けて蛇の麁正と曰ふ。此は今石上(いそのかみ)に在(ま)す」とある[12][49][50]。 第三の一書では「蛇の韓鋤」(おろちのからさひ)と呼称し、「其の素戔嗚尊の、蛇を斬(断)りたまへる剣(蛇の韓鋤)は、今吉備の神部(かむとものを)の許(ところ)に在す。出雲の簸の川上の山是なり」とある[51][15][52]。「韓鋤」とは朝鮮半島由来の意味と思われる[48]。 第四の一書では「天蠅斫剣」(あめのははきりのつるぎ)と呼称する[53][15][54]。「蠅」は借字とされるが[55]、「刃の上を蠅が飛んで自然に切れて落ちたから」という伝説もある[10][56]

一般的に、天羽々斬剣はまず石上布都魂神社(備前国赤坂郡)に祭られた[57][58]。その後、崇神天皇の代に石上神宮に移されたとされる[59]。石上神宮では、布都斯御魂(ふつしみたま)として祀られている[60]。 現在の石上神社で祀られるようになった経緯については、崇神天皇時代に出雲国造が献上した神宝[61]に関わる異説もある[48]

なお桓武天皇の時代、石上神宮の神宝が桓武天皇に祟った事がある。『日本後紀』によれば、平安京遷都後の桓武天皇は、都の守りのために石上神宮の総ての神宝(剣)を葛野郡(山城国)に移動した(巻12、延暦23年2月5日条)[62]。すると桓武天皇は病に倒れ、石上大神(布留御魂大神)の祟りと判明した(延暦24年/805年、2月10日条)[62][63]

現在[編集]

現在、石上神宮では天羽々斬剣とされる鉄刀が、布都御魂剣とともに本殿内陣に奉安され祭られている[64]。これは明治11年(1878年)の石上神宮の社殿建造のための禁足地発掘の際、出土した全長120cm位の片刃の刀である。本殿内陣には布都御魂剣とこの片刃鉄刀の他に、同じ明治11年の発掘で出土した全長60cm位の両刃の鉄剣も奉安され祭られているが、片刃鉄刀の方を天羽々斬剣としている。

石上布都魂神社布都明神を祀っていたが、明治時代に祭神を素戔嗚尊に改めた[65]鹿島神宮にも、「十握剣」とされる直刀(国宝)が納められている[66]。。

参考文献[編集]

  • 稲田智宏 『三種の神器 謎めく天皇家の秘法』 株式会社学習研究社〈学研新書〉、2007年6月。
  • 『古事記』 倉野憲司、岩波書店〈岩波文庫〉、1963年1月。ISBN 4-00-300011-0
  • 坂本太郎、家永三郎、井上光貞、大野晋校注 『日本書紀(一)』 岩波書店〈岩波文庫〉、1994年9月。ISBN 4-00-300041-2
  • 宇治谷孟 『日本書紀(上) 全現代語訳』 講談社〈講談社学術文庫〉、1988年6月。ISBN 4-06-158833-8
  • 斎部広成撰、西宮一民校注 『古語拾遺』 岩波書店〈岩波文庫〉、1985年3月。ISBN 4-00-300011-0
  • 西郷信綱 「第九 大蛇退治」『古事記注釈 第一巻』 平凡社、1975年1月。
  • 新谷尚紀 「第三章 三種の神器と神宮神宝 ―神話と歴史の解読」『伊勢神宮と三種の神器 古代日本の祭祀と天皇』 講談社〈講談社選書メチエ〉、2013年11月。ISBN 978-4-06-258565-1
  • 次田真幸 『古事記(上)全訳注』 講談社〈講談社学術文庫〉、1977年12月。ISBN 4-06-158207-0
  • 戸矢学 「第二章 草薙剣 天皇への祟りから、英雄の佩刀へ。変貌する流転の秘宝」『三種の神器 〈玉・鏡・剣〉が示す天皇の起源』 河出書房新社、2012年12月。ISBN 978-4-309-22583-8
  • 福永酔剣 『日本刀大百科事典<全5巻> 第1巻 あ―かっ』 雄山閣出版〈日本刀大百科〉、1993年11月。ISBN 4-639-01202-0
  • 福永酔剣 『日本刀大百科事典<全5巻> 第2巻 かっ―さ』 雄山閣出版〈日本刀大百科〉、1993年11月。ISBN 4-639-01202-0
  • 福永酔剣 『日本刀大百科事典<全5巻> 第4巻 とぅ―ほぅ』 雄山閣出版〈日本刀大百科〉、1993年11月。ISBN 4-639-01202-0
  • 古田敦彦、古川のり子 『日本の神話伝説』 青土社、1996年6月。ISBN 4-7917-5468-9

脚注[編集]

  1. ^ 稲田、三種神器120頁【古語拾遺】
  2. ^ 古語拾遺講義コマ17頁(原本26頁)『●天十握劒、天は稱へて言ふ、其は天の物は、皆尊く美しき故に、總へてほめ稱へて天の某と云ふなり、十握は手にして十握ほどの長さなるを云ふ』
  3. ^ 日本書紀講義神代コマ111(原本212頁)『○蛇之麁正』
  4. ^ 日本刀大百科事典1巻246頁 おろちのあらまさ【蛇之麁正】
  5. ^ 日本書紀講義神代コマ113(原本216頁)『○蛇韓鋤之劒』
  6. ^ 神道大辞典一巻コマ172(原本290頁)『オロチノカラサビノツルギ 蛇韓鋤之劍をろちのからさびのつるぎ → オロチノ麁正アラマサ
  7. ^ a b 日本刀大百科事典1巻246頁 おろちのからさびのつるぎ【蛇韓鋤剣】
  8. ^ 日本の神話伝説98-99頁
  9. ^ a b c 稲田、三種神器122-125頁『1 大蛇を斬った剣』
  10. ^ a b c 日本刀大百科事典1巻50-51頁 あめのはえきりのつるぎ【天蠅斫剣】
  11. ^ 稲田、三種神器116-117頁『宝剣』
  12. ^ a b 西郷(1975)古事記注釈一巻378-379頁『○《十拳トツカ剣》』
  13. ^ #三体古事記コマ35-36(原本49-51頁)『故、其の中の尾を切りたまふ時、御刀の刃毀けき。怪と思して、御刀の端をもて、刺割きて見しゝかば、都牟刈之大刀あり。故、此の大刀を取らして、異物ぞ思して、天照大御神に白上げたまひき。是は草薙大刀なり。』
  14. ^ 神道大辞典三巻コマ229(原本378頁)『ヤマタノオロチ 八岐やまたの大蛇ヲロチ・八俣呂袁智』
  15. ^ a b c d 伊勢神宮と三種神器219-220頁『神話の鉄劒』
  16. ^ 古事記(上)全訳注58頁『○十拳剣/○天之尾羽張/○伊都之尾羽張』
  17. ^ 稲田、三種神器122頁(イザナギカグツチを殺した天之尾羽張/伊都之尾羽張も十掌剣である)
  18. ^ 日本刀大百科事典4巻32頁 とつかのつるぎ【十握剣】
  19. ^ 日本書紀(岩波文庫)1巻93頁(注一一)
  20. ^ 古語拾遺講義コマ17頁(原本26頁)『●天羽々斬は劒の名なり』
  21. ^ 日本書紀講義神代コマ111(原本212-213頁)『○今在石上宮
  22. ^ 古語拾遺講義コマ17頁(原本26頁)『●石上神宮は、大和國山邊郡にあり、今官幣大社に列せらる』
  23. ^ 古事記(上)全訳注80-82頁『二 二神の誓約生み』
  24. ^ 伊勢神宮と三種神器199-201頁『両性交差』
  25. ^ 古事記(岩波文庫)33-35頁『2 天の安の河の誓約』
  26. ^ 伊勢神宮と三種神器196頁『(3)「天の安の河原の誓約」の段』
  27. ^ 西郷(1975)古事記注釈一巻274-277頁『五男三女の所属』
  28. ^ 古事記(岩波文庫)38頁『5 五穀の起原』
  29. ^ 西郷(1975)古事記注釈一巻356頁『五穀の起源』
  30. ^ 古事記(上)全訳注95頁『四 大気都比売神』
  31. ^ 古事記(上)全訳注96-97頁『解説』
  32. ^ 日本書紀(岩波文庫)1巻346-347頁『補注六六 保食神の死』
  33. ^ 古事記(上)全訳注97-99頁『五 八俣の大蛇』
  34. ^ 西郷(1975)古事記注釈一巻362-363頁『八俣の大蛇』
  35. ^ 古事記(岩波文庫)39-41頁『6 須佐之男命の大蛇退治』
  36. ^ 西郷(1975)古事記注釈一巻374-375頁『四 草薙の剣』
  37. ^ 古事記(上)全訳注103頁『○切りはふり』
  38. ^ 古語拾遺(岩波文庫)78頁『補注四八』
  39. ^ 古事記(上)全訳注103頁『○都牟羽の大刀』
  40. ^ 西郷(1975)古事記注釈一巻379頁『○《都牟刈の大刀》』
  41. ^ 古事記(上)全訳注103頁『○草なぎの大刀』
  42. ^ 宇治谷、書紀(上)46-47頁『八岐大蛇』
  43. ^ 古語拾遺(岩波文庫)23-24頁『素神の霊剣献上』
  44. ^ 古語拾遺講義コマ17頁(原本26-27頁)『●天叢雲と名つけたる事、本注に見えたる如し、これ即我國三種の神寶の一にして、今は熱田神宮土用殿にまします』
  45. ^ 稲田、三種神器121-122頁『●宝剣の出現』(一覧表)
  46. ^ 古語拾遺講義コマ16-17頁(原本25-26頁)『素戔嗚神自天而降到於出雲國簸之河上。以天十握劒。其名天羽々斬。今在石上神宮。古語。大蛇謂之羽々。言斬蛇也。斬八岐大蛇。其尾中得一靈劔其名曰天叢雲大蛇之上常有雲氣故以爲名倭武尊東征之年到相模國遇野火難即以此劔薙草得免更名草薙劔也乃獻上於天神也。然後素戔鳴神。娶國神女生大己貴紳古語。於保那武智神遂就於根國矣。』
  47. ^ 古語拾遺講義コマ17頁(原本26頁)『●古語大蛇謂之羽々、大蛇をはゝと云ひたる事、諸書に見えず、ヘビまたハムなど云へばそれよりうつりたるならんか』
  48. ^ a b c 神道大辞典一巻コマ171-172(原本289-290頁)『オロチノアラマサ をろちの麁正あらまさ 素戔嗚尊が八岐大蛇を斬られた劍の一名。『日本書紀』斬蛇段第二の一書に「其斷蛇剱號曰蛇之麁雅、此今在石上也」とある。但し同段第三の一書には「素戔嗚乃以蛇韓鋤許也」とあつて劍名及び在所が二つながら異なつてゐる。麁正の語義の解釋は古來不定であるが、韓鋤は朝鮮制の劍の意である。其の在所については『古事記傳』に、その石上とは『延喜式神名帳』備前國赤阪郡に「石上布都之魂神社」とある神社であらうとし、『通釋』には崇神巻二十六年及び八十七年の文に、物部十市根大連が、詔を承けて出雲の神寶を掌つたとある記事を引いて、此の劍は元來出雲神宮に藏したのを京に召上げたまひ、其の際改めて石上に納められたが、後故あつて又備前國へ遷されたのであらうとの想像説を出してゐる。此の説に從ふと、問題になるのは『日本書紀』より後、大同二年に書かれた『古語拾遺』に「今在石上神宮と記されてゐるのと衝突するが、『通釋』は「又故有て、再び石上に遷し奉」つたのであらうとしてゐる。『大日本史』神祇志には備前説を採り大和石上社最も著るるより『古語拾遺』にも大和國石上神宮としたるかといふ。』
  49. ^ 日本書紀(岩波文庫)1巻96頁(本文)
  50. ^ 宇治谷、書紀(上)48-49頁『一書(第二)』
  51. ^ 日本書紀(岩波文庫)1巻98頁(本文)
  52. ^ 宇治谷、書紀(上)49頁『一書(第三)』
  53. ^ 日本書紀(岩波文庫)1巻96頁(本文)
  54. ^ 宇治谷、書紀(上)49-50頁『一書(第四)』
  55. ^ 日本書紀講義神代コマ114(原本218頁)『○天蠅斫之劒』
  56. ^ #神話と伝説コマ288-289(原本513-514頁)『四十一 石上の神寶/十握の劍は、別名を羽々斬の劍とも呼ぶが、羽々はばとは蛇の名なので、大蛇を斬つてから此の名がついた。又別名をはへきりと云ふのは、刃の上を蠅が飛ぶと、自然に切れて落ちるから、その名があるのだと云ふ。 一體劍は、素戔嗚尊が、天よりお下りの時に、御佩用なされたもので、今は石上のお宮に収められてゐる。(以下略)』
  57. ^ 古語拾遺(岩波文庫)78頁『補注五一』
  58. ^ 日本書紀講義神代コマ113(原本216頁)『○今在吉備神部許 神名式に、備前國赤坂郡石上布都之魂神社とある社に鎭座すを云うたのである。神部は、神社に仕へ奉る人どもを云へるが、こゝはカバネを云うたのであらう。』
  59. ^ 戸矢、三種神器72-73頁
  60. ^ 官幣大社参詣記コマ40(原本57-59頁)『布都斯御魂は、素戔嗚神が出雲簸川上にて、八岐大蛇を斬り給ひし天十握御劒である。』
  61. ^ 日本書紀(岩波文庫)1巻298頁(本文)、299頁(注八、注九)
  62. ^ a b 伊勢神宮と三種神器251-252頁『桓武天皇と石上神宝』
  63. ^ 戸矢、三種神器74-75頁
  64. ^ 戸矢、三種神器69-70頁『■フツシミタマノツルギは"内反り"』
  65. ^ 神道大辞典一巻コマ73(原本117頁)『イソノカミフツノミタマジンシャ 石上布都之魂神社 岡山縣赤磐郡布都美村石上に鎭座。郷社。素戔嗚尊を祀る。延喜式内の小社で『國内神名帳』には從四位下布都明神明神と記さる。江戸時代には藩主池田家の崇敬篤く、延實元年には二十石の社領を寄せ、又社殿を修造した。例祭日、十月二十日』
  66. ^ 戸矢、三種神器59-61頁『■鹿島神宮の十握剣』

関連項目[編集]

外部リンク[編集]