地神五代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

地神五代(ちじんごだい)とは、日本神話において、天照大神天忍穂耳尊瓊瓊杵尊火折尊鸕鶿草葺不合尊の5柱の神々およびそれらの神々の時代(『日本書紀』神代下に相当)のこと。天神七代人皇の間に位置する。

「地神」とは地の神のことで、天の神を意味する「天神」と対称をなす語である。

なお、8世紀の『日本書紀』には天神七代、地神五代という呼び方はないが、平安末期には天神七代・地神五代の定式化がすでになされていたとされる[1]

地神五代のうち、瓊瓊杵尊火折尊鸕鶿草葺不合尊の3柱の神々およびそれらの神々の時代は、「日向三代」とも言われた(9世紀『先代旧事本紀』)。

系図[編集]

 
 
 
 
天照大神
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
天穂日命
 
天忍穂耳尊
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
出雲氏
 
瓊瓊杵尊
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
天火明命
 
火折尊
 
火須勢理命
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
尾張氏
 
鸕鶿草葺不合尊
 
隼人
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1 神武天皇
 


脚注[編集]

  1. ^ 『日本書紀纂疏』における帝王の系譜 二藤京、高崎経済大学論集第49巻第3・4合併号、2007

関連項目[編集]