日本神話における食物起源神話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

日本神話における食物起源神話(にほんしんわにおけるしょくもつきげんしんわ)では、日本神話における、食物の起源に関する神話について記述する。

日本神話における食物起源の記述には、東南アジアでよく見られるハイヌウェレ神話の特徴が見られる。即ち、排泄物から食物などを生み出す神を殺すことで食物の種が生まれたとするものである。

また、天から食物の種を携えた神が天降って来たとする記述も見られる。これはギリシャのデーメーテール神話に類似している。

ハイヌウェレ神話型[編集]

大気都比売神と須佐之男命[編集]

古事記においては、岩戸隠れの後に高天原を追放された速須佐之男命(素戔嗚尊)が、食物神である大気都比売神(おほげつひめ)に食物を求めた話として出てくる。

大気都比売は、鼻や口、尻から様々な食材を取り出して調理して須佐之男命に差しあげた。しかし、その様子を覗き見た須佐之男命は食物を汚して差し出したと思って、大気都比売を殺してしまった。

大気都比売の屍体から様々な食物の種などが生まれた。頭に蚕、目に稲、耳に粟、鼻に小豆、陰部に麦、尻に大豆が生まれた。神皇産霊尊(神産巣日御祖命・かみむすび)はこれらを取って五穀の種とした。

保食神と月夜見尊[編集]

日本書紀においては、同様の説話が神産みの第十一の一書に月夜見尊(月読命・つくよみ)と保食神(うけもち)の話として出てくる。

天照大神はツクヨミに、葦原中国にいるウケモチという神を見てくるよう命じた。ツクヨミがウケモチの所へ行くと、ウケモチは、口から米飯、魚、毛皮の動物を出し、それらでツクヨミをもてなした。ツクヨミは汚らわしいと怒り、ウケモチを斬ってしまった。それを聞いたアマテラスは怒り、もうツクヨミとは会いたくないと言った。それで太陽と月は昼と夜とに別れて出るようになったのである。

アマテラスがウケモチの所に天熊人(あめのくまひと)を遣すと、ウケモチは死んでいた。保食神の亡骸の頭から、額から、眉から、目から、腹から、陰部から大豆小豆が生まれた。アメノクマヒトがこれらを全て持ち帰ると、アマテラスは喜び、民が生きてゆくために必要な食物だとしてこれらを田畑の種とした。

稚産霊[編集]

また、日本書紀における神産みの第二の一書には、火の神軻遇突智(火之迦具土神・かぐつち)と、伊弉冉尊(伊邪那美命・いざなみ)が亡くなる直前に生んだ土の神・埴山媛(はにやまひめ)の間に生まれた稚産霊(和久産巣日神・わくむすひ)の頭の上に蚕と桑が生じ、臍(ほぞ)の中に五穀が生まれたという説話がある。ワクムスビが亡くなる(殺された)かどうかの記述はないが、ハイヌウェレ神話型に分類されるものである。

デーメーテール神話型[編集]

ニニギ[編集]

日本書紀における天孫降臨の第二の一書には、天照大神が、高天原にある稲穂を天忍穂耳命(あめのおしほみみ)に授け、オシホミミは天降る際に生まれた瓊々杵尊(邇邇芸命・ににぎ)にそれを授けて天に帰ったとの記述がある。

また、日向国風土記逸文には、天降ったニニギが天から持って来た籾を地上に撒き散らしたとある。

伊雑宮における神話では、稲はアマテラスが、高天原の斎の神田にある稲穂を持ち込んだとされる。

五十猛神[編集]

日本書紀におけるヤマタノオロチ退治の第四の一書では、高天原を追放された素戔嗚尊は新羅に降りたが、「ここにはいたくない」と言って出雲へ向かう。この時、スサノヲの子の五十猛神(いそたける)は高天原から持って来た木々の種を新羅には植えず大八洲国(日本)に撒いたので、大八洲国は青々とした地になったとしている。

上記の神話とは異なるが、乙女座(デーメーテール)の持っている麦穂(スピカ)はギリシャでは麦星と呼ばれている。日本では牛飼い座のアークトゥルスが麦星と呼ばれている。いずれもがその経度に於けるの穂が実る時期に表れる星で農業に於ける収穫時期に共通した信仰があった事が伺える。

縄文の神話[編集]

神話学者の吉田敦彦は、縄文時代中期の土偶の大半が地母神的な女性を表現しており、且つ破壊されている点に注目した[1]。これは「地母神が殺されてバラバラにされ、そこから人々の役に立つものが誕生した」という神話を、女神の表象である土偶を破壊して分割する行為によって儀礼的に再現した痕跡ではないか、と考えたのである[1]。この説によるとハイヌウェレ型神話は芋(あるいは五穀)栽培と共に既に縄文中期に日本列島で知られていた、という事になる[2]

出典[編集]

  1. ^ a b 『日本人の女神信仰』 吉田敦彦
  2. ^ 吉田敦彦 『昔話の考古学 山姥と縄文の女神』 中央公論社