ムギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
美瑛町の小麦畑
麦類の分類
オオムギの実

(むぎ)とは、コムギオオムギライムギエンバクなど[1]外見の類似するイネ科穀物やその子実の総称[2]。ただし、単に「麦」というときはオオムギとコムギを言うことが多い[2]

名称と範囲[編集]

範囲[編集]

麦類にはコムギ、オオムギ、ライムギ、エンバクなどを含む[2]英語には、多くの種類を総称した日本語の「ムギ」に相当する表現はなく、種類によってbarley(大麦)、wheat(小麦)などと使い分けられている。

農林水産省の統計では、オオムギをカワムギ英語版ハダカムギに分け、コムギとともに「三麦」としている[2]。また、オオムギから二条大麦(ビールムギHordeum distichum)を分けて四麦(よんばく)として扱っている[2]

二年草であることから、去年草(こぞくさ)という異称がある。

名称に「ムギ」や「バク」の付く植物[編集]

…ムギ・…バクと呼ばれる植物は、イネ科イチゴツナギ亜科に広く分布している。コムギ、オオムギ、ライムギ、エンバクはいずれもこの亜科に属する。ただし例外的にハトムギキビ亜科で、コムギやオオムギよりススキトウモロコシに近縁である。

必ずしも種子を食用・飼料用とするとは限らず、牧草として栽培されたり、雑草として自生したりするものもある。

出典[編集]

  1. ^ 万有百科大事典』(小学館)、『広辞苑』(岩波書店)。ただし広辞苑ではオオムギの変種であるハダカムギも例に挙げている。
  2. ^ a b c d e 兵庫県植物防疫情報”. 兵庫県農業共済組合. 2022年3月28日閲覧。
  3. ^ Two-row Barley
  4. ^ 四条オオムギは六条オオムギのlooseなものを言う。
  5. ^ Six-row Barley

関連項目[編集]