ムギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
美瑛町の小麦畑
麦類の分類
オオムギの実

(むぎ)とは、コムギオオムギライムギエンバクなど[1]の、外見の類似したイネ科穀物の総称である。

農林水産省の統計では、コムギおよびオオムギの3変種(カワムギ英語版ハダカムギビールムギ(Hordeum distichum))を四麦(よんばく)として扱っている。コムギと六条オオムギ(カワムギ、ハダカムギ)を三麦と呼ぶ場合もある。

二年草であることから、去年草(こぞくさ)という異称がある。

英語には、多くの種類を総称した日本語の「ムギ」に相当する表現はなく、種類によってbarley(大麦)、wheat(小麦)などと使い分けられている。

…ムギ・…バクと呼ばれる植物[編集]

…ムギ・…バクと呼ばれる植物は、イネ科イチゴツナギ亜科に広く分布している。コムギ、オオムギ、ライムギ、エンバクはいずれもこの亜科に属する。ただし例外的にハトムギキビ亜科で、コムギやオオムギよりススキトウモロコシに近縁である。

必ずしも種子を食用・飼料用とするとは限らず、牧草として栽培されたり、雑草として自生したりするものもある。

出典[編集]

  1. ^ 万有百科大事典』(小学館)、『広辞苑』(岩波書店)。ただし広辞苑ではオオムギの変種であるハダカムギも例に挙げている。
  2. ^ Two-row Barley
  3. ^ 四条オオムギは六条オオムギのlooseなものを言う。
  4. ^ Six-row Barley

関連項目[編集]