ワクムスビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ワクムスビ(ワクムスヒ)は、日本神話である。『古事記』では和久産巣日神、『日本書紀』では稚産霊と表記される。神名の「ワク」は若々しい、「ムスビ」は生成の意味であり、穀物の生育を司る神である。

『古事記』では食物神のトヨウケヒメ(豊受比売神)を生み、『日本書紀』ではその体から五穀が生じている。

記述[編集]

古事記  

『古事記』では神産みの段に登場する。イザナミ(伊邪那美命)が火の神・カグツチ(火之迦具土神)を生んで火傷をし、病に伏せる。その尿(ゆまり)から、水の神・ミズハノメ(弥都波能売神)が生まれ、次にワクムスビが生まれたとしている。食物(ウケ)の神である、トヨウケヒメを娘とする。

日本書紀

『日本書紀』では第二の一書に登場する。イザナミが火の神・カグツチを生んで死ぬ間際に、土の神・ハニヤマヒメ(埴山姫)と水の神・ミズハノメを生む。そこでカグツチがハニヤマヒメを娶り、ワクムスビが生まれたとしている。そして、この神の頭の上に蚕とが生じ、臍(へそ)の中に五穀が生じたとしている。

これは、『古事記』のオオゲツヒメ(大気都比売)や、『日本書紀』第十一の一書のウケモチ(保食神)のような、食物起源の神話となっている。しかし、この2柱の神の場合は、殺された死体から穀物が生じているのに対し、ワクムスビの場合は殺される話を伴っていない。このため、かつてはワクムスビの単純な形が古いとされていたが[1]、現在は、「ハイヌウェレ型神話」が簡略化され、結末の部分だけが残されたものといわれている[2]

信仰[編集]

五穀・養蚕の神として信仰されており、他の食物の神と一緒に祀られることが多い。愛宕神社(京都市)、竹駒神社(宮城県)、安積国造神社(福島県)、麻賀多神社 (千葉県)などで祀られている。

脚注[編集]

  1. ^ 日本思想体系1 『古事記』 岩波書店 1982年 339頁。
  2. ^ 吉田敦彦 『小さ子とハイヌゥレ』 みすず書房 1976年 21頁。