麻賀多神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
麻賀多神社
麻賀多神社
麻賀多神社
所在地 千葉県成田市台方1番地
千葉県成田市船形834番地(奥宮)
位置 北緯35度46分15秒
東経140度16分35秒
主祭神 和久産巣日神
稚日霊命(奥宮)
社格 式内社(小)・郷社
創建 景行天皇42年
本殿の様式 一間社
例祭 7月31日
テンプレートを表示

麻賀多神社(まかたじんじゃ)は、千葉県成田市台方にある神社である。式内社で、旧社格郷社。印旛郡市に18社ある「麻賀多十八社」の総本社である。

1944年(昭和19年)6月10日日月神示が降ろされた場所としても知られている[1]

歴史[編集]

社伝によれば、景行天皇42年6月晦日、東征中の日本建尊が当地を訪れ、杉の幹に鏡を懸け「この鏡をインバノクニタマオキツカガミと崇めて祀れば、五穀豊穣になる」と言い、伊勢の大神を遥拝したのが当社の起源であるという。応神天皇20年、神八井耳命の8世の子孫である印旛国造・伊都許利命が現在の成田市船形に社殿を造営し、その鏡を神体として稚日霊命を祀った。また、伊都許利命は杉の木の下から7つの玉を掘り出し、それを神体として和久産巣日神を併せ祀った。この2神は「真賀多真(勾玉)の大神」と呼ばれた。推古天皇16年、伊都許利命の8世の子孫の広鋤手黒彦命が、神命により現在の成田市台方に和久産巣日神を遷座し、それまでの社殿を奥宮とした。

延喜式神名帳に記載の際、「真賀多真」が三種の神器の1つと同名であるとして、1字取って「真賀多神社」に改称した。後に、一帯が麻の産地であることから麻賀多神社に社名を改めた。

奥宮[編集]

成田市船形手黒に位置し、手黒社と呼ばれる。台方の奥津宮。

他の麻賀多神社[編集]

「麻賀多神社」という神社は、印旛郡市に台方をはじめ、成田市に1社、佐倉市に11社、酒々井町2社、富里市2社、八千代市1社の計18社を数える。全国的に見ても珍しい名前の神社で、印旛沼の東側から南にかけてにのみ存在する神社である。

文化財[編集]

麻賀多神社の大(県指定天然記念物推古天皇の時代に植樹されたとされ、約1400年近くの樹齢を持つ東日本一の大杉である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日月神示の最初の第一帖と第二帖は麻賀多神社内の社務所で書記された。

関連項目[編集]