大国主の国づくり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大国主の国づくり(おおくにぬしのくにづくり)とは、日本神話での大国主(大己貴命)の葦原中国の国造りのこと。

古事記[編集]

大国主が出雲の美保岬にいたとき、鵝(蛾の誤りとされる)の皮を丸剥ぎにして衣服とする小さな神が、海の彼方から天の羅摩船(あめのかがみのふね)に乗って現れた。

大国主はその小さな神に名を尋ねたが、答えがなく、従者もその名を知らなかった。そこにヒキガエルの多邇具久が現れて、「これは久延毘古(クエビコ)なら知っているでしょう」と言った。久延毘古に尋ねると、「その神は神産巣日神の御子の少名毘古那神である」と答えた。

久延毘古は山田のかかしで、歩行できないが、天下のことは何でも知っている神である。

神産巣日神は少名毘古那を自分の子と認め、少名毘古那に大国主と一緒に国造りをするように言った。大国主と少名毘古那は協力して葦原中国の国造りを行った。その後、少名毘古那は常世に去った。

大国主は、「これから一人でどうやって国を造れば良いのか」と言った。その時、海を照らしてやって来る神がいた。

その神は、「我は汝の幸魂奇魂(さきみたまくしみたま)である。丁重に私を祀れば、国造りに協力しよう」と言った。どう祀るのかと問うと、大和国の東の山の上に祀るよう答えた。この神は現在御諸山(三輪山)に鎮座する神(大物主)である。

日本書紀[編集]

日本書紀』第八段 一書第六に、「大己貴命(おおあなむち)と少彦名命(すくなひこな)は協力して天下(あめのした)を営んだ。この世の人々や家畜のために、病の治療法を定め、鳥獣や昆虫の害を攘(はら)う為に、禁(とど)め厭(はら)う法(禁厭=呪(まじな)い)を定めた。以来人々はみなその恩恵を蒙(こうむ)っている」とあり、まず2神を医薬神・農耕神として解説する。

続いて大己貴命は少彦名命に、「我らの造りし国は善く成せりと言えるか」と語った。少彦名命は、「成せる有れば、成らざるも有り」と答え、この会話の後、少彦名命は熊野の御碕(みさき)にて、「遂に常世郷(とこよのくに)に適(いでま)しき。」または、「淡嶋(あわのしま)に行き、粟莖(あわがら)に上ったところ、彈(はじ)かれ常世郷に渡り着いたとも言う」とあり、『古事記』より細かい描写がなされる。なお、これ以降「大己貴命」が「大己貴神」と敬称が変わる。

その後、国の中の未完成な所を、大己貴神は一人で能(よ)く巡り造り、そして出雲国に到る。言葉に出して、「そもそも葦原中国は最初より、荒芒(あら)びたり。岩や草木に至るまでことごとく能(よ)く強く暴(あら)し。しかし私が摧(くだ)き伏せ、和順(まつろ)わざる(従わない者)莫(な)し」と言った。そして続けて、「今この国を理(おさ)むるは私一身(ひとり)だけだ。私とともに天下を理むべき者は、果たしているか」と言ったとある。

古事記』とは違い、少彦名命が常世郷に渡った後に、大己貴命は単身で葦原中国の国造りを行っている。その後は『古事記』と同様に、輝く幸魂奇魂と遭遇する。その神が大三輪(おおみわ)の神なりとある。

最後に少彦名命と遭遇するシーンとなり、初め大己貴神が国を平げ出雲国の五十狹狹(いささ)の小汀(おはま)で飲食しようとした時、海上から人の声がした。驚いて探したが、どこにも姿が見えない。しばらくして、「一人の小男(おぐな)が白斂(かがみ)の皮を舟とし、鷦鷯(さざき)の羽を衣として、潮水(うしお)の隨(まにま)に浮かんでやって来た」とあり、『古事記』とは描写が異なる。

そして、大己貴神が掌に取り置きて玩(もてあそ)ぶと、飛び跳ねてその頬を突いた(もしくはかじった)。そこでその物色(かたち)を奇妙に思い、使を遣わし天神(あまつかみ)に報告した。すると、高皇産霊尊(たかみむすひ)が、「私が産んだ子は一千五百柱もいるが、その中の一人はとても悪く(わがまま・やんちゃ)て教えに従わなかった。指の間から漏れ落ちたのが、きっと彼だろう。宜しく愛でてこれをを養(ひた)せ」と答えたとあり、これが少彦名命であるとある。

『古事記』と大きく違うのが、神皇産霊尊の子でなく高皇産霊尊の子となる事と、久延毘古は存在しない事である。

関連項目[編集]