龍宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

龍宮(りゅうぐう、竜宮とも書く)または竜宮城(りゅうぐうじょう)、水晶宮(すいしょうきゅう)は、中国日本各所に伝わる海神にまつわる伝説に登場する海神の。日本風のよみをして龍の宮(たつのみや)、龍の都(たつのみやこ)、海宮(わたつみのみや)などとも呼ばれる。

日本各地の伝説昔話に登場するが、湖沼や川、洞窟が龍宮への通路となっているものも存在しており、伝承地は必ずしも臨海部であるとは限らない。

概要[ソースを編集]

海の中に存在すると考えられているものであり、多くは海神あるいは水にまつわる神などがその場の主(ぬし)として存在している。多くの伝説・昔話に共通する点に、おもむいた者へ宝物(多くは礼品として)を与えるという点がある。

綿津見神宮[ソースを編集]

「わたつみのかみのみや」とよむ。わたつみは「海」の意味。『古事記』や『日本書紀[1]にみられる海神の住んで居る宮殿。

龍宮[ソースを編集]

乙姫あるいは龍王が統治する世界として水中に存在するとされている宮殿あるいは世界。日本の物語(『お伽草子』など)や昔話・伝説では「わたつみのみや」などにくらべ「龍宮」であるとする設定が数多くみられる、そのため、龍宮と通じた場所であるとする伝説が残されている地は各地にひろく点在しており、以下にあげた例以外にも全国各地に無数に存在している。

  • 浦島太郎
    • 乙姫が住む宮として龍宮が登場。浦島太郎が助けたの背中に乗って行った。
    • 四季が同時に楽しめるが城の四方に存在しており、東には春、南には夏、西には秋、北には冬の景色が存在している[2]
  • 孫思邈(そんしばく)
    • 竜王が住む水中にある宮殿として龍宮が登場。の時代の名医・孫思邈はを助けて龍宮に行き、龍王から30種類の製薬の方法を教わったという説話が『続仙伝』にある[3]
  • 安倍晴明(あべの せいめい)
    • 安倍晴明をあつかった近世の説話には、晴明が子供のころにで亀がいじめられていたのをたすけた礼に龍宮へつれてゆかれ、龍仙丸(りゅうせんがん)というものをもらったという場面が登場する。これを耳にいれると動物たちのしゃべる言葉の意味が理解できたという。
  • 福島県二本松市(旧塩沢村)
    • ある人が川でを洗っていて、誤って水中に落とし、水底を探し回っていたら龍宮まで辿りついてしまった。その龍宮では、ただ1人、美しい姫がいて、機織りをしていた。3日目に村へ帰るが、村では25年ほどの時が過ぎていた(龍宮では外の3041分の1以下の時間の流れとなる)。その記念として、機織御前の御社を建てた[4]
  • 三重県志摩市
  • 長崎県対馬市
  • 琵琶湖
  • 宮城県気仙沼市
    • 山神と龍宮がどれだけ珍しいものを知っているかという争いをして、龍宮(龍宮さまとされる女神)が勝った話が漁師に伝承されている。山神はオクズ(気仙沼でタツノオトシゴの意)を観た事がなく、負ける[5]
  • 香川県三豊市
    • 龍宮城は三豊市詫間町の荘内半島沖にあったとする伝説がある。一帯には、浦島太郎が生まれた場所とされる「生里」、玉手箱を開けた「箱」、箱から出た煙がかかった「紫雲出山」ほか浦島太郎伝説にちなむ地名が多く残っている。浦島太郎の墓や太郎が助けた亀が祀られている亀戎社もある。
  • 中国蘇州
    • 金生(きんせい)という男が金龍大王の娘(竜女)と恋仲になる。竜女は、「30年後にまた会おう」と約束したが、金生は、「30年後では私はよぼよぼだ」と嘆いた。すると竜女は、「龍宮に老いはない。若さを保つのは簡単」と薬のつくり方を渡して去った。その薬を服用し続けた金生は60歳になっても若さを保ち、1日ほど黄河を渡っていると、上流からの葉に乗る竜女が現れ、連れだって共に神仙に去ったという[6]
  • 竜宮童子
  • 竜宮女房

儀来[ソースを編集]

「にらい」とよむ。奄美や沖縄などで語られる海の向こうにあるとされる異世界・ニライカナイをさす言葉であるが、昔話の中では龍宮と同義語として使われることもある。

浦島伝説の源流[ソースを編集]

中国において神仙たちの住む地とされた蓬莱(ほうらい)などの仙境は海の果てにある島であると考えられた。海中に存在するという点からその中に龍宮が取り入れられ、道教や説話文学などを通じ中国から移入され、「浦島太郎」における龍宮はかたちづくられていると考えられる[8]

中国の洞庭湖周辺に伝わる龍女説話と仙境淹留(えんりゅう)説話に分類される伝説を下地に、日本化された物語が「浦島太郎」であると推察されている。中国での説話は、いずれも溺れる少女を救い、その恩返しとして、水中の別世界に案内され、結婚に至り、日が過ぎて、故郷を懐かしみ、贈り物をもらい故郷へ帰るという展開である[8]

竜宮の登場する作品[ソースを編集]

  • 『俵藤太絵巻』、『田原藤太物語絵巻』
  • 『地蔵堂草紙』、『地蔵堂草紙絵巻』
  • 『月王乙姫物語絵巻』
  • 海人』(あま)
    • 。龍宮が「面向不背の珠」という宝物を盗んで行ったので、海人が取り返しに行く。
  • 『大織冠』
  • 友禅染
    • 貝が吹くとされる蜃気楼に竜宮城が現れると考えられ、吉祥とされたことからの染め文様の題材の一つとされた[9]
  • 西遊記
    • 中国の小説孫悟空が龍宮(水晶宮)で大暴れをする。
  • 『絵本更科草紙』
    • 栗杖亭鬼卵による読本。早川鮎之助が龍宮におもむく回がある。
  • 桃太郎伝説
  • じゅうべえくえすと
  • 大神

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『日本書紀』神代下では「海宮」(わたつみのみや)「海郷」(わたつみのくに)との表記が見られる。
  2. ^ 島津久基 編校『お伽草子』 岩波文庫 1936年 147-148頁
  3. ^ 窪徳忠 『中国の神々』 講談社講談社学術文庫> 1996年 196頁
  4. ^ 柳田國男 『日本の伝説』 角川文庫 1977年 81-82頁
  5. ^ 『東北学 vol.10 山の神とはだれか』 作品社 ISBN 4-87893-636-3 100頁
  6. ^ 柴田天馬 訳 『聊斎志異』 玄文社 1919年 155-166頁 蘇州の金生のはなしは志怪小説『聊斎志異』の「五通」の話の中に「又」とつづけて紹介されている話である。
  7. ^ 本田碩孝 『池永ツル嫗昔話集』 郷土文化研究会 1988年 135-136頁
  8. ^ a b 『道教の本』 学研 1992年 ISBN 4-05-600031-X 98頁
  9. ^ 『染織の美 3 特集 友禅染』 京都書院 1980年 47頁

参考資料[ソースを編集]

関連項目[ソースを編集]

関連画像[ソースを編集]