出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

(にわ)は、住宅などの施設の敷地内に設けられた、建造物のない広場である。

解説[編集]

植物草花を植えたり、などを配して花壇として住民の安らぎや慰みとして利用されることが多い。住宅敷地の小さな空間に設けられる庭を「坪庭(つぼにわ)」と、またその本格的で規模の大きなものは、「庭園(ていえん)」と呼ばれることもある。現代においては、屋根のある庭、室内庭園、全く植物を用いない庭(平庭)なども、「庭」と称されることもある。

一戸建て住宅の庭は、そのほか荷物収納のための倉庫農家であれば納屋が設けられたり、幼い子どもの遊び場となって、三輪車などが放置されたり、あるいは洗濯物を干すための物干し台が設置されたり、家の中では果たすことの出来ない生活上の様々な用途に活用されている。また年間の様々な行事を執り行うための場所としても大切な役割を担っている。たとえば、新年を迎えるにあたっての準備としての餅つき学校への入学時の家族そろっての記念写真、端午の節句鯉のぼり夏休みのビニールプールでの水浴びなど。また犬小屋、自家用車の駐車場など。

一戸建て住宅の庭は、隣家との間を生垣コンクリートブロックで囲まれて、個人の私有地を形成している。

細分化された裏庭 (アメリカ英語)

ヤードは、 建物または建物のグループに直接隣接する土地の領域で、囲まれていても開いていてもよい。 [1] この言葉は庭を意味するガーデンという言葉と同じ言語学の根源から来ており、同じ意味を多く持っている。

多くの派生語が存在し、通常は特定の用法や建物の種類に関連付けられています。 今は死語なものや使用頻度が低いものもあります。 そのような単語の例は、 中庭 、 ヒエ 、 hopyard 、 墓地 、 墓地 、 ブリックヤード 、 刑務所の庭railyardジャンクヤードstableyard など。

国語学者によれば、 ニハ(庭)という両義性を帯びた古代のヤマト言葉はやがて分裂した、という。その第一はもちろん作庭記にまとめられた古典的山水美、第2は共同体の祝祭、 行事や作業など、身体の介入を迎える空間である。このときニハは土を意味する二が脱落し、 語頭濁音化してバとなったという。市庭(いちば)、 稲庭(イナバ)、馬庭(ババ)、舞庭(マイバ)など、はじめは庭の字があてられたが、やがて場(バ)の字におちついた。輝かしい歴史をたどった山水庭園は近世の大名庭園でその頂点に達したのにたいし、第2のニハ(場)はどのような運命をたどったか。それは、寺社の勧進芸能や縁日など祝祭の場バとして都市の豚胎を促しながら、 いささか屈折した道を歩いてのち、近世の盛り場においてその大輪の花を咲かせたのではないかという。 妖しい悪の華の匂いを撒き散らす盛り場は、デザインの生産と消消費という二分法を撹乱する異界として、都市の未来へ向けて開かれているという。

現代の都市生活者は、庭の一機能,目的というものを完全に見失っている(『BOX』 36 1989 0CTOBER)庭園学の専門家である白井彦衛千葉大学園芸学部教授は指摘する。白井は、 農業人ロが日本人全体の8割以上を占めていた明治時代まで庶民の庭とは、農作業をする仕事の場であったこと、そして、庭は戦後の急速な都市化とともに、その仕事の場としての目的を失ったが、われわれは、それに代わる新しい庭の価値を見つけだせないままにきてしまったという。それに対して、 都市生活に伝統のあるヨーロッパの都市では、 庭も明確な目標と方法論をもって進化してきた。たとえば、庶民住宅の庭としては、 地中海沿岸地方のパティオ(中庭)が有名であるが、強い日差しと周囲の雑路を避けるため、庭は住宅の中心につくられ、そこには植物を植え、ゆっくりくつろぐ場所としての機能を持たせた。したがって、庭の再開発の第一歩とは、自分が必要とする庭の機能と目的を、いま一度明確にすることだとしている。

語源[編集]

言葉「ヤード」はアングロサクソン 、「ガーデン」(ドイツ語ガルテン )から来ているが、ほかには比較geard 古ノルド garðr、ロシアgorod =「タウン」(元々は「 囲まれた要塞エリア」など)、ラテンアムステルダム大学 =「ガーデン」(それゆえ、ギリシャ語からchortos(chortos)= "農場"、 "餌場"、 "飼料"、(そこから "もともと" 干し草 "は囲まれた畑で育ちました)など。 「ガードル」と法廷を意味する「コート」は同じ根からの関連語。 [2]

携帯用牛舎

農業が人生の重要な部分である地域では、庭はまた、しばしば家畜や他の農業目的のための囲まれた土地の一部であり、しばしば牛牧場、羊飼い、ストックヤードなどと呼ばれている。 オーストラリアでは、携帯用または移動式のヤードは、一時的な倉庫の建設に使用される一連の移動可能なスチールパネルのことである。 [3]

用語の適用[編集]

今日の北アメリカオーストラリアでは、庭は家屋や他の住宅構造を取り囲んでいるかなど、どういう部分形式であってもよく、通常は(必ずしもそうとは限らないが) から離れている。 庭は通常芝生または運動場から大抵は成っている。 家屋からみて前の庭は前庭と呼ばれ、後ろのエリアは裏庭として呼ばれています。 裏庭はよりプライベートであり、したがってレクリエーションにおいて一般的な場所である。 ヤードサイズは人口密度によって異なり、都心部では多くの住宅が非常に小さい、あるいはまったく庭がない。 郊外では、庭はより広くパティオ 、子供用の遊び場 、またはプールなどの設備のためのスペースがある。

イギリス英語 でこれらの通常庭と呼ばれるエリアは 前庭および裏庭に再分割されるし、中庭パティオなど舗装されたエリアは、より普通にヤードと呼ばれる。 現代イギリスでは、ヤードという用語は、デポや職場の建物に隣接する土地、または建物間の土地、および建物に隣接する未耕作地によく使用されます。

北米では、「庭」という用語は、野菜、ハーブ、花、および/または観賞用植物の区画を含む区域のみを指す。花壇や菜園は庭の中にあってもよいが、用語「ヤード」は「ガーデン」を意味しない。

牧草地で飼育されている牛、 サーヤード 、NSW州Walcha

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ "Yard", Random House Dictionary
  2. ^ yard, n.1”. OED Online. Oxford University Press (2011年12月). 2012年2月19日閲覧。
  3. ^ Livestock Handling Made Easy, Arrow Farmquip, 2008.
  • Delbridge, Arthur, The Macquarie Dictionary, 2nd ed., Macquarie Library, North Ryde, 1991

外部リンク[編集]