グロリエッテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

グロリエッテ(英語:gloriette、「小さな部屋」の意味の12世紀のフランス語、gloireから)とは宮殿の庭園のうちで周囲よりも高くなった位置に建てられる建物のこと。その建築構造や形態は非常に多様であるが、「休憩所」「あずまや」の佇まいを見せるものが多く、周囲に対して開かれた建築構造になっていることが多い。

シェーンブルン宮殿のグロリエッテ[編集]

数多あるグロリエッテ建築のうちでも最も規模が大きく、また、最も知名度の高いものがウィーンオーストリア)のシェーンブルン宮殿の庭園にあるグロリエッテである。1775年に建立され、建物の全長は84.3m(両脇の階段を入れると135.3m)、幅14.6m、高さ25.95mとなっている。

詳細はグロリエッテ (ウィーン)へ。

多様なグロリエッテ[編集]

ウィーンのもの以外に「グロリエッテ」を称する建築物は以下に所在している(代表的なもののみ)。

建築以外のグロリエッテ[編集]

英語でglorietteは「大きめの鳥かご」の意味でも使われる。グロリエッテ建築に似た形をとり、鍛鉄製や木製のものがある。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]