回遊式庭園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
桂離宮庭園

回遊式庭園(かいゆうしきていえん)は、日本庭園の形式のひとつで、園内を回遊して鑑賞する庭園。園内を回遊する形式の庭園は日本以外にも存在するが、回遊式庭園という語は主に日本庭園のみを指して用いられる。

概要[編集]

回遊式庭園は、室町時代における禅宗寺院江戸時代においては大名により多く造営された形式で、日本庭園の集大成とも位置づけられる。

最も一般的な形式は池泉回遊式庭園(ちせんかいゆうしきていえん)と呼ばれるもので、大きな池を中心に配し、その周囲に園路を巡らして、築山、池中に設けた小島、橋、名石などで各地の景勝などを再現した。園路の所々には、散策中の休憩所として、また、庭園を眺望する展望所として、茶亭東屋なども設けられた。

代表的な回遊式庭園[編集]

関連項目[編集]