コンパニオンプランツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
コーヒーと混植されているトマト

コンパニオンプランツ(または共栄作物、共存作物)とは、農学園芸学において、近傍に栽培することで互いの成長によい影響を与え共栄しあうとされる2種以上の植物の組み合わせ、またはそれらの植物のこと。コンパニオンプランツを2種類以上、近傍に栽培することを混植または混作と呼ぶ[1]

効果[編集]

野菜類等とハーブ類等をうまく組み合わせて一緒に植えると、病害虫を防いだり[2]、成長を促進したり、収穫量が増えたり、風味や芳香を良くしたり等、様々な良い効果を生み出すと言われている。例えばマリーゴールドは線虫に対する殺虫効果をもつため、作物に対する病害の抑制に用いられている。

植物の組み合わせによって、相互に良い効果を与え合う組み合わせと、ある植物が付近の他の植物に良い効果を一方的に与える(付近にある植物が、良い効果として受け取る)組み合わせとがある。またコンパニオンプランツの裏返しで、互いに生育が悪くなる植物の組み合わせも存在する。目的に合わせて上手にコンパニオンプランツを利用すると農薬肥料が必要なくなるとする主張もある。コンパニオンプランツを利用したが、農薬や肥料を用いることで、かえって益虫がいなくなったとする主張も見られる。

コンパニオンプランツのほとんどは経験的に言われているもので、科学的に解明されている例は少ないとされる。ただしアブラナ科植物とレタストウモロコシマメ科植物、ユウガオ長ネギ等効果が確認されている例も少数ながらあり[3]、また作物に寄生しない種類のアブラムシの宿主となる植物を植栽したり、同様の性質を持つ雑草を温存することで、アブラムシの天敵を農地に増やす、といった例も科学的な根拠が確認されているという[4]

いずれにせよ必ずしも科学的な根拠が立証されているわけではないものが大半で、一般に言われているものでも期待していた効果が得られないことはあり得る。

コンパニオンプランツの例[編集]

エンバクに付着するアブラムシ(黒い点状の昆虫)を捕食するテントウムシアレロパシーにより、キタネグサレセンチュウを防除する効果もある。

例えば、トマトマリーゴールドバジルを一緒に植えると、コナジラミなどの害虫を遠ざけ、トマトの生育を助けて味を良くする[5]。コンテナで育てる場合は寄せ植えにすると視覚的にも楽しみも増え、トマトとバジルは料理の相性も良いので、一緒に育てると便利である。

良い組み合わせの例[編集]

病害虫の予防効果が期待できる植物[編集]

以下の植物に関しては、コンパニオンプランツとしての効果がはっきり示されていない例が多く含まれており注意が必要である。

脚注・参照[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 増田俊雄、宮田將秀、被覆植物の混植によるキャベツ害虫の密度抑制効果 北日本病害虫研究会報 2008巻 (2008) 59号 p.153-157, doi:10.11455/kitanihon1966.2008.153
  2. ^ 木嶋利男、生井潔、郷間秀夫、微生物を利用した土壌病害の防除(環境と土壌微生物,シンポジウム) 土と微生物 52巻 (1998) p.65-71, doi:10.18946/jssm.52.0_6
  3. ^ 木嶋利男 農薬を抑えた野菜作り コンパニオンプランツ (PDF)
  4. ^ 十勝農業改良普及センター ネグサレセンチュウの被害と防除。ただしこの研究はマリーゴールドを植えた後作に別の作物を植えるという研究なので、その間休閑時期が発生しマリーゴールドの除草の手間もかけている。コンパニオンプランツとして有効かどうかは冷静に判断する必要がある。
  5. ^ a b c d e f g h アレロパシーについて | 播州農機販売株式会社・兵庫農機販売株式会社 | 中古農機 クボタ 農業機械
  6. ^ #01:トマトとバジルはベストパートナー(page1) | 木原先生の「おいしい寄せ植え講座」 | アイリス家庭菜園ドットコム

関連項目[編集]

外部リンク[編集]