円月橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

円月橋(えんげつきょう)、ムーンブリッジ(Moon bridge)は、中国庭園日本庭園で見られる大きく湾曲したアーチ状の歩行橋である。円月橋は中国で考案され、その後日本へと伝えられた。[1][2] [3]

この橋はもともと、はしけ船が運河を運航している間にも歩行者がその上を通行できるように設計されたものである。これには、橋の上部と下部に通路を作るため、入り口のために多くの土地を使用しなくても良いという利点がある。[要出典]

形式的な設計の庭園では、円月橋は水面にその姿が反射するように配置される。高いアーチと水面に映った影で形成された円は、満月を象徴している。[1]

参考文献[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b Bernal, Peggy Park (1999). The Huntington Library, Art Collections, and Botanical Gardens. San Marino, California: Huntington Library. p. 23. ISBN 9780873281348. "Moon bridges were a feature of Chinese garden architecture, adopted by the Japanese in the thirteenth century. The large, rounded bridge is usually known as a moon bridge because the arch and the reflection in the water below form a full form a full moon shape, and also because “moon viewing” from beneath the bridge was a diversion for estate owners cruising on their private lakes." 
  2. ^ Boults, Elizabeth; Sullivan, Chip (2010). Illustrated history of landscape design. Hoboken, NJ: J. Wiley. p. 118. ISBN 978-0-470-28933-4. https://books.google.com/books?id=zPo_rpsg4EEC 
  3. ^ Ono. “full-moon bridge 偃月橋・円月橋”. Japanese Garden Dictionary: A Glossary for Japanese Gardens and Their History. 2011年9月2日閲覧。

関連項目[編集]