チナンパ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チナンパ

チナンパは、沼地の表面の厚い水草層を切り取り、敷物のように積み重ねてつくった浮島の上に湖底のを盛り上げて作った湖上の畑のようなものを利用する収量の大きい農法である。アステカ時代のテノチティトランの周囲で行われていたことでも知られる。現在でもメキシコ・シティ南方のショチミルコに残っている。チナンパ農法は、たえず灌漑されると同時に、多くの養分を含んだ泥で栽培するので集約的に高い収穫を得ることができたし、あらゆる種類の作物を栽培することができた。