出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

(どろ、: mud[1])とは、一般的には、と混じった状ののことを指す。

地質学における泥[編集]

地質学の定義では、岩石風化浸食運搬され生じた陸源の砕屑物のうち、よりも細かいものをいう。その分類は粒子粒径によって決められており、1/16mm以下のものを泥と呼ぶ。

泥は必要に応じてさらに細かく分類され、1/16mm(62.5μm)〜1/256mm(4μm)のものをシルト、それ以下のものを粘土と呼ぶ。

泥が続成作用により固結してできた堆積岩を、泥岩あるいは泥質岩といい、これには構成粒子のサイズや構造の違いによって、シルト岩粘土岩頁岩などと呼ばれるものが含まれる。

その他の意味[編集]

  • 中国の『異物志』にある空想上の虫。南海に住み、骨が無い為水から上がるとぐにゃぐにゃになってしまう。「泥酔」の語源。
  • 泥棒のことを略して泥、ドロと呼ぶことがある。
  • 「顔に泥を塗る」 - 恥をかかせたり、面目を失わせること。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 文部省編 『学術用語集 地学編』 日本学術振興会1984年、16頁。ISBN 4-8181-8401-2

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

砕屑物と砕屑岩
粒径(mm) 砕屑物 砕屑岩 火山砕屑物 火山砕屑岩
64 以上 礫岩 火山岩塊 火山角礫岩凝灰角礫岩
64 - 2 火山礫 ラピリストーン火山礫凝灰岩
2 - 116 砂岩 火山灰 凝灰岩
116 - 1256 シルト シルト岩 泥岩
1256 以下 粘土 粘土岩
テンプレートを表示