ダートコーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アイスランドソゥルヘイマ氷河(Sólheimajökull)のダートコーン

ダートコーン: Dirt cone)は、氷河雪渓で見られる、などでできた円錐状の微地形である。

ダートコーンは、融氷水や雨の作用で砂が氷河のクレバス等に運搬され[1]、氷河の表面が融けることできる[1]。高さは数cmから3m前後[1]。砂は円錐の斜面上を数cm程度の厚さで薄く覆っているだけで中は氷である[1]

ダートコーンの形成過程

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 出典: ダートコーン(DIRT CONES)について - 阿由葉 元、2016年12月閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]