タフリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オアフ島のココヘッドタフコーン(右)と、ハナウマ湾タフリング(左)またはタフコーン。火山学者の早川由紀夫によるとハナウマ湾は中間的な高さのため、どちらで呼んでもよいとしている[1]
フォートロック英語版USAオレゴン州レイク郡にある浸食されたタフリング。かつて湖があったころに受けた波食によって高さが誇張されてはいる[2]
フォートロックを地上から見たところ

タフリング: tuff ring[3])もしくはタフコーン: tuff cone[3]凝灰岩丘[4])とは、火山噴火などのさいに、爆発的な噴火によって生じた火口のことである[5]

マグマの通り道である火道が浅水域や地下水が潤沢な場所に開いた場合、そこではマグマに熱せられて水が激しく沸騰し、マグマ水蒸気爆発という爆発的噴火が起きやすくなる。具体的にどのような場所で起きやすいかといえば、の中、沿岸域、沼地などの水面、もしくは湿地などの地下水に富んだ場所になる。浅所でのほぼ円形の輪郭で周辺に顕著な堆積物をもたないもので火口の直径に対して火口縁の高さがあまりないもののうち、火口底が地下水面より高くて乾いているときにタフリングということが多い[6]。タフコーンはただ単にタフリングの高くなったものにすぎない[7]。水が溜まっている場合はマールという。

脚注[編集]

  1. ^ 出典 : 風景に書き込まれた歴史を読み解く - 群馬大学 早川由紀夫、2016年10月閲覧
  2. ^ 出典 : フィールド火山学 タフリング - 群馬大学 早川由紀夫、2016年10月閲覧
  3. ^ a b 日本地質学会編 『地質学用語集 - 和英・英和』 共立出版2004年、133頁。ISBN 4-320-04643-9
  4. ^ 文部省編 『学術用語集 地学編』 日本学術振興会1984年、382頁。ISBN 4-8181-8401-2
  5. ^ タフ(凝灰岩)」は、火山灰軽石などの火山砕屑物の降下物でできた堆積岩
  6. ^ 早川由紀夫 (2004年1月). “フィールド火山学4 - サージがつくるマールとタフリング - 4.3マール”. 2012年3月8日閲覧。
  7. ^ Lyn Topinka (2006年8月28日). “CVO Website - Maars and Tuff Cones” (英語). USGS. 2012年3月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]