爆裂火口

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1万年前にできた爆裂火口跡の地獄谷 (登別市)

爆裂火口(ばくれつかこう、: explosion crater[1])は火砕丘を持たない火口地形爆発火口[2]ともいう。

火砕丘を持たないため、地面がえぐられたような形状をしている。火山噴出物の少ない水蒸気爆発などで形成され、まわりに火山礫堆積・成長すると火砕丘になり、逆に噴火で火口底が地下水面より低くなり水が溜まるとマールになる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 地学団体研究会地学事典編集委員会 『地学事典』 平凡社1981年、増補改訂版。ISBN 4-582-11501-2
  2. ^ 文部省編 『学術用語集 地学編』 日本学術振興会1984年ISBN 4-8181-8401-2

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]