砂嘴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
野付半島のランドサット衛星写真

砂嘴(さし、: sand spit)とは沿岸流により運ばれた漂砂が静水域で堆積して形成される、 (くちばし) 形の地形のことである。

砂嘴が発達して対岸、またはその付近までに至ると砂州と呼ばれる。砂嘴が枝分かれしているような地形は分岐砂嘴と呼ばれる。清水港が分岐砂嘴の好例である。島と繋がった場合、陸繋砂州と呼び、つながった島を陸繋島と言う。

海岸のみならず、湖岸にも形成されることがあり、猪苗代湖鬼沼霞ヶ浦和田岬が好例である[1]

日本の主な砂嘴[編集]

世界の主な砂嘴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本の典型地形#砂嘴 | 国土地理院ウェブサイト平成30日5月4日閲覧
  2. ^ サロマ湖 | 閉鎖性海域ネット | 環境省ウェブサイト平成30年5月4日閲覧
  3. ^ 日本の典型地形#砂州 | 国土地理院ウェブサイト平成30年5月4日閲覧

関連項目[編集]