富津岬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東京湾の東岸(千葉県側)、水色と桃色の塗り分けられている箇所が富津岬

富津岬(ふっつみさき)は、千葉県富津市小糸川河口付近から東京湾に面して南西方向に約5kmにわたって突き出した

地理[編集]

小糸川河口から岬の先端まで続く富津洲(ふっつす)と呼ばれる細長い砂州と、そこから磯根崎まで続く富津平野(ふっつへいや)と呼ばれる三角形の沖積平野から構成されるが、前者のみをもって「富津岬」と呼称する場合が多い。

約6km離れた対岸の三浦半島観音崎とともに東京湾内湾浦賀水道を区切る境界となっている。岬の北側では内湾の静かな波打ち際に干潟富津干潟(ふっつひがた))を形成し、南側では外洋の荒波に対する防波堤の役割を果たしている。

富津の北側を流れる小糸川の土砂が、内湾を時計回りする潮汐流の働きで砂州を形成し、そこに外洋から磯根崎の付近に流れ込んだ土砂が重なる形で堆積面を形成していったのが富津平野の原型であると考えられている。その後の隆起などによって富津平野は段丘化し、そこへ更なる土砂の蓄積が加わることによって富津平野の先端に砂洲が成長した結果、尖角岬を持つ富津洲が形成されたと考えられている。

寛政の改革で知られる白河藩主松平定信は、外国船の来航に備えて富津岬に台場を設置する必要性を唱えた。だが、江戸幕府がこれを採用したのは定信失脚後の文化7年(1810年)であり、しかも最初の駐屯は主唱者とされた白河藩に命じられることとなった。続いて文政4年(1821年)には駐屯藩のための陣屋が設置された。明治15年(1882年)以後、富津洲は海軍の軍用地となり、沖合に第一海堡と呼ばれる人工島が築かれたが、土砂の堆積と関東大震災による隆起によって戦後の一時期まで富津洲と地続きになっていたこともある。戦後は千葉県に払い下げられて千葉県立富津公園となり、昭和28年(1953年)に昭和天皇香淳皇后を招いた全国植樹祭の会場となった。現在岬の先端近くには展望台などが設置されている。

富津岬の空中写真。砂州の先端にある島は第一海堡。海中に複数見える黒褐色のものは養殖用のいかだ。1974年撮影の8枚を合成作成。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。


アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

座標: 北緯35度18分46秒 東経139度47分7.8秒 / 北緯35.31278度 東経139.785500度 / 35.31278; 139.785500