火山学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

火山学(かざんがく、: volcanology[1])は、火山に関係する地質学現象研究する学問

概要[編集]

火山とそれに伴う地質学的現象を対象とする学問分野であり、様々な研究手法が用いられる。層序学、岩石学、地形学、年代学などの地質学的手法、地震学、地磁気学などの地球物理学的手法、火山ガスなどの地球化学的手法などが代表的であるが、水文学や歴史文献学的な手法も駆使され、用いられる学問分野は非常に広い。

火山学に期待されているテーマのひとつに、噴火予知がある。現在、予知のための正確な方法はないが、火山性地震や微動、空振噴気火映、小規模噴火などの発生状況から、大規模噴火の直前予測をすることが可能な場合もある。たとえば、有珠山三宅島など周期的な噴火の記録がある火山では、こうした予測を行いやすく、また、予知の成功例もある。噴火を予測することは多くのを救うことにつながる。

地震ならば「プレート境界型の地震」というように、一括りに論じることもある程度可能だが、対する火山は、山ごとに特徴がまったく異なると言われている。そのため、まず、火山現象の観測に努め、それをもとに研究を進めることが多い。火山観測所に観測員を常駐させるなどして、経験的・統計的に火山活動が論じられることが多い一方で、噴火活動を論ずるのに、1950年代に提唱された「茂木モデル」(茂木清夫英語版) が現在でも主として用いられるなど、理論的には未成熟な部分が多い。

火山学者[編集]

火山学者(かざんがくしゃ、: volcanologist)は、火山の噴火を調査するため、しばしば活発に活動している火山に足を踏み入れ、テフラ岩石、溶岩のサンプルを採取する。火山学者は、調査中に突然の噴火が起こることから、最も危険な科学的な職業のうちの一つである。

フランスの火山学者カティアとモーリス・クラフト夫妻は、日本雲仙普賢岳で調査中に亡くなっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 文部省編 『学術用語集 地学編』 日本学術振興会1984年、66頁。ISBN 4-8181-8401-2

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]