氷食尖峰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アルプス山脈を代表する高峰の一つ、マッターホルンは4方向から氷河に削られて生まれた

氷食尖峰 (ひょうしょくせんぽう)とは、氷河侵食作用によってできた尖った地形のこと。ホルン(角の意)とも言われる。

概要[編集]

山頂部が鋭く尖ったピラミッド型の岩峰を指し、高山で見られる。氷河により谷が削られてできた圏谷が、複数方向から山を削ってできる。米国の地理学者であるウィリアム・モーリス・ディヴィス地形の侵食輪廻では、壮年期に分類される山地で見られる。

遠方からでも判別できる地形であるため、登山者にとっては良い目印となるが、登頂する場合の難易度は高い。

形成[編集]

山体に近接する氷河は、椀の底のような形状のカールを形成する。氷河が流下し回転しながら、中央から末端では融解凍結により底部を削り、側壁付近では下降する動きによって引き離され(岩盤に達するほどの深いクレバスを生じ)底部の岩盤の剥ぎ取りや破砕作用が働き、半球状のカールが作られる。カールの成長すると挟まれた側壁や稜線が鋭く切り立つようになる。 3つ以上のカールが取り囲むと氷食尖峰(ホーン)となり、氷河地域ではよく見られる形状である。複数面で囲まれた頂部は、面に対応するカールがあったことを示すもので、3−4のカールによるホーンが多い。 [1]

代表例[編集]

脚注[編集]

  1. ^ en:cirque

関連項目[編集]

外部リンク[編集]