出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
手の指くらいの直径の雹の例。白色のものや透明な部分をもつもの、丸いものや突起のあるものなど形は様々。

(ひょう)とは、積乱雲から降る直径5 ミリメートル(mm)以上の状や塊状のの粒[1][2][3]。落下する雹はその衝撃によって人体農作物家畜建物などに被害をもたらすことがある[1]

性状と特徴[編集]

積層構造が見える雹
スパイク状突起が目立つ大きな雹
スパイク状突起が目立つ大きな雹
激しい降雹
道路に堆積した雹

対流のある積乱雲の中で発生し、強い上昇気流に支えられて滞空するものの、やがて大きくなり、また気流が弱まり支えきれなくなって落下する。強いと共に発生する場合が多い[注釈 1][1][2][5]

のうち氷霰と雹は、どちらも対流雲から降る透明・半透明の氷の粒で、氷霰が大きく成長したものが雹である。2つは大きさによって区分され、直径5 mm未満の氷粒は霰となる[2]

雹の大きさは直径5 mmから50 mm (5 cm)程度(およその目安として小豆大からゴルフボール大程度)のものが多く、頻度としては10 mm (1 cm)以下のものが多い。しかし、稀にもっと大きなものが降る場合があり、また大きな雹同士がくっつき部分的に融合して大きな不定形の塊を形成することがある[2][3]

雹が落下するときには、小さいものでもパタパタ、パラパラという音を立てる。大量に降った場合、雨の音と混じるなどして非常に大きな音を出し、周囲の音が聞こえないくらいの騒音となることもある。

降雹の継続時間は短く、15分を超えることはめったにないとされる[6]

発達した積乱雲、おおむね雲頂が6,000mを超えるようなもので雹が生じうる[7]。どの積乱雲の中でも氷晶や霰が形成されているが、そのうちどの積乱雲が霰を雹にまで発達させるのかは、研究の途上にある[8]。なお、上昇流と下降流が分離して持続する構造をもつスーパーセル型の雷雨では強い雹が発生しやすいことは知られている[9]

雹の成長と積層構造[編集]

雹は、強い上昇気流のある雲の中で、凍結成長する0 以下の層と、部分的に融解する0℃以上の層(融解層)とを、上下に行ったり来たりすることで成長すると考えられる。0 ℃以下の層には過冷却の水滴(雲粒)が多く存在し、この中をやや大きな氷晶が通過するときに周囲の粒を捕捉して成長する[注釈 2]。0 ℃以上の層では氷塊の表面が融解して膜のように付着した状態となり、これが再び凍結すると透明な氷の層となる[1][10]

雹を割った断面を観察すると、透明な層と半透明な層が交互に重なる積層構造をしたものが見られ、その成長過程を垣間見ることができる。一方、そうした層が見られない透明・不透明な氷のみの形もある[2][3][10]

半透明な部分は、低温下で芯となる雹に雲粒が付着してすぐに凍結し隙間に空気が残っている。透明な部分は、比較的高い温度の下で雲粒が融解して空気が抜けてから凍結している。成長過程として、前者を乾燥成長、後者を湿潤成長とも呼ぶ[2][3][10]

芯となる雹は数 mmから1 センチメートル(cm)程度で大抵は幾何中心からずれている(偏芯)。積層は5層以下のことが多いが、巨大な雹では20層以上あった例もある[2][3][10]

雹の密度は比較的大きく、比重は0.85 グラム毎立方センチメートル(g/cm3) - 0.92 g/cm3程度の値をとる。空気を多く含む場合はやや小さな値になる[2][3]

積乱雲付近の上空で乾燥した空気の流入があると、蒸発による冷却効果が大きくなり、雹が生じやすく・大きく成長しやすくなる[11]

気温がおよそ-30℃を下回るような低温の層では、過冷却水滴がわずかしかなく雹はほとんど成長しない[12]

記録が残っている中で世界最大の雹は、1917年大正6年)6月29日埼玉県大里郡熊谷町(現:熊谷市)に降ったカボチャ大の雹で、直径七八分(29.6 cm)、重さ九百(3.4 kg)とされる[13] 。なお、アメリカ海洋大気庁によれば、2003年6月22日アメリカ合衆国ネブラスカ州に降った直径7.0インチ(17.8 cm)、周囲18.75インチ(47.6 cm)の雹を世界最大としている[14][15]

雹が積雪のように積もることもある。2019年6月30日、メキシコハリスコ州グアダラハラでは最大2mほど雹が積もったことがある。丘陵地帯では少なくとも50台の自動車が氷の濁流に押し流され、中には氷の下に埋没した車もあった[16]

雹と気候・季節[編集]

積乱雲による雷雨が最も多いのは熱帯だが、雹の発生が最も多いのは中緯度の内陸で、熱帯を上回る。これは、熱帯では高い高度まで0℃以上の暖かい空気があるためと考えられ、熱帯では主に標高の高い地域に雹が多い。雹の発生条件のひとつとして気温0℃の対地高度が約3,500mあるいは4,000m以下というものがある[12][17][11]

また、平地よりも山地のほうが多いが、地形性の上昇気流が雷雲の発達に寄与することや、標高が高いと地表に達するまでの時間が短いことが理由と考えられる。インド北部やバングラデシュの山岳地帯が代表的な例として挙げられ、雹による死亡者数が最も多く報告されている地域でもある。中国チベット高原中央部、アルプス山脈ピレネー山脈も地形性の雹の多発地帯である[11]

中国内陸部でもしばしば雹の被害が報告される[18]。ヨーロッパでは、ドイツ南部・西部、ベネルクス南部・東部、フランス北部・東部にかけての地域やイタリア北部[19]セルビアクロアチア[20]で雹が多い。

北アメリカでは、ロッキー山脈風下の地域に比較的多く、最も多いアメリカコロラド州ネブラスカ州ワイオミング州は"Hail Alley"(雹街道)の異名もある[21]

雹の発生頻度の世界的分布を示す資料もあるが、雨のような緻密な観測によるものではない。Court・Griffiths(1981)による降雹日数の等日線図[22]が用いられることがあるが、情報源は人が居住する地域の観測報告に限られること(報告例は人口密度の高い地域に偏っている)、雹が局地的な現象であることに留意する必要がある。観測データにモデルによる推定を加えて分布を作成することも試みられている。なお、人口増加や携帯機器の普及などで報告件数の増加・変化もみられている[11]

中緯度では雷雨の発生頻度に関連し、夏に雹が多くなる傾向にある[12]。ただし、地中海周辺部では秋に最も多い地域がある[20]。日本では盛夏にあたる8月前後よりも初夏の5 - 6月に多い傾向があり、日本海側では冬季にも季節風の吹き出しに伴って積乱雲が発生するので降雹がある。

雹による被害[編集]

大きな雹の落下の衝撃で割れた車のフロントガラス
雹害を受けたリンゴの実。傷の部分はへこみ変色している
雹の落下で破損したスレート板屋根
激しい降雹により樹木の葉が落下している

雹が降ること(降雹、こうひょう)による被害を雹害(ひょうがい)[23]という。小さな雹が大量に降った場合、積雪のように堆積してビニールハウスなどを破損させたり、植物の葉を落としたりする。

雹害は局地的な現象で、積乱雲の通過経路に沿って残る被害の痕跡は"雹道"とも呼ばれる[23]。雹害の多い地域の農業では、果樹園やビニールハウスに(防雹ネット)を掛けて予防することがある[23]

日本では、5月から8月の関東地方甲信地方東北地方で雹害が多い傾向にある[24]。関東地方や長野県などの農業地帯、山間部では雹の通り道として降雹が起きやすいと伝えられる地域があり、東京都あきる野市八王子市境の雹留山(ひょうどめやま)がその一例である[8]

直径が5 cm以上もあるような巨大な雹は落下速度が100 キロメートル毎時(km/h)を超え[1]、単独でも甚大な被害を出す。自動車ボンネット窓ガラス家屋を破損させたり、農作物に大きな被害を与えたりする。大きな雹が人間や動物に当たると怪我をしたり、頭部に直撃した場合には脳震盪を起こしたりして、の危険性さえある。

直径5 mmの雹ではほぼ被害を生じないが、5 mmを超えおよそ10 mmでは植物に被害を生じる例がある。20 - 30 mmでは農作物が深刻な被害を受けたり、ガラスプラスチック製の物の損傷がみられるようになる。またこのサイズで自動車の車体塗装に傷が生じはじめ、25 - 40 mmで車体そのものにも損傷を生じはじめる。30 - 50 mmではガラスが著しく破損し、建物の瓦屋根の破損がみられるようになり、人間も怪我の危険が生じてくる。40 - 60 mmでは煉瓦製の壁に穴が開いたり航空機の機体に凹みを生じたりする。人間が雹の直撃を受けた場合、50 - 75 mmを超えるサイズでは重傷を負い、75 - 100 mmを超えるサイズで致命傷となる恐れがある[25]

英語圏などでは激しい降雹を"hail storm(雹嵐)"と呼ぶ。

日本の主な雹害[編集]

世界の主な雹害[編集]

雹害の防止[編集]

農地に設置されたhail cannonの例(アルメニア)

中世ヨーロッパでは、の音や大砲の轟音によって雹を防ごうと試みられた。現代でも同様にソニックブームを発射する仕組みなどの"hail cannon"が、農作物等への被害防止などのために使用されているところがある[39][40]

第二次世界大戦後には人工降雨(気象種まき)も用いられるようになった[38]ソ連ではロケットや大砲によりヨウ化銀を散布し雹による農作物の被害を70 – 98%低減したとの報告があるが[41][42]、欧米で行われた無作為化実験ではこれを再現できないという結果に至った[43]。日本でも1972年、旧国立防災科学技術センター群馬県榛東村でヨウ化銀を詰めたロケットを積乱雲に打ちこむ実験を行っている[44]

1965年から2005年の間に、少なくとも15の国で雹の発生を低減する実験が行われている。しかし、これらの手法が有効であるかどうか、明確な結論を出すには至っていない[39][38]

観測[編集]

レーダー断面図でのhail spikeの模式図。左下から発射された電波は雹を含む雷雲で強い赤色の反射を示し、電波の一部は雹で散乱され地面で反射、再び雹を経由して散乱され戻った電波はピンク色で示された雷雲後方の弱いエコーとして現れる。
レーダーエコーでのhail spikeの例。赤・紫色の強いエコーの下に矢印で示された弱いエコーである。

雨や雪と異なり雹の観測は人による報告に依存しており、局地的であることから一般市民からの報告も重要なファクターとなっている[11]

国際気象通報式[注釈 3]では、観測時に降っているか止んでいるか、雨・雪を伴うかどうか、雷を伴う否か、雨や雷の3段階強度などの組み合わせで区分される天気から選択して報告する。ひょうを表す基本の記号は[45][46]

ラジオ気象通報などの日本式天気図では、観測時に雹が降っている場合に天気を「ひょう」とする。天気記号は(ひょう)。ただし優先順位があり、雷を伴う場合は雷とする[47]

航空気象の通報式[注釈 4]では、「降水現象」の欄のGRがひょうを表す[48]

日本では、気象庁は管区気象台などの拠点では天気や大気現象の目視観測を行っており、大気現象として雹のほか、霰、凍雨などを区別し記録している。自動気象観測装置を導入したところ(アメダスやほとんどの地方気象台)では天気の雨雪判別(雨・雪・霙)のみで、大気現象の記録は2019年2月に廃止した。機械による天気の自動判別では、落下する物体の大きさを判別することは難しいためである[49][50][51]

雹の大きさを表す指標として、イギリスの竜巻・暴風研究機構(TORRO)が考案した11段階のTORRO Hailstorm Intensity Scaleがある[25]

降雨を観測する気象レーダーでは、雹の発生時に散乱による異常エコーが観測される。hail spikeあるいはthree body scatter spike (TBSS)と呼ばれるものは、アンテナから見て雹を含む雲の後方に現れる弱いエコー。サイドローブエコーと呼ばれるものは、アンテナを中心として雹の位置を通る弧状に現れるエコー。また、レーダー電波の反射強度は水滴が大きいほど強く、氷は水よりもレーダー電波の反射強度が弱いものの、雹は雨粒よりも大きいため強い降雨として映る。強い降雨と雹との判別は、3次元のレーダー解析から算出する鉛直積算雨水量 (Vertically integrated liquid, VIL)などを用いる手法がある[52]

また、偏波レーダーを用いて雨粒と雹を識別する技術が研究途上にある[39][53][54]

大きな雹の記録[編集]

この節に登場する場所を記した地図。雷については発生場所のみ示した。の位置(地球内)
ゴパルガンジ
ゴパルガンジ
ビビアン
ビビアン
オーロラ
オーロラ
この節に登場する場所を記した地図。雷については発生場所のみ示した。 (地球)
ネブラスカ州オーロラで2003年6月22日に降った直径7インチの巨大な雹

名称[編集]

「雹」の最古の用例は15世紀の経覚私要鈔とやや新しい。「雹」の字音はハク(漢音)・ホク(呉音)で、「ヒョウ」の字音はない。これは「包」の呉音「ヒョウ」につられたものとする説や、古字書『観智院本名義抄』に「ハウ」と記されたものが変化したものとする説、「氷雨」(ひょうう)が変化したものとする説、「氷」の字音「ヒョウ」からとする説などがある[59]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 雲の中で雷のもととなる電荷が蓄積される過程に霰が関与しており、雷と霰・雹は関連が強い[4]
  2. ^ 表面捕捉成長(ライミング)。降水過程#凝結過程も参照。
  3. ^ SYNOPSHIPなどに用いる96種天気。地上天気図#天気参照。
  4. ^ METARTAF
  5. ^ a b 中央気象台(現在の気象庁)が発行する1917年(大正6年)6月の『気象要覧』によれば、現地の荒物商「角屋」の主人による話として、1917年6月29日午後、日本の埼玉県北埼玉郡中条村大字今井(現在の埼玉県熊谷市大字今井)に直径29.5 cm (11.6 in)、質量3.4 kg (7.5 lb)(秤にかけるまでに少し融けていたので実際にはさらに重い)の雹が降ったと記載されている[56]
  6. ^ 1939年インドのハイデラバードにて、また1902年中国のユーウにて、複数が固まった3.4 kg - 4 kgの雹が報告されているとする資料もある[5]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 『最新気象の事典』p.444 松尾敬世「雹」
  2. ^ a b c d e f g h 『気象観測の手引き』、p.61-65「大気現象の種類と定義・解説」
  3. ^ a b c d e f Hail”. International Cloud Atlas(国際雲図帳. World Meteorological Organization(世界気象機関) (2017年). 2023年3月4日閲覧。
  4. ^ 荒木、2014年、p.219-225
  5. ^ a b c オックスフォード気象辞典 p.213-214 「雹」
  6. ^ Silvano Bertoldo, Claudio Lucianaz, Marco Allegretti (2016-03). “Hail Sensing Probes: Feasibility Analysis for Probes to Monitor and Study Hail”. Advances in Remote Sensing (1). doi:10.4236/ars.2016.51004. 
  7. ^ Flight Briefing Notes: Adverse Weather Operations Optimum Use of Weather Radar”. SKYbrary.aero. Airbus. p. 2 (2007年3月14日). 2011年5月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年11月19日閲覧。
  8. ^ a b c 【予報士記者の気象雑話 お空のみかた】空の忍者 雹の通り道を探る 八王子・あきる野「雹留山」農業への脅威 各地に言い伝え/発生条件 解明これから東京新聞』朝刊2022年5月31日24面)(同日閲覧)
  9. ^ 荒木、2014年、p.213
  10. ^ a b c d 荒木、2014年、p.142-144
  11. ^ a b c d e Hand, W. H.; Cappelluti, G. (January 2011). “A global hail climatology using the UK Met Office convection diagnosis procedure (CDP) and model analyses”. Meteorological Applications (Wiley) 18 (4): 446. Bibcode2011MeApp..18..446H. doi:10.1002/met.236. 
  12. ^ a b c Wolf, Pete (2003年1月16日). “Meso-Analyst Severe Weather Guide”. University Corporation for Atmospheric Research. 2003年3月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年7月16日閲覧。
  13. ^ 熊谷測候所『埼玉県気象年報』熊谷測候所、1917年(大正6年)。 
    熊谷地方気象台 百年誌編集委員会『埼玉県の気象百年』熊谷地方気象台、1996年。 ほか。
  14. ^ a b c d NOAAによるPDF文書 Hailの項を参照[リンク切れ]
  15. ^ 英語版「気象記録一覧」の雹の項を参照
  16. ^ メキシコの大都市で大量のひょう 最高で2m、押し流された車も”. AFP (2019年7月1日). 2019年7月23日閲覧。
  17. ^ Downing, Thomas E.; Olsthoorn, Alexander A.; Tol, Richard S. J. (1999). Climate, change and risk. Routledge. pp. 41–43. ISBN 978-0-415-17031-4. https://books.google.com/books?id=UbtG3vFfNtoC 2009年7月16日閲覧。 
  18. ^ Dongxia Liu; Guili Feng; Shujun Wu (2009-02). “The characteristics of cloud-to-ground lightning activity in hailstorms over northern China”. Atmospheric Research 91 (2–4): 459–465. Bibcode2009AtmRe..91..459L. doi:10.1016/j.atmosres.2008.06.016. 
  19. ^ Laviola, Sante; Monte, Giulio; Cattani, Elsa; Levizzani, Vincenzo (2022-09). “Hail Climatology in the Mediterranean Basin Using the GPM Constellation (1999–2021)” (英語). Remote Sensing 14 (17): 4320. Bibcode2022RemS...14.4320L. doi:10.3390/rs14174320. ISSN 2072-4292. 
  20. ^ a b Počakal, Damir; Večenaj, Željko; Štalec, Janez (2009-07). “Hail characteristics of different regions in continental part of Croatia based on influence of orography”. Atmospheric Research 93 (1–3): 516. Bibcode2009AtmRe..93..516P. doi:10.1016/j.atmosres.2008.10.017. 
  21. ^ Munoz, Rene (2000年6月2日). “Fact Sheet on Hail”. University Corporation for Atmospheric Research. 2009年10月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年7月18日閲覧。
  22. ^ Court, A., and J. F. Griffiths, 1981: Thunderstorm climatology. Thunderstorm Morphology and Dynamics, University of Oklahoma Press, 9–39.
  23. ^ a b c 『最新気象の事典』p.445 内嶋善兵衛「雹害」
  24. ^ 『キーワード 気象の事典』p.455
  25. ^ a b The TORRO Hailstorm Intensity Scale”. The Tornado and Storm Research Organisation. 2023年5月7日閲覧。
  26. ^ 気象庁技術報告第73号『青森県60年間の異常気象』24頁
  27. ^ 熊谷地方気象台『埼玉県の気象百年』196頁ほか
  28. ^ 「群馬県の大雷雨と暴風、落雷電死、家屋倒壊負傷多く、降雹のためおびただしい麦・桑の被害」『東京朝日新聞』市内版1917年7月1日第5面
  29. ^ イカロス出版『近・現代 日本気象災害史』93-94頁
  30. ^ 日外アソシエーツ編集部編 編『日本災害史事典 1868-2009』日外アソシエーツ、2010年、113頁。ISBN 9784816922749 
  31. ^ 平成12年5月24日関東北部で発生した降雹被害 - 損害保険料率算出機構 ディスクロージャー RISK(2004年7月17日時点のアーカイブ
  32. ^ 「東京都 豊島区や板橋区などでヒョウ」[リンク切れ]
  33. ^ 「駒込駅の屋根を破壊、雹やゲリラ豪雨で騒然 冠水や浸水も 豊島区駒込」ニュース速報Japan(2017年7月18日17:00最終更新)2022年5月31日閲覧
  34. ^ “南砺市で「ひょう」直径4センチほど…視聴者提供映像”. FNNプライムオンライン. (2021年9月6日). https://www.fnn.jp/articles/-/235036 2021年9月22日閲覧。 
  35. ^ “南砺でひょう、農業被害 民家の窓ガラス割れる”. 北國新聞. (2021年9月7日). https://www.hokkoku.co.jp/articles/-/518648 2021年9月22日閲覧。 
  36. ^ 「ひょう被害 特産サトイモ収穫不安 福野・井波」『北日本新聞』2021年9月8日25面、9日26面
  37. ^ Orange-sized hail reported in India(英語)
  38. ^ a b c Oliver, John E. (2005). Encyclopedia of World Climatology. Springer. p. 401. ISBN 978-1-4020-3264-6. https://books.google.com/books?id=-mwbAsxpRr0C 2009年8月28日閲覧。 
  39. ^ a b c Hail”. ncar.ucar.edu. National Center for Atmospheric Research(アメリカ大気研究センター), University Corporation for Atmospheric Research (2008年). 2010年5月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年7月18日閲覧。
  40. ^ 干ばつはVWのせい?、作物に被害と地元団体が非難”. CNN (2018年8月24日). 2018年8月25日閲覧。
  41. ^ Abshaev, M. T.; Abshaev, A. M.; Malkarova, A. M. (22–24 October 2007). Radar Estimation of Physical Efficiency of Hail Suppression Projects. Antalya, Turkey: 9th WMO Scientific Conference on Weather Modification. pp. 228–231. 
  42. ^ Abshaev, M. T.; Abshaev, A. M.; Malkarova, A. M. (2012). “Estimation of antihail projects efficiency considering the tendency of hail climatology change”. WWRP (Bali, Indonesia: 10th WMO Scientific Conference on Weather Modification) 2012–2: 1–4. 
  43. ^ Federer, B.; Waldvogel, A.; Schmid, W. et al. (1986-07-07). “Main Results of Grossversuch IV”. Journal of Climate and Applied Meteorology 25 (7): 917–957. Bibcode1986JApMe..25..917F. doi:10.1175/1520-0450(1986)025<0917:MROGI>2.0.CO;2. JSTOR 26182470. 
  44. ^ 「あすから打ち上げ実験 ひょう防止ロケット」『朝日新聞』昭和47年(1972年)6月14日朝刊13版22面
  45. ^ 国際式の天気記号と記入方式」、気象庁、2023年1月21日閲覧。
  46. ^ 「過去の気象データ検索 > 天気欄と記事欄の記号の説明」、気象庁、2023年1月21日閲覧。
  47. ^ 理科年表FAQ > 山内豊太郎「天気の種類はいくつあるのですか。その記号も教えてください。」、理科年表オフィシャルサイト(国立天文台、丸善出版)、2008年3月、2022年1月21日閲覧。
  48. ^ METAR報とTAF報の解説」、那覇航空測候所、2023年1月21日閲覧。
  49. ^ 「報道発表 地方気象台における目視観測通報を自動化します」、大阪管区気象台、2019年11月16日、2023年1月24日閲覧
  50. ^ 雪(初雪)の観測は誰がどのように行っているのですか?」、福岡管区気象台『はれるんマガジン』36号、2022年12月27日、2023年1月24日閲覧
  51. ^ 天気の「快晴」がなくなった 「歴史的転換」迎えた観測”. 朝日新聞デジタル. 2020年4月3日閲覧。
  52. ^ 内田顕司、溝本悟、澤田睦子 (2010-08). “気象レーダーによる雹(ひょう)の監視の試み(調査ノート)” (pdf). 天気 (日本気象学会) 57 (8). https://www.metsoc.jp/tenki/pdf/2010/2010_08_0112.pdf. CRID 1520009407803780736
  53. ^ Aydin, K.; Seliga, T.A.; Balaji, V. (October 1986). “Remote Sensing of Hail with a Dual Linear Polarization Radar”. Journal of Climate and Applied Meteorology 25 (10): 1475–14. Bibcode1986JApMe..25.1475A. doi:10.1175/1520-0450(1986)025<1475:RSOHWA>2.0.CO;2. ISSN 1520-0450. 
  54. ^ Hail Signature Development”. CHILL National Radar Facility, Colorado State University (2007年8月22日). 2009年1月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年8月28日閲覧。
  55. ^ a b "Appendix I – Weather Extremes" (PDF). San Diego, California: National Weather Service. 2008年5月28日時点のオリジナル (PDF)よりアーカイブ。2010年6月1日閲覧
  56. ^ かぼちゃの大きさの雹(ひょう)について 熊谷地方気象台(2021年7月20日閲覧)
  57. ^ NWS (30 July 2010). "Record Setting Hail Event in Vivian, South Dakota on July 23, 2010". Aberdeen, South Dakota: National Weather Service. 2010年8月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年8月3日閲覧
  58. ^ Largest Hailstone in U.S. History Found”. National Geographic. 2010年4月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年8月20日閲覧。
  59. ^ p.960「雹」、『日本語源大辞典』、小学館、2005年 ISBN 4-09-501181-5

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]