大気光学現象

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大気光学現象(たいきこうがくげんしょう)とは、大気そのものや、大気中の水滴や氷晶(など)によって、太陽又はの光が反射屈折回折などを起こすことによって見える光学現象一般を指す。大気光象 (たいきこうしょう)、気象光学現象 (きしょうこうがくげんしょう) とも呼ぶ。

光の経路や氷晶の形などによる分類は目安を示した。複雑なものや観測例が少ないものに関しては、分類が不正確な場合がある。

大気そのものによる[編集]

朝焼け

水滴による[編集]

稲田の御光がバルーンの周りに見える

氷晶による[編集]

内暈と幻日
内暈、外暈、上部タンジェントアーク、サンベックス型上部パリーアーク、環天頂アーク、幻日環、太陽アーク
内暈、幻日環、幻日と淡いローウィッツアーク、太陽柱
太陽柱

屈折[編集]

六角柱氷晶

六角板氷晶

20面体氷晶

  • 9度ハロ
  • 35度ハロ
    • このほかにも、18度、20度、23度、24度などのハロがある。

反射[編集]

六角柱・六角板氷晶

六角板氷晶

六角柱氷晶

反射と屈折[編集]

六角板氷晶

六角柱氷晶

氷晶の回転[編集]

六角板氷晶

これ以外の複雑な機構[編集]

などがある。

氷晶によるが機構は不明[編集]

板氷晶

氷雪による[編集]

  • シルバンシャイン(Sylvanshine) - 夏の間や雪に覆われた時期の森林などで、光の再反射によって周囲がごく薄く照らされる現象。名称自体は広く知られていない。
  • 氷映(Ice Blink) - 雪原や氷河などに反射した光が雲に映るなどして見える白い光。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]