ちり煙霧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ちり煙霧の天気記号(日本式)

ちり煙霧(塵煙霧、-えんむ)とは、煙霧のうち、ぼこり、火山灰などの小さな粒子がで飛ばされ、空気中に浮遊した状態を指す。黄砂によって観測されることが多い。気象学では、視界(視程)が2キロメートル未満となり、ほかの気象現象を確認できないときに用いられる。