サウスジョージア・サウスサンドウィッチ諸島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サウスジョージア・サウスサンドウィッチ諸島
South Georgia and the South Sandwich Islands
サウスジョージア・サウスサンドウィッチ諸島の旗 Coat of arms of South Georgia and the South Sandwich Islands.svg
地域の旗 地域の紋章
地域の標語:Leo Terram Propriam Protegat
地域の歌:God Save the Queen 女王陛下万歳
サウスジョージア・サウスサンドウィッチ諸島の位置
公用語 英語
主都 グリトビケン
最大の都市 グリトビケン
政府
女王 エリザベス2世
行政府長官 ナイジェルヘイウッド (Nigel Haywood)
面積
総計 3,903km2N/A
水面積率 不明
人口
総計(2011年 約20人
(年間を通した定住者は0)
人(N/A[1]
人口密度 xxx人/km2
成立 不明
通貨 UKポンド???
時間帯 UTC -2(DST:不明)
ISO 3166-1 GS / SGS
ccTLD .gs
国際電話番号 500
サウスジョージア

サウスジョージア・サウスサンドウィッチ諸島(サウスジョージア・サウスサンドウィッチしょとう、South Georgia and the South Sandwich Islands; SGSSI)は、南大西洋にあるイギリス領の諸島。フォークランド諸島の約1,000km東(南緯54度30分、西経37度)にある。19-20世紀前半、鯨油採取の基地であった。

歴史[編集]

サウスジョージア[編集]

1675年アンソニー・デ・ラ・ロッシュによって最初に発見された。1775年ジェームズ・クックによって再発見され、イギリスが領有を宣言した。フォークランド戦争の際には一時アルゼンチン軍に占領されたが、3週間後の1982年4月25日イギリス軍によって奪還される。島名はジョージ3世を記念してつけられた。

サウスサンドウィッチ諸島[編集]

1775年、ジェームズ・クックによって南の8島が発見された。諸島名は第4代サンドウィッチ伯爵ジョン・モンタギューの名にちなみ名付けられた。

政治[編集]

行政権は国王であるエリザベス2世に属し、その代理である長官(総督)は、ハワード・ピアーズ。

地理[編集]

主要な島[編集]

サウスジョージアの地名

サウスジョージア[編集]

サウスサンドウィッチ諸島[編集]

北から

※ソーンダース島、モンタギュー島、ブリストル島はどの準諸島にも属さない。

主要な都市[編集]

サウスジョージア[編集]

  • グリトビケン - 島内最大の停泊地。領域の中心地でもある。人口200人。
  • リースハーバー

主要な港[編集]

サウスジョージア[編集]

  • プリンスオーラブ港
  • リース港(1909年-1965年)
  • ストロムネス
  • フスビク(1930年-1940年)
  • グリトビケン(1904年-1965年)
  • ゴドスル(1908年-1929年)
  • オーシャン港(1909年-1920年)

地形[編集]

サウスジョージア[編集]

カンバーランド湾
サウスジョージア島のソールズベリー平野にあるキングペンギンの繁殖地 12万羽の親と6万羽のヒナ(茶色)が冬越しする
  • パジェット山 - 標高2934m
  • ロイヤル湾
  • カンバーランド東湾
  • クイーン・モード湾 - 南端のV字型の湾
  • ソールズベリー平野

サウスサンドウィッチ諸島[編集]

経済[編集]

サウスジョージア[編集]

1904年、最初の鯨油の採取場所が建設され、1965年まで使用された。現在までに7つの鯨油の採取場所が造られた。 主な収入源は、イギリスで発行される郵便切手漁業である。

サウスサンドウィッチ諸島[編集]

主な収入源は、イギリスで発行される郵便切手、漁業。

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]