キュラソー (オランダ王国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オランダ王国 > キュラソー (オランダ王国)
キュラソー
Curaçao
キュラソーの旗 Coat of arms of Curaçao.svg
地域の旗 地域の紋章
地域の標語:なし
地域の歌:Himno di Kòrsou
キュラソーの位置
公用語
主都 ウィレムスタット
最大の都市 ウィレムスタット
政府
国王 ウィレム=アレクサンダー
総督 ルーシール・ジョージ=ウート英語版
首相ジウマール・ピサス英語版
面積
総計 444km2N/A
水面積率 不明
人口
総計(2010年 142,180人(N/A
人口密度 319人/km2
成立
オランダ領アンティル解体2010年10月10日
通貨 アンティル・ギルダーANG
時間帯 UTC-4 (DST:なし)
ISO 3166-1 CW / CUW
ccTLD .cw
国際電話番号 599-9
地図

キュラソーオランダ語: Curaçao [kyraːˈsʌu, kuraːˈsʌu] ( 音声ファイル)パピアメント語: Kòrsou、クラサオともいう)は、オランダ王国構成国ベネズエラの北約60kmのカリブ海に位置する島であり、面積は444km2。人口142,180人(2010年)で、首都はウィレムスタット

名称[編集]

キュラソー (Curaçao) という地名の由来については、先住民たちが自分たちを指す言葉であったという説がある[2]。初期のスペイン語文献が先住民を Indios Curaçaos と記していることは、この説を支持するものとなっている[3]

1525年以後、スペインの地図ではこの島が CuraçoteCurasaoteCurasaore あるいは Curacaute といった名称で記載される[4]。1562年にヒエロニムス・コックアントウェルペンで発行した地図には、Qúracao とある[5]。17世紀までに、ほとんどの地図には Curaçao または Curazao として載せられるようになる[3]

文書では確認できないが、長く言い伝えられてきた語源説として以下のようなものがある。16世紀から17世紀にかけて、ヨーロッパ人の航海者たちはビタミンCの欠乏から壊血病になることが多かった。かれらがこの島に上陸すると(おそらくビタミンCを含む果実を食した結果)病気が治癒する者があったため、「治癒の島」(Island of Healing) という意味でポルトガル人は Ilha da Curação [6]、スペイン人は Isla de la Curación [7] と呼んだという。別の説明によれば、この島が貿易の中心であったことから「心臓」や「中心」 (heart) を意味するポルトガル語 coração に由来する名で呼ばれたという。

歴史[編集]

1499年スペインアロンソ・デ・オヘーダ英語版イタリアアメリゴ・ヴェスプッチによって発見された。もともと先住民のアラワク諸族のカケティオス族英語版が住んでいたが、1527年にスペイン人によりイスパニョーラ島へ労働奴隷として連れて行かれた結果、ほぼ絶滅してしまった。

1634年、オランダが艦隊をキュラソー島に派遣させ、1635年、港入口を敵船から護るためフォート・アムステルダムという砦を建設した。キュラソー島にいたスペイン人は抵抗したものの、島から静かに出て行った。そして1642年オランダ西インド会社により、プンタ港を建設し始めた。また黒人奴隷などを導入し、トウモロコシや落花生のプランテーション農業や塩の生産などで栄えるようになった。1642年にピーター・ストイフェサント: Peter Stuyvesant、3日後にオランダ領ニューアムステルダム(現・ニューヨーク)最後のオランダ統治の知事となる)がキュラソー島を管理する。

1651年、12人のユダヤ人が島に住み、1732年に西半球で最も古いシナゴーグを建てた。またキュラソー島は貿易などで戦略上、重要な場所だったため、フランスイギリスなどに襲われたりもしたが、オランダは守り、1815年パリ条約により、再びオランダ西インド会社の管理下に戻った。1854年、奴隷制は廃止された。しかしそれにより、キュラソー島の経済は崩壊的打撃を受けた。

1915年、ベネズエラで油田が発見されると、ロイヤル・ダッチ・シェル社がキュラソー島にベネズエラ産の原油を扱う石油精製所を建設。1920年にはベネズエラの沖合でも油田が発見された。1954年、キュラソー島はオランダ領アンティルに組み込まれ、オランダ領アンティルの行政上の中心地となった。1970年代オイルショックはキュラソー島の石油精製所に大きな打撃を与えた。さらに追い討ちを掛けるように、1985年、ロイヤル・ダッチ・シェルがキュラソー島の製油所を閉鎖した。

2010年10月10日、オランダ領アンティルは解体され、キュラソーは単独のオランダ王国構成国となった。2021年12月24日、寄港を予定していたクルーズ船「オデッセイ・オブ・ザ・シーズ」の船内で新型コロナウイルスの感染症が拡大したことから、キュラソーの保健当局は同船の寄港を拒否した[8]


地理[編集]

面積444km2種子島とほぼ同じ)、ベネズエラの北の沖合い60kmに位置する。アルバ島ボネール島と共にABC諸島とも呼ばれている。地形は起伏に富んでおり、島の北側には最高地点クリストフィールバーグ山(375m)があり、サボテンの乱立する周囲一帯は国立公園に指定されている。

1年中、貿易風が吹いており、最高気温は30°C前後、最低気温は25°C前後である。1〜9月が乾季で月間降水量は50mm以下、10〜12月が雨季で同じく80〜100mmである。

経済[編集]

ウィレムスタット港

ラム酒をベースにキュラソー産オレンジの果皮を用いたリキュールであるキュラソー酒の産地として有名。ウィレムスタットは自由港として国際貿易中継地である。観光にも力を入れている。失業率は13%である。タックス・ヘイヴンとして知られるが、マネーロンダリングやテロ支援への対策を行っている。売春が認可されている。

2019年11月1日、キュラソーは、オランダ領の関税領域として世界貿易機関(WTO)への加入を申請[9]し、2020年3月3日の世界貿易機関一般理事会は、キュラソーの加入作業部会の設置を決定した[10]

交通[編集]

住民[編集]

世界遺産[編集]

ウィレムスタットオランダ語: Willemstad[12]は、町の中心はプンダ(Punda)とクィーン・エマ橋(Queen Emma Bridge)で繋がれた隣のオトロバンダ(Otrobanda)の2つの地域からなり、共に港の入口に栄えた地域である。1634年、オランダがスペインからキュラソー島を奪い、アムステルダム要塞を建設した後にプンダは設立された。オトロバンダの方は1707年に設立された。町並みは、パステルカラーの17世紀から18世紀に建てられたオランダ植民地時代の建造物が立ち並ぶ[13]。ウィレムスタットの町並みは、「キュラソー島の港町ウィレムスタット市内の歴史地区」として国際連合教育科学文化機関(UNESCO)の世界遺産リストに登録されている(1997年登録、2011年改称)。

ユダヤ人[編集]

第二次世界大戦前、ナチス・ドイツに迫害されたユダヤ人たちが出国するために用いられたのが、オランダ亡命政府の非常勤領事ヤン・ズヴァルテンディクによって発行された、キュラソー島へのビザであった。当時のオランダはユダヤ人への偏見が比較的少なかったため、他の欧米諸国が発行していなかったユダヤ人向けビザを発行していた。もっとも、本国はナチス・ドイツに占領されたため、植民地であるキュラソー島向けビザを変則的に発行した。

実際にはキュラソー入島ビザは名目上の行き先であり、途中経由地であるアメリカ上海で旅行を終了するユダヤ人が多数であったのであるが、それを承知の上で当時のリトアニアの「在カウナス日本国領事杉原千畝」は日本国通過ビザを発行した。その結果、ユダヤ人難民の数千人の命を救うことになる。この逃亡のためのビザは「キュラソー・ビザ(Curaçao visa)」と呼ばれる。

出身者[編集]

サッカー
格闘家
野球

脚注[編集]

  1. ^
  2. ^ Joubert and Van Buurt, 1994
  3. ^ a b "Curaçao", Curaçao-nature.com, 2005–2016. Retrieved 12 August 2016
  4. ^ Taino Names of the Caribbean Islands” (2015年2月2日). 2020年8月3日閲覧。
  5. ^ Cock's 1562 map, Library of Congress website
  6. ^ CIA World Factbook- Curaçao”. 2019年7月15日閲覧。
  7. ^ Curaçao”. www.globalsecurity.org. 2019年9月22日閲覧。
  8. ^ クルーズ船でまた集団感染、カリブ海の島国2島が入港拒否”. CNN (2021年12月24日). 2021年12月24日閲覧。
  9. ^ wto文書WT/ACC/CUW/1
  10. ^ wto文書WT/ACC/CUW/2
  11. ^ ベネズエラ、ブラジル国境を封鎖 支援物資の搬入阻止”. ロイター (2019年2月22日). 2019年2月22日閲覧。
  12. ^ ウィレムスタット表記の文献としては、『コンサイス外国地名事典』第3版(三省堂、1998年)、布野修司編著 『近代世界システムと植民都市』(京都大学学術出版会、2005年)ほか。
  13. ^ 『世界の美しい色の町、愛らしい家』エクスナレッジ、2015年、161頁。ISBN 978-4-7678-1932-7 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯12度11分0秒 西経68度59分0秒 / 北緯12.18333度 西経68.98333度 / 12.18333; -68.98333