バルバドス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
バルバドス
Barbados
バルバドスの国旗 バルバドスの国章
国旗 国章
国の標語:Pride and Industry
(英語: 誇りと勤勉)
国歌In Plenty and In Time of Need(英語)
豊かな時も、いざという時も
バルバドスの位置
公用語 英語
首都 ブリッジタウン
最大の都市 ブリッジタウン
政府
大統領 サンドラ・メイソン
首相 ミア・モトリー英語版
面積
総計 430km2183位[1]
水面積率 極僅か
人口
総計(2021年 301,865人(171位[1]
人口密度 702人/km2
GDP(自国通貨表示)
合計(2020年 92億6000万バルバドス・ドル[2]
GDP(MER
合計(2020年46億3000万ドル(???位[2]
1人あたり 16,082ドル
GDP(PPP
合計(2020年41億9400万ドル(???位[2]
1人あたり 14,568ドル
独立
イギリスより1966年11月30日
通貨 バルバドス・ドルBBD
時間帯 UTC-4 (DST:なし)
ISO 3166-1 BB / BRB
ccTLD .bb
国際電話番号 1-246

バルバドス英語: Barbados)は、カリブ海西インド諸島内の小アンティル諸島東端に位置する共和制国家首都ブリッジタウン

全体が珊瑚礁で出来ている島国であり、海を隔てて約200kmの北西にセントルシア、西にセントビンセント・グレナディーン、南西にグレナダトリニダード・トバゴが存在する。

ラテンアメリカカリブ海諸国全域において、最も議会制民主主義が定着した国であり、国際連合による人間開発指数では42位(2010年度)と域内最高である。平均寿命は77.2歳(男74.2歳、女79.8歳、2010年度)で世界第43位。

イギリス連邦の一員。独立以来英連邦王国の一つであったが、2021年11月30日に共和制に移行[3][4]

国名[編集]

正式名称は、英語でBarbados [bɑrˈbeɪdɒs, bɑrˈbeɪdoʊs] ( 音声ファイル)(バーベイド(ウ)ス)。

日本語の表記は、バルバドス漢字表記巴巴多斯など。

国名は、ポルトガル語Os Barbadosの生えたもの)から来ている。理由は諸説あり、この島に生えている木の根が鬚のように見えたからという説、この木に生えたが鬚のように見えたからという説、木から垂れ下がった草が鬚のように見えたからという説など。

歴史[編集]

先コロンブス期[編集]

ヨーロッパ人の到来以前、この島には南米ギアナ地方から、アラワク族インディオシボネイ族が移住していた。その最古の移住者が訪れたのは4世紀半ばと考えられている。その後、好戦的なカリブ族にたびたび襲撃された。

植民地時代[編集]

ムラートの女性(18世紀

その後、民主化は更に進行。

独立以後[編集]

独立後、初代首相には、民主労働党エロール・バロー英語版が就任した。民主労働党政権は穏健な中道路線を取り、他のカリブ海諸国が経験した政治的混乱を回避した。また、観光開発に力を入れ、安定的な経済成長を実現した。

1976年からはバルバドス労働党が政権を組織したが、1986年の選挙で民主労働党のバローが再び首相に就任した。1994年の総選挙でバルバドス労働党が勝利し、以来1999年2003年の総選挙でも勝利した同党のオーウェン・アーサー英語版党首が首相を3期務めた。2008年の総選挙では民主労働党が14年ぶりに政権を奪還し、バローの後継として同党を率いたデイヴィッド・トンプソンが首相に就任した。

2020年9月、バルバドス政府は英連邦王国を脱退し、大統領を元首とした共和制へ移行することを発表。2021年8月21日、ミア・モトリー英語版首相は初代大統領に現職の総督サンドラ・メイソンを指名し、メイソンもこれに同意した。共和制に移行する2021年11月30日の独立記念日が就任日と定められ[4]、また憲法改正は2022年1月以降に行うことが併せて発表された[7]

政治[編集]

国会議事堂

バルバドスは共和制であり、大統領元首の地位にある。2021年11月までは立憲君主制英連邦王国の一員であり、元首はバルバドス国王(イギリス国王兼位)で、総督がその代理を務めていた。同月30日に君主制廃止を行い、共和制に移行したが、引き続きイギリス連邦には留まっている。

行政権首相および内閣にあり、首相は通常、下院における多数党の党首が選出される。立法権両院制議会によって担われ、下院は定数30名で、5年ごとに改選。上院は定数21名で総督によって任命される[8]

主な政党は、バルバドス労働党民主労働党であり、二大政党制が確立している。どちらの党も中道左派の政党であるが、バルバドス労働党は民主社会主義、民主労働党は社会民主主義を掲げており、位置付けは微妙に異なる。

また、トリニダード・トバゴとは、領海に関する境界画定問題を抱え、対立している。2005年4月にはアーサー首相が「トバゴはトリニダードよりバルバドスと連合を組んだ方が良い。歓迎する」と発言し、トリニダード・トバゴ政府から抗議を受けた。

軍事[編集]

バルバドス国防軍は、陸軍であるバルバドス連隊と沿岸警備隊を基幹に現役兵610人、予備役430人からなり、国土防衛や治安維持の支援にあたる。

地域安全保障システムの加盟国でもある。

地方行政区分[編集]

バルバドスの地方行政区分図

バルバドスは、11の行政教区 (parish) に分かれる。

  1. クライスト・チャーチ教区(Christ Church)
  2. セント・アンドリュー教区(Saint Andrew)
  3. セント・ジョージ教区(Saint George)
  4. セント・ジェームズ教区(Saint James)
  5. セント・ジョン教区(Saint John)
  6. セント・ジョゼフ教区(Saint Joseph)
  7. セント・ルーシー教区(Saint Lucy)
  8. セント・マイケル教区(Saint Michael)
  9. セント・ピーター教区(Saint Peter)
  10. セント・フィリップ教区(Saint Philip)
  11. セント・トーマス教区(Saint Thomas)

地理[編集]

バルバドス全図
東海岸

バルバドス島の面積は約431km²で、カリブ海および小アンティル諸島の中で最東端に位置する。島の西側はカリブ海で、東側には果てしない大西洋が広がっている。島のほとんどが平坦であるが、島の中央に丘陖のヒラビー山(314m)が聳え立っている。ブリッジタウン市内には巨大ながあり、町のシンボルになっている。2011年に「ブリッジタウン歴史地区とその守備要塞」として,バルバドス初の世界遺産に登録された。

経済[編集]

IMFによると、2010年のバルバドスの国民一人あたりGDPは14,326ドルで世界42位、カリブ海地域において最も裕福な国の一つである。イギリス植民地時代から、バルバドスは安定的な政治と国民の高い教育水準により経済的に豊かな国であった。 歴史的に、バルバドス経済はサトウキビ栽培によって支えられてきた。しかし1970年代後半からは観光業が発展し、バルバドス経済を支える柱となった。 グレープフルーツの原産国でもある。

交通[編集]

国民[編集]

住民はアフリカ系が90%、ヨーロッパ系が4%、アジア系および混血が6%である。

公用語英語であり、バヤン語と呼ばれる英語系のクレオール言語も話されている。

宗教はプロテスタントが67%、ローマ・カトリックが4%、無宗教が17%、その他が12%。

文化[編集]

バルバドスは「リトル・イングランド」と呼ばれるほど、歴史的にイギリスとの関係が深く、独立後も良好な関係を維持したため、他のカリブ海諸国以上にイギリスの文化的影響を受けている。

スポーツ[編集]

特にクリケットが盛んに行われ、西インド諸島として他のカリブ海諸国等の連合チームとしてイングランドインドなどとの国際試合を行っている。西インド諸島は2度のクリケット・ワールドカップ優勝経験を誇る。バルバドス出身のガーフィールド・ソバーズマルコム・マーシャルは世界のクリケットにおいて歴代屈指の名選手であり、2013年にはクリケットのバイブルとして知られるウィズデン・クリケッターズ・アルマナックによって、150年間の歴代ワールドイレブンに選出された[9]

食文化[編集]

周辺の国と同様にライムをよく使用する。ライムスフレがある[10]

世界遺産[編集]

バルバドスにはユネスコ世界遺産リスト登録物件が1件ある。ブリッジタウン歴史地区とギャリソンがそれであり、2011年に登録された。

主な著名人[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b Barbados”. 中央情報局 (2021年8月18日). 2021年8月22日閲覧。
  2. ^ a b c Report for Selected Countries and Subjects: October 2020”. 国際通貨基金 (2020年10月). 2021年8月22日閲覧。
  3. ^ バルバドス、英女王元首の君主制廃止へ 来年11月に共和制移行”. AFP (2020年9月17日). 2020年9月16日閲覧。
  4. ^ a b “Governor General Dame Sandra Mason to become first president of Barbados”. Barbados Today. (2021年8月21日). https://barbadostoday.bb/2021/08/21/governor-general-dame-sandra-mason-to-become-first-president-of-barbados/ 2021年8月22日閲覧。 
  5. ^ モリソン 1997, pp. 135–138.
  6. ^ a b モリソン 1997, pp. 213–221.
  7. ^ Governor General Dame Sandra Mason to become first president of Barbados”. Bardos Today (2021年8月21日). 2021年8月22日閲覧。
  8. ^ 「バルバドス」『世界年鑑2016』(共同通信社、2016年)358頁。
  9. ^ WG Grace and Shane Warne in Wisden all-time World Test XI BBC. 2020年6月20日閲覧。
  10. ^ 服部 幸應・服部 津貴子『アジアのお菓子(2)』岩崎書店、2005年4月10日、43頁~45頁。ISBN 9-7842-6503-622-6
  11. ^ Pariser 2000, p. 170([1]).

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

政府
日本政府
観光